相棒が好き過ぎて

相棒が好き過ぎて

ドラマ相棒が好き過ぎるが故の戯言と悪ふざけ

相棒シーズン16第10話。利用されるハッカーの高校生。


【スポンサーリンク】

「サクラ」

f:id:inudenchi:20180102032958j:plain

相棒season16第10話のあらすじと感想

本日は、シーズン16第10話についてです。

相棒season16第10話のタイトルは「サクラ」。放送日は2018年1月1日で、2018年一発目の相棒であり、2時間15分の元日スペシャルです。相棒の元日スペシャルはこれまで

も名作が多いですし、自然と期待も膨らみます。何よりも、元日の夜から相棒を楽しめるのは幸せです。

それではまず、第10話「サクラ」のおおまかなあらすじから紹介していこうと思います。

クリスマスイベントの会場で発砲事件が発生しますが、現場からは犯人のみならず、撃たれた被害者も血痕を残して姿を消してしまいます。残された銃弾から、事件に使われたのは、通称「サクラ」と呼ばれる制服警察官に支給されている拳銃であることが判明。その後、交番で制服警察官が自殺しているのが発見され、銃が何者かに持ち去られていました。この銃撃事件について、広報課長である社美彌子が銃の詳細を控えて公表するのですが、何者かが気象庁の緊急災害速報メールをハッキングし、警察官の自殺とサクラがなくなっている映像を拡散するという事態に。右京さんと冠城くんの特命係も独自の捜査を開始し、右京さんは自殺した警察官が元所轄の刑事で、3ヶ月前に事故と処理された内閣人事局長の死について、一人で調べていたことを突き止めます。一方、銃撃事件の被害者を追っていた冠城くんは、被害者本人から接触を受け、ある取引を持ち掛けられます。そして捜査を進めた特命係は、一連の事件に3人の高校生が関係している可能性に気付きます。彼らはコンピューターのセキュリティーの脆弱性を見つける大会で優勝歴があり、半年前から全員が失踪していることも判明します。果たして失踪した高校生たちは、発砲事件やハッキングにどのように関わっているのか?何をしようとしているのか?右京さんと冠城くんが、事件の全容を解明します。

今回、うまくまとめられずに、ちょっと長くなってしまいました。すみません。

かなりざっくりではありますけれど、だいたいこんな感じの内容になります。

元日スペシャルだけに、スケールが大きな内容で、めちゃめちゃ面白かったです!!

これは名作と呼んでよいのではないでしょうか。

発砲事件に端を発し、その事件を追っていくことで、背後に別の何かがあることが見え隠れし、最終的には権力者たちの不正や権力闘争にまで発展していきます。

失踪している高校生たちは、ハッキングなどの技術に長けているので、一見しますと「三人の高校生vs特命係」という図式なのかな、と最初は思ってしまいます。

ところがどっこい、もちろん話はそんなに単純ではありません。

発砲事件とハッキング事件の捜査を中心に、高校生たちの行方を追う流れが一番の軸にはなっているのですが、これに色んなあれこれが絡んでくるんです。

そしていつの間にやら、特命係は権力闘争の渦におもいきり巻き込まれることになります。お馴染みの衣笠副総監や甲斐峯秋はもちろん、社美彌子もまた別の形で巻き込まれちゃったりもします。

さらには特命係が停職処分になってしまうという危機も。特命係と衣笠副総監の直接対決の場面も見れます。

スリリングな展開もあり、ハードボイルドな要素も少しあったかと思います。

追い詰められた高校生たちの境遇に、悲しい気持ちになってしまったりもしましたけれど…最後はだいぶすっきりとした終わり方でした。悪い奴ら全員がちゃんとあぶり出されたわけではないので、完全スッキリではないですけど、それでも後味は悪くない終わり方でした。

最後の犯人に対する右京さんの説得が名言の連続で、グッとくる内容でした。

また、元日スペシャルだけあってゲストさんも豪華でした。

色んな人が登場して、色んなことが起こって、もう大忙しでした。笑

大満足のストーリーだったのですが、今回は笑いの部分が少なめだったかとは思います。笑っている場合ではない場面ばかりだったのかもしれないですけどね。笑

第10話の元日スペシャルサクラ」、とっても面白かったです!!

 

相棒season16第10話のゲスト出演者

それでは次に、第10話「サクラ」に登場した主なゲスト出演者を紹介します。今回は元日スペシャルということもあり、ゲストさんも多めです。

健太郎(けんたろう)

まずは失踪した三人の高校生のリーダー各、上条喬樹役で健太郎(けんたろう)さん。

f:id:inudenchi:20180102033414j:plain

今回の事件で一番の重要人物です。失礼ながら僕は健太郎さんを存じ上げていなかったのですが、映画やドラマなどで活躍する、今注目の若手俳優さんとのことです。とても存在感があり、見る人を惹きつける俳優さんでした。斎藤工さんみたいに、今後ブレイクするかもしれないですね。

 

篠井英介(ささいえいすけ)

続いて、官房副長官の折口洋介役で篠井英介(ささいえいすけ)さん。

f:id:inudenchi:20180102033454j:plain

3ヶ月前に事故死とされた内閣人事局長と懇意にしていた官房副長官です。篠井英介さんは今回が三度目の相棒出演。最初はシーズン1第9話「人間消失」で、右京さんの大学時代の後輩で、チェスクラブに在籍していた役でした。二度目は劇場版Ⅳで、今回と同じ官房副長官の役です。

 

梶原善(かじはらぜん)

続いて、銃撃事件で撃たれた被害者、安田英治役で梶原善(かじはらぜん)さん。

f:id:inudenchi:20180102033549j:plain

撃たれたにも関わらず、現場から姿を消した被害者の役です。事件の裏に見え隠れする重要な人物なのですが、ちょっと怖い感じもあって、梶原善さんってこういう役似合うんだな~と。笑

 

鶴見辰吾(つるみしんご)

続いて、内閣情報調査室の審議官、有馬武人役で鶴見辰吾(つるみしんご)さん。

f:id:inudenchi:20180102033640j:plain

内閣情報調査室という、日本政府の機密などを扱う機関の重要人物です。実質そこで一番力を持っている人物です。衣笠副総監とも親交のある設定です。鶴見辰吾さんは今回が二回目の相棒出演で、前回はシーズン2第10話「殺意あり」に別の役で出ていました。坂上忍さんが出てた回で、その時は医者の役でした。

 

以上、今回主に登場するゲストさんはこの4名かと思います。


さらには後述させて頂きますが、ほんの少しだけですが石原良純さんが内閣情報調査室のトップである内閣情報官として出演しています。

また、劇場版Ⅳにて社美彌子の部下役で登場した林泰文さんも出演していますので、同じくそちらも後述します。

それ以外のゲストさんとしては、まず失踪した三人の高校生の一人、椎名智弘役で小原唯和(おばらゆいと)さん。同じく三人の高校生の一人、富樫航太役で山下真人(やましたまさと)さん。この二名が登場シーンも多く、重要度も高い登場人物です。

その他、失踪した高校生の祖母、椎名春子役で島かおり(しまかおり)さん、その隣人の小島麗華役で草刈麻有(くさかりまゆう)さんが、上記のゲストさんに続いて登場シーンは多めだったかと思います。草刈麻有さんは草刈正雄さんの娘さんです。

 

高校生に正義を説く右京さん

汚い大人たちの不正のために、まだ幼さの残る高校生たちが利用される様は、見ていて辛いものがあります。

多少ネタバレにはなってしまいますが、今回の相棒は、まさにそんな内容でした。

ハッキングという技術を持った高校生たちは、警察のデータに不正にアクセスしたばっかりに、権力者に弱みを握られ、利用されてしまうんです。

つまり、ハッキングの技術を、権力者たちの都合のいいように使われてしまうわけです。

f:id:inudenchi:20180102033846j:plain

権力者は高校生たちを使い、ハッキングにより他人の情報を集めます。ターゲットとなってしまった人物は、何かしら秘密を暴かれ弱みを握られることになり、それをネタに脅迫されます。

これ、考えただけでけっこう恐ろしいことですよね。

パソコンに限らずスマホとかもそうですけど、それがいつの間にかハッキングされて、自分の知らない人間に自由に中身を見られていたとしたら…プライバシーも何もあったもんじゃないですよね。さらにはカメラから撮影までされちゃったりしていたら、もう色んなものが筒抜けで。笑

今回の相棒では、それが権力闘争に利用されるという内容で、事件の根幹でもありました。

しかしこれ、相棒の中だけではなく、実際にも同じようなことがあってもおかしくないとは思います。権力闘争に限ったことではなく、誰もがその被害に合う可能性があるんじゃないかって。

他人の弱みを握って、自分の都合のいいように操る。

ほんとに汚いやり方で、さらには高校生をその道具にするなんて、ひどい大人たちです。

今回の特命係の闘いの相手は、そんなひどい大人たちです。

そんなひどい大人たちに利用された高校生たちは、当然大人や社会に対して不信感や怒りを持ちます。大人を信用しなくなります。

しかし、そんな高校生に対し、右京さんは正義を説くんです。

f:id:inudenchi:20180102034006j:plain

その時の言葉が、右京さんらしい名言の連続で、印象に残るものでした。

正義は人間が考え出したもの。根の弱い人工の植物のようなものだからです。その存在を望み、大切に育てる人がいなくなれば、たちまち枯れてしまう。不正に飲み込まれて、力のない人間は押しつぶされていってしまう。」

「僕は今回のことで、君が自分の生きている社会を諦めて欲しくないと思っています。この社会にはたくさんの不正が存在します。君が今回体験したように、この世に正義などないのではないかと感じる時もあるかもしれません。」

「僕は君に正義と公正さを望み、それを実現しようと努力する側の人間であって欲しいと願っています。そして君は、そうなれる。」

少年を想う右京さん、とても優しくてかっこよかったです。

この第10話「サクラ」は、まさにこの右京さんの言葉に集約される物語だったのではないかと思います。

 

社美彌子を守る冠城くん

最後のシーンでの高校生に正義を説く右京さんが印象的な回ではありましたが、密かに冠城くんの優しさも光る回でした。

今回の黒幕は、とにかく人の弱みを握り脅迫してコントロールする、という手法を取ってきます。

これにより、冠城くんも脅迫を受ける形になり、なんと右京さんを裏切るかのような行動を取ってしまうんです。

シーズン15の最終話で厳しい言葉をぶつけ合った右京さんと冠城くんですので、またもやその対立の再燃か?と一瞬思ってしまいます。不穏な感じになるのではないかと。

さらには冠城くんだけではなく、社美彌子も脅迫を受けるんです。それにより珍しく追い詰められる感じもあります。

f:id:inudenchi:20180102034232j:plain

社美彌子は現在は広報課の課長ですが、かつては内閣情報調査室にいたこともあり、内閣情報調査室は今回重要な鍵を握る部署です。

社美彌子に関しては、これまでの相棒でまだ明らかになっていないと思われる秘密もありますし、謎も残っていますので、それが久しぶりに取り上げられた形にもなりました。

また、久しぶりに社美彌子の娘であるマリアちゃんもがっつり登場しています。可愛い女の子です。

f:id:inudenchi:20180102034313j:plain

社美彌子の娘を大事に想う気持ちが描かれた場面などもあり、ちょっと切なくなってしまったり。

脅迫に屈しない社美彌子のかっこいい一面も見ることができました。

そして、そんな社美彌子を、マリアちゃんを密かに守ろうとしていたのが、冠城くんなんです。

今回は右京さんも冠城くんも社美彌子も、みんなかっこよかったです。

 

シーズン16第10話その他の見どころ

それでは続いて、第10話「サクラ」のその他細かい見どころを、あれこれと挙げてみたいと思います。今回は多めです。

特命係が停職に

特命係が停職処分を受けてしまいます。

f:id:inudenchi:20180102034429j:plain

実際に警察手帳も一時的に返納してしまい、ガチな停職処分のようです。特命係がこんなふうに実際に停職処分になるという事態は、意外と珍しいのではないかと思います。

今回の停職処分は衣笠副総監の魂胆によるもので、見事にやられてしまった形です。

それによりいつもの部屋も使えなくなったようで、なぜか鑑識の部屋で仕事してました。笑

f:id:inudenchi:20180102034501j:plain

益子さんには怒られていましたけれど、動じることなく使ってます。

飲食禁止だと益子さんに言われながらも、冠城くんはカップラーメンも食べようとしてました。笑

 

石原良純が出演

内閣情報調査室のトップである内閣情報官、広瀬篤役で石原良純(いしはらよしずみ)さんが出演しています。

f:id:inudenchi:20180102034544j:plain

鶴見辰吾さん演じる有馬武人と同じ機関で、そのトップのポストです。

登場シーンはほんの少しですけれど、石原良純さんの姿を相棒で見れるのは嬉しいですね。笑

そして僕は、もしかしたら俳優としての石原良純さんを見たのは、これが初めてかもしれません。笑

 

林泰文さんの再登場

警視庁広報課の石川大輔役で、林泰文(はやしやすふみ)さんが出演しています。

f:id:inudenchi:20180102034620j:plain

この登場人物は社美彌子の部下で、劇場版Ⅳにも少し出ています。社美彌子の側近的な感じですね。

林泰文さんは今回は劇場版Ⅳと同じ役での出演ですが、過去にはシーズン5第16話「イエスタデイ」で全く別の記憶喪失になった男の役で出ています。ですので今回が三度目の相棒出演ということになりますね。

林泰文さん、社美彌子の部下として、今後もたまに出てくるのではないかと思われます。

 

月本幸子のお弁当

月本さんが、朝から花の里で、右京さんと冠城くんのお弁当を作っていました。

しかもそのお弁当、めちゃめちゃ美味そうです。

f:id:inudenchi:20180102034715j:plain

これは冠城くんが月本さんにお願いしたようですけれど、ほんとに美味しそうで、僕もこんな弁当を毎日食べてみたいものです。クリスマス仕様ですね。

今回は月本さんの登場シーンもけっこう多くて、月本さんの部屋も何度か映りました。

さらにはその部屋に、小松さんと大木さんがいるという、なんとも貴重な場面も。

f:id:inudenchi:20180102034746j:plain

月本さんが少年を看病するシーンなんかもあって、鈴木杏樹さんの魅力も全開だったかと思います。笑

 

特命を覗く青木年男

いつも特命係を部屋を覗いているのは、組対5課の小松さんと大木さんです。

一応ですけど、小さい方が大木さんで、大きい方が小松さんです。ややこしいんです。笑

そこに今回、青木年男が加わってました。笑

f:id:inudenchi:20180102034819j:plain

いつも二人なのが一人増えると目立つ、って右京さんが言ってました。笑

 

右京と大河内が花の里

右京さんと大河内さんが、二人で花の里で会っています。

しかも珍しいことに、昼間の花の里です。

f:id:inudenchi:20180102034845j:plain

前回の第9話でも昼間の花の里が登場し、今回はお弁当シーンと大河内さんのシーン、2回で昼間の花の里でした。

昼間の花の里も、なんだかいいものですね。

 

名曲喫茶

発砲事件の被害者である、梶原善さん演じる安田英治と、冠城くんが二人で話している場面。

f:id:inudenchi:20180102034914j:plain

クラシックの流れるクラシック喫茶のようなお店です。

そしてこのお店、僕は以前にも見た覚えがあるんですよ。

シーズン2第7話「消えた死体」の時に右京さんが通っていた名曲喫茶ではないかと。

その時の犯人と右京さんは、この名曲喫茶で知り合うという展開でした。

今回のお店がその時と同じ店なのかどうかはっきりはわかりませんでしたが、同じ店だとしたら、冠城くんは偶然にも右京さんが常連だったお店に行ったことになりますね。笑

果たして右京さんが今も名曲喫茶に通っているのかどうかは不明ですが。

 

電車で移動する冠城くん

冠城くんの愛車はスカイラインで、基本的には移動は車でしているイメージがあります。

しかし今回、冠城くんが地下鉄から現れました。

f:id:inudenchi:20180102035039j:plain

たまには電車も使うんですね。笑

電車に乗っている冠城くんの姿、是非見てみたいです。

 

押入れで寝る右京さん

右京さんが押入れで仰向けに。

f:id:inudenchi:20180102035109j:plain

だからどうってことはないんですけど、ちょっと面白かったので…笑。


以上、今日は相棒season16第10話「サクラ」についてでした。

 

こちらの相棒記事もおすすめ