相棒が好き過ぎて

相棒が好き過ぎて

ドラマ相棒が好き過ぎるが故の戯言と悪ふざけ

相棒シーズン10第5話。本仮屋ユイカの守村やよい再登場

【スポンサーリンク】

「消えた女」

f:id:inudenchi:20170326103258j:plain

相棒season10第5話のあらすじと感想

本日は、シーズン10第5話についてです。

相棒season10第5話のタイトルは「消えた女」。放送日は2011年11月16日です。タイトルから、何かしら女性が関わっているのは推測できますが、それ以外は全くわかりません。

では最初に、第5話「消えた女」のおおまかなあらすじから紹介します。

かつて亀山くんがいた頃の特命係にお世話になったことがある守村やよい。彼女は東京ビッグシティマラソンの事件で重要人物として登場しました。事件解決後にはエルドビアに旅立ちましたが、その後帰国して現在はジャーナリストをしています。そんな彼女が突然特命係を訪問します。久しぶりの再会に喜ぶ右京さんに対し、彼女は不思議な出来事に遭遇したと切り出します。ホテルのロビーで偶然出会った一人の女性とタクシーに乗り合わせて帰宅することになったのですが、その女性は社員証をタクシーに忘れて降りてしまいました。それに気付いた守村やよいは彼女に電話を掛けるのですが、一切繋がらず、さらには社員証に記載された会社を訪問すると、そんな社員はいないと言われてしまうんです。特命係が消えた女性の行方を突き止めるため捜査を開始しますが、守村やよいと消えた女性が偶然出会ったホテルでは、同時刻に殺人事件が起きていることが判明します。果たして社員証の女性は一体何者なのか?殺人事件に関係があるのか?特命係が意外な真相を明らかにします。

ざっくりではありますが、だいたいこんな感じの内容になります。

今回も面白かったです!!

まず、あの守村やよいが再登場と言うだけでテンション上がってしまいます。笑

劇場版「絶対絶命~」以来の登場ですからね。西田敏行さんが演じた木佐原芳信の娘で、とても印象的な役だったので。その守村やよいがまた見られると言うのは嬉しいですよ。

さらにはその守村やよいが、今回は特命係と一緒に捜査するような感じにもなっていました。劇場版の時には見られなかった絵です。新鮮でした。

そして、事件そのものの展開も面白かったです。

一人の消えた謎の女性を追う特命係と守村やよい。彼女は一体何者なのか、捜査を進めて行く過程はかなり楽しめました。

真相が最後まで予測できなかったですね。

怪しい人材派遣会社に関しても、そうきたか!と思ってしまいました。笑

そして最後はちょっとほっこりするような、あったかい終わり方でした。

ほっこり系の終わり方って最近あまりなかった気がするので、たまにあると嬉しいですね。

辛い終わり方だったり、切ない終わり方だったり、重たい終わり方ではなかったので…それだけでもなんだか安心してしまいます。笑

全体的には、やはり守村やよいの印象が一番強かった回でしたが、とても楽しませて頂きました。

第5話、面白かったです!

 

相棒season10第5話のゲスト出演者

それでは続いて、第5話に主に登場したゲスト出演者さんを紹介したいと思います。今回は一名のみです。

本仮屋ユイカ(もとかりやユイカ)

かつて特命係にお世話になり、現在は駆け出しのジャーナリストである、守村やよい役で本仮屋ユイカ(もとかりやユイカ)さん。

f:id:inudenchi:20170326103943j:plain

本仮屋ユイカさんは、これが二度目の相棒登場です。同じ守村やよい役としてです。最初の登場は、「劇場版 絶体絶命! 42.195km 東京ビッグシティマラソン」ですので、劇場版以外では初登場と言うことになります。

今回一番メインなゲストさんは、この本仮屋ユイカさん演じる守村やよいです。

 

他には、行方をくらませた謎の女性、山原京子役で森口彩乃(もりぐちあやの)さんが、本仮屋ユイカさんに次ぐ感じのちょいメインで登場しています。

 

守村やよいの再登場

さきほど感想のところで書いた内容やゲスト紹介と若干重複してしまいますが…

本仮屋ユイカさん演じる、守村やよいが再登場しました!

彼女は、記念すべき最初の相棒劇場版「絶対絶命~」で、事件の鍵を握る少女として登場した人物です。武藤かおり弁護士がずっと守っていた少女ですね。

そして、西田敏行さんが演じた犯人、木佐原芳信の娘です。

この劇場版はめちゃめちゃ面白かったんですけど、内容としてはとても悲しくてやりきれないストーリーです。そして、痛々しくもあり可憐な守村やよいの存在が、そんな悲しい物語を一層際立たせていたのではないかと。

劇場版「絶対絶命~」については、こちらの記事で詳しくレビューしてあります。

守村やよいは劇場版の最後で、彼の兄が亡くなった場所であるエルドビアに旅立ちます。兄と同じように、NPO活動をするために。

旅立つ直前、空港でのシーンはとても印象的です。旅立つ守村やよいと、見送る右京さんと亀山くんのシーンです。僕はその場面で号泣してしまった覚えがあります。笑

今回そんな印象深い彼女が、右京さんとの再会を果たします。

なんと、特命係の部屋を突然訪ねて来るんです。

f:id:inudenchi:20170326104222j:plain

エルドビアから帰国し、現在はジャーナリストとして仕事を始めたばかりとのこと。

劇場版以来の登場で、通常のドラマ版では初めての登場です。

そして、過去に劇場版で登場した人物が、こうして通常版で再登場するパターンも今回が初めてとなります。このパターンはなかなかテンション上がってしまいますね。

劇場版の公開が2008年5月で、このシーズン10第5話の放送が2011年11月ですので、3年半ぶりと言うことになるかと。

ですので、守村やよいと右京さんも、3年半ぶりの再会になります。

当時右京さんの相棒は亀山くんでしたので、神戸くんとは初対面です。

f:id:inudenchi:20170326104309j:plain

神戸くんの紹介の際には亀山くんの名前も出て、サルウィンの話題も出てきました。

この後には、謎の女性の行方を追うために三人で行動したり、神戸くんと二人で喫茶店で待ち合わせたりなど、劇場版では見られなかった特命係と守村やよいの絡みを見ることができます。

f:id:inudenchi:20170326104338j:plain

僕は個人的に本仮屋ユイカさんけっこう好きなので、また彼女の姿を相棒で見ることができて、大いにご満悦です。笑

特命係との別れのシーンでは、ついつい劇場版を思い出してしまって、ちょっと泣きそうになってしまいました。笑

f:id:inudenchi:20170326104353j:plain

別れた後に彼女の背中を見送る、右京さんと神戸くんも印象的でした。

守村やよいは駆け出しのジャーナリストです。

ジャーナリストとしての、今後の活躍を期待したいと思います。

そして是非また相棒に再登場して欲しいです。

 

シーズン10第5話その他の見どころ

では続いて、第5話のその他細かい見どころをいくつか挙げてみたいと思います。

特命の部屋を覗く刑事たち

どうやら守村やよいは、右京さんも神戸くんもいない時に特命係の部屋に来て、一人で待ってたみたいです。

で、神戸くんを筆頭にして、角田課長、大木さん、小松さんの4人で部屋を覗いているのがこの場面。

f:id:inudenchi:20170326104456j:plain

この絵は相棒の画像検索なんかでもよく出て来る、名場面かと思います。笑

どの話の時のシーンなんだろう?と思っていたのですが、今回だったんですね。

それがわかったことが、僕としては何より嬉しいです。笑

現代彫刻にも詳しい右京さん

ホテルの一室に飾られた一つの彫刻。

右京さんはそれを見ただけで、「ドイツの現代彫刻」だとわかってしまったようです。

f:id:inudenchi:20170326104528j:plain

神戸くんもそれについて少し驚いていましたが、逆に言えば、少ししか驚いていませんでした。笑

右京さんはほんとに何でも知ってますからね。笑

さすがです。

タクシーのタイミング

刑事ドラマあるあるだとは思うのですが…

尾行したい相手が突然タクシーに乗って走り去ってしまった時、それを追うためのタクシーがタイミング良く現れます。

今回もまさにそんな奇跡的なタイミングで、守村やよいがタクシーを拾ってました。笑

f:id:inudenchi:20170326104558j:plain

住宅街で、そんなに車も通っていないような場所だったんですけどね。笑

絶妙のタイミングでタクシーが現れ、無事尾行に成功です。笑

以上、今日は相棒season10第5話「消えた女」についてでした。

 

こちらの相棒記事もおすすめ