相棒が好き過ぎて

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相棒が好き過ぎて

ドラマ相棒が好き過ぎるが故の戯言と悪ふざけ

相棒シーズン4第20話。刑事ドラマの撮影現場に特命係が

【スポンサーリンク】

「7人の容疑者」

f:id:inudenchi:20160923120412j:plain

相棒season4第20話のあらすじと感想

相棒を全話制覇するべく、DVDボックスで最初から一話ずつ見ています。現在はシーズン4。残すところあと2話となってしまいました。

本日は、シーズン4第20話についてです。

相棒season4第20話のタイトルは「7人の容疑者」。放送日は2006年3月8日です。タイトルから、7人の容疑者がいる事件と言うのは想像できますね。そのままですが…。

では、第20話のおおまかなあらすじを。ざっくりですが。

ドラマの撮影現場に爆破予告の電話が。しかし実際には爆破は起こりませんでした。それと時を同じくして、撮影現場で窃盗事件が発生します。暇な特命係はその窃盗事件の捜査をすることに。しかしその際中に、男性の遺体が発見されます。そうした中、2度目の爆破予告の電話が…果たして爆破予告と窃盗事件、そして殺人事件に繋がりはあるのか?特命係が真相を暴きます。

だいたいこんな感じの内容になります。

今回はタイトルの「7人の容疑者」からもわかるかと思いますが、かなりたくさんの人物が複雑に入り乱れて出てきます。相棒ではこのパターンはそんなに多くはありませんが、たまにありますよね。

最後まで犯人の予測が全くできない展開で、面白かったです。

シーズン4は全21話ですので、これが最後から2つめの回です。残すところあと一話しかないと思うと…なんだかちょっと淋しい気がしますね。

最終話は楽しみですけれど。

 

相棒season4第20話のゲスト出演者

今回は「7人の容疑者」と言うだけあって、誰が一番メインで登場する、と言うのが特にない形でした。それぞれの容疑者が、皆同じくらいのメイン度で登場する感じでしたので。

ですので、容疑者となった7人を一人ずつ紹介します。全員がドラマの撮影現場に関係した人物です。

大寶智子(おおたからともこ)

まずは、ドラマのプロデューサー、曽根ゆり子役で大寶智子(おおたからともこ)さん。

f:id:inudenchi:20160923120746j:plain

ドラマや映画などでよくお見掛けする女優さんですね。

でんでん

続いて、撮影現場の警備員、半田茂役ででんでんさん。

f:id:inudenchi:20160923120810j:plain

でんでんさんも相棒出てたんですね。でんでんさん、「冷たい熱帯魚」って映画でかなりヤバい役やってて、僕は個人的にそのイメージが強いです。かなり怖かったので。笑

西田健(にしだけん)

続いて、ドラマに出演する俳優の蕪木惣一役で、西田健(にしだけん)さん。

f:id:inudenchi:20160923120842j:plain

西田健さんは相棒に二度目の出演です。全く別の役でのパターンです。前回はシーズン2第3話「殺人晩餐会」に登場しています。この時、西田健さん普通に髪の毛あったんですけど…今回は完全にハゲてます。笑

ちなみに、これが前回出演時の画像です。

f:id:inudenchi:20160923120907j:plain

前回は2003年でした。で、今回が2006年。3年でこんなにハゲるものでしょうか?笑

もしかして前回、ヅラだったのかな…。笑

水上竜士(みずかみりゅうし)

続いて、助監督の石原隆志役で、水上竜士(みずかみりゅうし)さん。

f:id:inudenchi:20160923120955j:plain

水上竜士さんも相棒二度目の登場になります。以前全く別の役で相棒出てます。シーズン2第13話「神隠し」で、DVの父親役ですね。ホームレス一郎くんが初登場する回です。

三輪ひとみ(みわひとみ)

続いて、小道具の南早紀役で、三輪ひとみ(みわひとみ)さん。

f:id:inudenchi:20160923121029j:plain

三輪ひとみさん、とても美人さんです。映画やドラマでもお見掛けする女優さんですね。

小島康志(こじまやすし)

続いて、監督の御子柴健役で、小島康志(こじまやすし)さん。

f:id:inudenchi:20160923121057j:plain

失礼ながら、この方は僕は知らない俳優さんです。すみません。

俵木藤汰(たわらぎとうた)

続いて、製作スタッフの甲野真役で、俵木藤汰(たわらぎとうた)さん。

f:id:inudenchi:20160923121125j:plain

失礼ながらこの方も知らない俳優さんです。すみません…。

 

以上、ドラマの撮影現場に関わる7名が今回の容疑者です。特命係がこの7人のうちの誰かを犯人として特定するわけです。

 

刑事ドラマの撮影現場に特命係が

今回の舞台は、ドラマの撮影現場です。

しかも、刑事もののドラマなんですよ。

以前にも、シーズン3の第4話、5話の「女優」で、特命の二人が刑事ドラマの撮影現場を訪れるシーンがありましたが、それに続き今回が二度目となります。

右京さんと亀山くんが、刑事ドラマの撮影現場に現れるってだけでも、ちょっと面白いですよね。刑事ドラマの中の刑事ドラマですので。笑

そしてこの度撮影が行われているの刑事ドラマのタイトルは「時効間近(じこうまぢか」。

f:id:inudenchi:20160923121301j:plain

毎週火曜日夜10時に放送されているドラマみたいです。笑

どうせなら相棒と同じく毎週水曜夜9時にしたらいいのに、と思ってしまいましたが…。

どんなドラマなのかとても気になります。

 

シーズン4第20話その他の見どころ

それでは、今回は少なかったのですが、その他の細かいみどころを2点だけ。

亀山くんの名前が伊丹さんの携帯では…

亀山くんが伊丹さんの携帯に電話を掛けます。

その際に、携帯の画面が映し出されるのですが…。

f:id:inudenchi:20160923121416j:plain

特亀」って出てますね。笑

伊丹さん、携帯のアドレス帳には、亀山くんの名前を「特亀」で登録してるんですね。笑

「かぶらぎ」と言う名前が

今回、西田健さんが演じていた俳優の役なんですけど、蕪木惣一と言う役です。

この苗字なんですけど、「かぶらぎ」もしくは「かぶらき」と読むみたいです。初めて知りました。実際にある苗字みたいです。

ドラマ内では「かぶらぎ」なのか「かぶらき」なのか聞き取れなかったのですが。

しかし「かぶらぎ」と聞いてまず思い浮かべるのは、反町隆史さん演じる4代目相棒の冠城亘(かぶらぎわたる)です。

ですので今回、同じ読み方をする人物が出て来て、ちょっとびっくりしました。

それだけのことなんですが…

どうでも良いことですみません。

以上、今日は相棒season4第20話「7人の容疑者」についてでした。

 

こちらの相棒記事もおすすめ