相棒が好き過ぎて

相棒が好き過ぎて

ドラマ相棒が好き過ぎるが故の戯言と悪ふざけ

相棒シーズン1第2話。右京さんと亀山くんが仲良くお酒を

【スポンサーリンク】

「教授夫人とその愛人」

f:id:inudenchi:20160511110655j:plain

相棒season1第2話のあらすじと感想

相棒シーズン1のDVDボックスなるものを購入し、念願の第1話から見始めました。第1話を見てからなかなか腰を据えて第2話を見る時間が取れず、ようやく見ることができました。

相棒season1第2話のタイトルは「教授夫人とその愛人」。第一話のタイトルに比べると短いですね。放送されたのは2002年10月16日です。

ストーリーはネタバレになってしまうので、今回も詳細は書きませんが、僕はこれ、夕方の相棒再放送で見ましたね。覚えがありました。

ある女性が飛び降り自殺をしようとしています。それを亀山くんが偶然発見し、自殺を食い止めます。しかしその女性は自らが殺人を犯したことを告白…しかし死体は発見されません。

その女性の旦那さんは大学教授です。その女性と大学教授を中心に事件が展開し、右京さんと亀山くんの特命係が、いつものように解決していく流れです。

個人的にはストーリーはそこまで斬新なものではなく、ちょっと物足りなさはありました。しかしです、相棒ファンの僕としては、それ以外にも楽しめる箇所がたくさんあって、その点ではとても満足しています。

 

相棒season1第2話のゲスト出演者

では次に、第2話のゲスト出演者さん達を。

山本圭(やまもとけい)

大学教授の神林寿一朗役として、山本圭(やまもとけい)さんが出演。この人です。

f:id:inudenchi:20160511111017j:plain

僕はこの山本圭さん、「ひとつ屋根の下」のイメージ強いですね。伯父さん役として出てました。相棒にも出てたんですね~!

洞口依子(どうぐちよりこ)

そして教授の奥さん神林淳子役で、洞口依子(どうぐちよりこ)さんが出てます。

f:id:inudenchi:20160511111126j:plain

映画とかでもよく見かける女優さんですね。どこかミステリアスな雰囲気と言うか、ちょっと影がある感じの女優さんですよね。

 

第2話はこの2人を中心に展開していきます。

シーズン1第1話では泉谷しげるさん出てましたし、相棒ってほんとに色んな人出てるんだなって改めて思いました。

 

相棒シーズン1第2話の見どころ

ストーリー的には、いつものごとく右京さんの推理が冴えわたり、亀山くんもいい感じの天然プラス効果を発揮してて、その点ではおもしろかったです。

それに加え、やはり相棒ファンとしては、現在の相棒とは違う点の発見や、懐かしいな~って思う点や、ストーリー以外にも楽しめるところがたくさんあります。

特に僕が印象的だったのは2か所。

一つは右京さんと亀山くんが、今とは違う内装の花の里で仲良くお酒を飲んでいるシーン。

もう一つは、亀山くんと伊丹さんのじゃれ合い(笑)のシーンです。

 

花の里で右京さんと亀山くんが仲良くお酒を

まず、このシーンです。

f:id:inudenchi:20160511111254j:plain

なんかいいな~って思っちゃいました。花の里の内装については、こちらの記事でも書いています。

現在の花の里とは雰囲気も内装もちょっと違いますけど、右京さんと亀山くんがカウンターに並んで仲良く飲んでいる姿。いいですよね。

第一話では花の里では右京さんのシーンしかなかったので、亀山くんも右京さんに連れられて花の里行ってるんだな~って思うと、自然と優しい笑顔がこぼれてしまいます。笑

その後、水谷さんと寺脇さんの不仲説とか色々出てきて、ファンとしては複雑なんですけどね。でもこのシーンを見ると、プライベートでも、こうして二人でたまにはお酒飲んだりしてて欲しいな~って、勝手な願望を持ったり。

たいした場面ではないのかもしれないですけど、僕にとっては印象的なシーンでした。

 

亀山くんと伊丹さんのじゃれ合い

そしてもう一つ印象的だったのは、亀山くんと伊丹さんの絡みです。

第1話見た時は、けっこう伊丹さんキツい感じで、あんまり「おふざけ感」がなかったんですよ。亀山くんと伊丹さんとのやりとりと言えば、いがみ合いながらも仲良い感じで、笑い所の定番シーンです。それが第1話ではなかったので、笑える感じになるのはもっと後になるのかな~と思ってたんです。

ですがこのシーズン1第2話で、二人がじゃれ合う(?)感じのシーンが出てきたんですよ(笑)。このシーンなんですけどね。

f:id:inudenchi:20160511111548j:plain

これは、おしっこ我慢してて漏らしそうな伊丹さんがトイレに駆け込むと、そこに亀山くんが待ち構えてるんです。そして伊丹さんのおしっこを阻止するんです。情報流してもらうまでは小便させねえぞ、と。

意地悪する亀山くんと、必死で抵抗する伊丹さん。このシーンが、二人は実はすごく仲良しなんじゃないかな?って思える場面で、とても微笑ましい気持ちになりました。笑

二人は仲良しだな~って。笑

 

相棒を最初から見るって幸せ

他にも、小さい場面ですが印象に残ったシーンはありました。

右京さんが亀山くんに、「君は腰が重いわりに口が軽いですから」と言ってる場面とかあって、笑ってしまいました。

あとは美和子さんについても色々思いましたので、これ、明日記事で書いてみたいと思ってます。

やっぱり相棒を最初から見るっていいな~って改めて思いました。相棒は基本的に一話一話ストーリーが分かれていますので、どこから見ても楽しめるのですが、最初から見るとまた違うな~と。

相棒ファンとしてはとっても幸せな気持ちになります。

シーズン1を全部見終わったら、シーズン2のDVDボックス、買っちゃおうと思ってます。

以上今日は、相棒season1第2話「教授夫人とその愛人」についてでした。

 

こちらの相棒記事もおすすめ