相棒が好き過ぎて

相棒が好き過ぎて

ドラマ相棒が好き過ぎるが故の戯言と悪ふざけ

相棒シーズン16第4話。特殊能力を身につけたケンちゃん

【スポンサーリンク】

「ケンちゃん」

f:id:inudenchi:20171109003702j:plain

相棒season16第4話のあらすじと感想

本日は、シーズン16第4話についてです。

相棒season15第4話のタイトルは「ケンちゃん」。放送日は2017年11月8日です。個人名がタイトルというのは珍しいパターンですね。ケンちゃんという人物が出てくるであろう話だと推測できますが、どんな内容なのでしょうか。

まずは、そんな第4話「ケンちゃん」のおおまかなあらすじから紹介していきたいと思います。

いつも明るく元気なコンビニ店員、ケンちゃんが廃ボーリング場で何者かに殺害されます。ケンちゃんのいたコンビニには冠城くんもよく訪れていて、ケンちゃんと冠城くんは顔見知りです。そんなことから特命係もこの事件の捜査をすることに。かつてケンちゃんはある窃盗事件の証言をしていて、それにより一人の男が逮捕されます。その男は最近仮出所になったのですが、事件現場付近で目撃されていることなどから、逆恨みによる犯行の可能性も浮上します。また、ケンちゃんの遺体の手には「中」とも読める謎の文字が書かれていて、それはダイイングメッセージではないかと考える右京さんと冠城くん。ケンちゃんには金融コンサルタントをしている兄がいるのですが、ケンちゃんはそこの事務員だった女性に恋をしていたことや、勉強ができないはずのケンちゃんが最近大学で数学の講義を受け、教授らから「逸材」と言われていたことなど、様々な人間関係や謎が浮上します。果たして誰が何のためにケンちゃんを殺したのか?手に書かれた文字はダイイングメッセージなのか?ケンちゃんは何者なのか?右京さんと冠城くんが真相を明るみにします。

ざっくりではありますが、だいたいこんな感じの内容になります。

今回も面白かったです!

毎回アホみたいに「面白かった」という感想ばかりで語彙が貧困で、我ながら本当に嫌にはなりますが。笑

展開が読めなかったりどんでん返しが待っているのは相棒では常のことですが、今回は何がどう繋がっていくのか、最後まで全然わかりませんでした。

もちろん最終的には全ての点を右京さんがしっかりと線で結んでくれまして、無事に事件も解決するんですけどね。

怪しい人物も多めに登場した回でしたので、僕も自分なりに犯人の見当を付けてはみたのですが、見事に大外れでした。笑

ストーリーの中心は、タイトルにもなっている「ケンちゃん」という一人の男性です。

彼はとっても元気で爽やかなコンビニの店員さんです。冠城くんはケンちゃんのことを「昭和の高校球児」と言ってました。笑

そんな元気で爽やかで優しいケンちゃんですけど、調べると不思議な点が次から次へと出てくるんです。

ケンちゃんは一体何者なんだ?となるわけです。

その謎を特命係が解き明かしてくれるのですが、ケンちゃんがいい奴なだけに、真相が悲しいんですよ…。

こんな優しい男がなぜ殺されなきゃいけないんだと。誰にでも愛されていたケンちゃんが。

前話の「銀婚式」も切ない結末だったのですが、今回もケンちゃんのことを想うと、切なさの残る物語でした。

しかしながら、ダイイングメッセージと思われる暗号、疑わしい登場人物たち、予想外の犯人、兄弟の嫉妬など、面白さが散りばめられた回だったと思います。

特命と鑑識の益子さんの絡み、青木年男の絡みも、いい箸休めでした。笑

一課コンビとの絡みはちょっと少なめでしたけれど。

第4話「ケンちゃん」、じゅうぶん楽しませて頂きました!

 

相棒season16第4話のゲスト出演者

それでは次に、第4話「ケンちゃん」に登場した主なゲストさんを紹介したいと思います。

西井幸人(にしいゆきと)

まず、殺害されてしまったコンビニの店員、ケンちゃんこと森山健次郎役で、西井幸人(にしいゆきと)さん。

f:id:inudenchi:20171109004621j:plain

とても元気で爽やかなコンビニ店員ですが、謎の多い人物の役です。けっこうインパクトは強いです。西井幸人さん、僕は何かで見たことある俳優さんだな~と思いWikipediaを見たところ、映画「告白」で主犯格の少年役を演じていました。僕はおそらくそれを見て印象に残っていたのではないかと思います。

内田朝陽(うちだあさひ)

続いて、ケンちゃんの兄で、金融コンサルタントをしている森山真一郎役で、内田朝陽(うちだあさひ)さん。

f:id:inudenchi:20171109004902j:plain

クールでかっこいい感じのお兄さん役です。会社の経営者で仕事もできそうです。この内田朝陽さんも、僕はどこかで見たことあるな~と思ったら、相棒でした…笑。シーズン2の二話連続もの、「雪原の殺意」と「白い罠」に出ています。右京さんと亀山くんが北海道で事件を解決するやつです。約14年振りに二度目の相棒出演ということになりますね。当たり前ですけれど、内田朝陽さん、以前の出演時よりも大人になっていました。笑

 

今回主に登場するのは、この2名のゲストさんです。

他には、金融コンサルタントの事務員、中井小百合役で久保陽香(くぼはるか)さん、ケンちゃんに数学の指導をしていた大学教授、中垣智徳役で山中敦史(やまなかあつし)さん、同じく数学の指導をしていた講師、服部由和役で池田良(いけだりょう)さん、過去にケンちゃんの証言により逮捕された窃盗犯、宍戸役で菅原卓磨(すがわらたくま)さん、この4名が上記2名に続くゲストさんかと思います。池田良さんはなかなか印象的でした。山中敦史さんは今回が二度目の出演で、シーズン8元日スペシャル「特命係、西へ!」に登場しています。コメント欄にて教えて頂きました。

 

ケンちゃんは数学の天才?

何者かに殺害されてしまったケンちゃんですが、かなりの特殊能力を持っていました。じゃっかんネタバレで申し訳ありませんが…。

例えば、ほんの一瞬だけ散らばったお札の枚数を把握していたり、難しい数字や記号だらけの数学の問題を一瞬で記憶してしまったり。

f:id:inudenchi:20171109005306j:plain

つまり、ケンちゃんは、見たものを瞬間的に記憶する能力を持っていたんです。

サヴアン症候群です。

サヴアン症候群とは、Wikipediaを引用させて頂きますと…

サヴァン症候群(サヴァンしょうこうぐん、英語: savant syndrome)とは、知的障害や発達障害などのある者のうち、ごく特定の分野に限って優れた能力を発揮する者の症状を指す。

映画「レインマン」のやつですね。

相棒でも過去に一度だけ、サヴアン症候群が取り上げられた事件がありました。

シーズン7最終話「特命」のときです。神戸くん初登場の回ですね。

この時は、サヴアン症候群の男性が記憶した場面を描いた「」が大きな鍵になっていましたが、今回はケンちゃんがノートに書いた「数式」です。

絵と数式の違いはありますが、同じサヴアン症候群の人が残したものが鍵になるという点では、共通点も多かったかと思います。

今回の事件に関して言えば、ケンちゃんがサヴァン症候群だったがために起きてしまった悲劇です。

しかし、ケンちゃんは生まれつきサヴァンだったわけじゃないんです。先天的ではなく後天的なんです。

ある日突然、特殊能力を身につけてしまったんです。

なんと、自転車とぶつかったことにより。笑

f:id:inudenchi:20171109005528j:plain

ホントにそんなことあるのかな~と思いググってみたのですが、どうやら実際にそういう事例もあるみたいですね。何かしらの衝撃などで、後天的に発症することも。

サヴァンについてはまだまだ謎が多いみたいですけれど、本当に不思議な症状ですよね。

今回のケンちゃんは、事故がきっかけでサヴァンになり、見たものを瞬間的に記憶する能力を身に付けました。

さらにケンちゃんは、数学も凄いんです。

難しい数式もガンガン解いてしまいますし、大学教授もびっくりの解き方とかもしてしまうんです。

f:id:inudenchi:20171109005613j:plain

これもサヴァンの影響なのかどうかはちょっと確かではないのですが、数学に関しても天才的な能力を発揮するんです。

教授に「逸材」だと言われるほどに。

ケンちゃんは数学が大好きになり、将来は数学の研究者になる夢も持っていました。

それが身勝手な犯人によって命を奪われることになってしまい…。

残念です。

殺人はいけません。

 

内田朝陽さんが14年振りに登場

ケンちゃんの兄、金融コンサルタントの森山真一郎役で登場した内田朝陽(うちだあさひ)さん。

ゲストの紹介欄でも触れましたが、これが二度目の相棒出演です。違う役で。

僕はそういうのに疎いので、いつもは気付かないんですけどね。笑

内田朝陽さんは前回のシーズン2の出演時、けっこう重要な役で出ていましたので、僕も顔は覚えていました。大学生の役でした。

シーズン2第15話「雪原の殺意」と、第16話「白い罠」です。

こちら、前回の出演時の画像です。

f:id:inudenchi:20171109005940j:plain

そしてこちらが今回。

f:id:inudenchi:20171109004902j:plain

前回の「雪原の殺意」「白い罠」が2004年の2月放送でしたので、それから約14年後、またこうして違う役で相棒に出演するって、なんだか凄いですよね。

きっと撮影現場でも、内田朝陽さんと水谷さん「久しぶり」という会話とかしたんだろうな~とか、想像してしまいます。笑

また15年後くらいに是非登場して欲しいです。笑

 

シーズン16第4話その他の見どころ

それでは続いて、第4話「ケンちゃん」のその他細かい見どころを、いくつか挙げてみたいと思います。今回は5つほど。

数学も得意な右京さん

右京さんが、難しい数式を解いてました。

大学の入試問題だったようですが、やっぱり右京さんは凄いですね。

f:id:inudenchi:20171109010039j:plain

シーズン2の「クイズ王」で円周率を暗唱したり、シーズン12の「殺人の定理」でも難しい数学の話をしたりと、数学にも強いことを思わせる場面は出てきましたが、今回もそれが証明されました。

さすが東大卒です。

月本幸子は数学が好き

月本幸子さんが「数学が好き」というのは、シーズン12の「殺人の定理」で判明しています。

そして今回も花の里にて、右京さんと冠城くんが数学の話題を話していると、月本さんが入ってくるんです。しかも難しい用語を普通に話してるんです。

f:id:inudenchi:20171109010149j:plain

一見数学とは縁がなさそうな月本さんですが、数学が好きなんですね。笑

月本さん、ちょっと変わってますからね。笑

冠城くんは釣りが好き?

鑑識の益子さんは、が好きですけど、釣りも好きです。

角田課長とも釣りに行ったりしてるみたいですし。

で、以前冠城くんが益子さんを猫で買収していましたが、今度は釣りで買収しようとしてました。笑

f:id:inudenchi:20171109010231j:plain

「釣りの穴場教えます」って言ってましたね。笑

ってことは、冠城くんも釣りやるってことなんでしょうかね?

反町隆史さんはバス釣りが大好きみたいですけど、冠城くんもそういう設定になってるのかもしれないですね。

熱くなる冠城くん

冠城くんが、犯人に対して怒りをあらわにし、襟首に掴みかかるというシーンがありました。

それを右京さんが止めるのですが…

f:id:inudenchi:20171109010305j:plain

 

僕はこのシーンを見ていて、亀山くんを思い出してしまいました。

亀山くんにもこういう場面あったな~って。

カイトくんにもありましたけど。

もしかしたら神戸くんにもあったかもしれないですけど…。

曖昧ですみません。

コンビニで買い物をする冠城くん

冠城くんがコンビニで買い物をするシーンが出てきました。

f:id:inudenchi:20171109010349j:plain

冠城くん、弁当を買ってました。笑

どうやら冠城くんはこのお店にはたまに来ているみたいです。

いつか右京さんの買い物シーンも見てみたいですね。まだ右京さんの買い物シーンは相棒では登場していないかと思いますので。


以上、今日は相棒season16第4話「ケンちゃん」についてでした。

 

こちらの相棒記事もおすすめ