相棒が好き過ぎて

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相棒が好き過ぎて

ドラマ相棒が好き過ぎるが故の戯言と悪ふざけ

相棒シーズン15第4話。詐欺師役の風間杜夫が胡散臭い。

【スポンサーリンク】

「出来心」

f:id:inudenchi:20161102234451j:plain

相棒season15第4話のあらすじと感想

本日は、シーズン15第4話についてです。

相棒season15第4話のタイトルは「出来心」。放送日は2016年11月2日です。冠城くんの相棒もだいぶ定着してきたかと思うのですが、今回はどんな事件が起こるのでしょうか。

それでは最初に、第4話「出来心」のおおまかなあらすじから紹介します。

偶然ひったくりの現場に遭遇したある男性。咄嗟の判断で、自転車で逃げるひったくり犯を突き飛ばし、犯人逮捕に貢献します。しかしその男性は、名も名乗らずにすぐにその場を立ち去ってしまうんです。同じくその場に居合わせた右京さんと青木年男。青木年男が一部始終を動画で撮影しSNSで公開したところ、立ち去った男性は「消えたヒーロー」として話題になります。しかしその男性の正体は、人を騙してお金を稼ぐ詐欺師だったんです。ひったくりの被害者から、消えた男性を探して欲しいと依頼された右京さんと冠城くん。二人はその男を探し出し、正体を暴くことができるのか?

ざっくりにはなりますが、こんな感じの流れです。

詐欺師vs特命係と言う闘いがメインですが、これに加えて、同じ頃に都内で発生した若い女性の連続殺人事件が並行して絡んでくる形です。

シーズン15がこれで4話目になりますが、これまでで一番綺麗にまとまっていた感じがします。

面白かったです!!

ストーリーは意外と淡々と進んで行くんですけどね。笑

笑いどころもけっこうありましたし、何かと見どころも多かったです。詐欺師と特命係の絡みは見ものです。あと、詐欺師の女と青木年男の絡みも面白いです。笑

また、最後はちょっと切ない気持ちにもなる終わり方でした。

タイトルの「出来心」が色々なところに掛かってはいたのですが、最後に右京さんが言った「出来心」がとても素敵な台詞で、印象に残りました。いい話で締めてましたね。

とても綺麗にまとまっていて、後味の良い第4話でした。

楽しませて頂きました!

 

相棒season15第4話のゲスト出演者

それでは次に、第4話に主に登場したゲストさんを紹介します。今回メインで登場したのは二名になります。

風間杜夫(かざまもりお)

まず、「消えたヒーロー」として話題になりますが、その正体は詐欺師である、平井貞男役で風間杜夫(かざまもりお)さん。

f:id:inudenchi:20161102234755j:plain

なかなか胡散臭い感じの詐欺師の役です(笑)。思わずひったくり犯を捕まえてしまうなど、きっと根は悪い人ではないのかな~と言う雰囲気など、風間杜夫さんとても似合う役でした。笑

内田慈(うちだちか)

続いて、同じく詐欺師で、風間杜夫さん演じる平井貞男のパートナー、尾形留美子役で、内田慈(うちだちか)さん。

f:id:inudenchi:20161102234835j:plain

なんとなく見たことあるかな~と言う女優さんです。今回の相棒では、エロ担当な感じでした(笑)。コミカルな雰囲気もあって、けっこうインパクトの強いキャラでした。笑

 

今回主に登場するのは、この2名になります。この2人の詐欺師vs右京さん&冠城くん、と言う流れでストーリーは進んで行く形です。

 

神様の出来心

今回のタイトルは「出来心」です。

ちょっとした出来心で何かしてしまうことって、きっと誰にでもあるんじゃないかな~と思います。

僕ももちろん少なからず思い当たる節はありますからね…苦。

今回の相棒は、この「出来心」がけっこう色んなところに掛かっていた内容でした。

出来心で女性の誘惑に負けてしまったり、出来心でひったくり犯を捕まえてしまったり。笑

そして最後に、右京さんが詐欺師に対して「神様の出来心」と言う言葉を使うんです。

f:id:inudenchi:20161102235002j:plain

特命係に捕まった詐欺師ですが、もし捕まっていなければ、同時刻に別の事件に巻き込まれ、命を落としていた可能性があったんです。

普段悪さばかりしている詐欺師ですが、神様の出来心で、事件に巻き込まれず無事に済んだんだと。右京さんはそう詐欺師に諭すんです。

これはなかなか素敵な解釈で、グッときましたね。素敵な台詞でした。

さすが右京さんです。

 

警察手帳を出す冠城亘

冠城くんが、内ポケットから警察手帳を出しました!

冠城くん、シーズン14では法務省からの出向でしたので、警察手帳は持っていません。その後シーズン15になり、第1話で正式に特命係に配属はされたのですが…ここまで、警察手帳を出す場面がありませんでした。

しかし今回、水戸黄門の印籠的な感じで、ばっちり警察手帳を出してます。

f:id:inudenchi:20161102235058j:plain

冠城くん自身もかなり意識しているような出し方でしたね、相当気合いが入ってました。笑

きっと、ずっとこれやりたかったんだろうな~と。

冠城亘は、やっぱり今までにないタイプの相棒ですね。

 

シーズン15第4話その他の見どころ

それでは、さらに細かい第4話の見どころを、あれこれと挙げてみたいと思います。

青木年男が恋愛相談

青木年男はどうやら女性が苦手と言うか、かなり恋愛に対して難しい考え方を持っているようです。

飲み会でも女性が来る飲み会には行かないって言ってますし、確かにモテる感じではないですからね。笑

かと言って、女性と話ができないくらいシャイと言うわけでもないみたいです。今回も普通に女性とは話してますし、第1話でも社美彌子と普通に話してましたからね。

そんな青木年男が、けっこうガチで恋愛相談をしてました。

f:id:inudenchi:20161102235209j:plain

詐欺師の女に相談してるんです。笑

相談しに行くように仕向けたのは冠城くんなんですけどね。

結局この後、女の誘惑に負けて美人局に引っ掛かりそうになってしまうのですが…笑。

今回は青木年男のけっこう面白い一面が見れました。

警察に対する嫌悪を表す場面もありましたが。

角田課長の奥さんは山形出身

山形の方言がいくつか取り上げられていました。それが「消えたヒーロー」の手掛かりにもなります。

角田課長は山形の方言に詳しかったのですが、どうやら奥さんが山形の人みたいです。山形の酒田だって言ってます。

f:id:inudenchi:20161102235254j:plain

その辺りの方言では「捕まえて!」を「しぇめでくれ!」と言うみたいですね。

他には、「冷たい」とか「水に濡れて気持ち悪い」を「やばち」と言うみたいです。

どちらも僕は初めて知りました。

さらには「最上川舟歌」って曲が出てきたのですが、これは山形県民のソウルミュージックと言われるくらい、親しまれてる歌みたいですね。調べたところ、実際にある歌でした。

山形について、少し勉強になる回でした。笑

鑑識の益子さん再登場

シーズン15の第1話で、鑑識の益子桑栄(ましこそうえい)と言う人物が出てきました。伊丹さんの同期の人です。

演じているのは田中隆三(たなかりゅうぞう)さんです。

第1話で登場してから、第2話、第3話と出てこなかったのですが、この第4話で再登場です。

f:id:inudenchi:20161102235403j:plain

登場シーンは一瞬でしたが、これが二度目の登場です。

今後もちょこちょこ出てくるかと思いますので、注目して行きたいです。

青空らくだの会

今回登場した詐欺師の団体名が「青空らくだの会」でした。

f:id:inudenchi:20161102235425j:plain

胡散臭い名前ですよね~。笑

もちろん敢えて胡散臭い名前を付けてるんでしょうけど、どうしてこう言う名称って胡散臭いと思ってしまうんでしょうね。笑

例えば「青空の会」、「らくだの会」とそれぞれ分かれていたとしても、やっぱり胡散臭いと思ってしまいます。

そんな偏見を持ってしまっている自分は汚れているのでしょうか…。笑

冠城くんのスーツ

冠城くんがブラウンぽい色のスーツを着ていました!

f:id:inudenchi:20161102235503j:plain

これ、もしかしたら以前にもけっこう登場している可能性が高いかもしれないのですが…僕は初めて気付きました。

服装に疎いんですよ、僕は…苦。

右京さんのスーツについても、いつかまとめたいと思いながら、なかなかスーツの違いに気付けないんですよね。

僕は嫁が髪を切っても気付かないタイプの男ですので。

冠城くんのスーツについても、改めて気付いたことがありましたら、その際にはまた書いて行こうとは思っています。修正しつつ。

以上、今日は相棒season15第4話「出来心」についてでした。

 

こちらの相棒記事もおすすめ