相棒が好き過ぎて

相棒が好き過ぎて

ドラマ相棒が好き過ぎるが故の戯言と悪ふざけ

相棒シーズン5第6話。川崎麻世が盗撮魔の直木賞作家役で

【スポンサーリンク】

「ツキナシ」

f:id:inudenchi:20161005100045j:plain

相棒season5第6話のあらすじと感想

本日は、シーズン5第6話についてです。

相棒season5第6話のタイトルは「ツキナシ」。放送日は2006年11月15日です。なんだか第4話の「せんみつ」に響きが似たタイトルです。ツキナシとはいったい何なんでしょう?

それではまず、第6話の簡単なあらすじから紹介します。

妻の入浴中に夫が何者かに殺害される事件が発生します。部屋からは、直木賞作家である北之口秀一の指紋が多数発見され、家の周囲からは彼の靴跡も。状況証拠から犯人は彼ではないかと推測されます。しかし決定的な証拠が得られないまま時間が過ぎ、その後彼のアリバイを証明する人物が現れます。果たして彼のアリバイは真実なのか?特命係が真実を暴きます。

ざっとですが内容はこんな流れです。

最後まで真相がわからない展開で、面白かったですね~!

右京さんがアリバイのトリックを見破れるかどうかが、今回の最大のポイントだったかと思います。予想外の結末も待っています。

また、ゲスト出演した川崎麻世さんの設定も面白かったですね。笑

今回も期待を裏切らない内容でした。

 

相棒season5第6話のゲスト出演者

第6話にメインで登場したゲストさんを紹介します。

川崎麻世(かわさきまよ)

まずは、直木賞作家の北之口秀一役で、川崎麻世(かわさきまよ)さん。

f:id:inudenchi:20161005100537j:plain

川崎麻世さんが相棒に出ていたの、僕は初めて知りました。しかも直木賞作家と言う設定で。笑

今回はこの、川崎麻世さん演じる北之口秀一が一番メインのゲストさんです。

渋谷琴乃(しぶやことの)

続いて、アリバイを証言する商業カメラマン、永田沙織役で渋谷琴乃(しぶやことの)さん。

f:id:inudenchi:20161005100610j:plain

川崎麻世さんに比べますとメイン度は高くはありませんが、重要な役割で出ていましたので。僕はこの女優さんは知らなかったのですが、日本とドイツのクォーターらしいです。

 

以上2名が、第6話で主に登場するゲスト出演者となります。

 

女性の風呂を覗く川崎麻世

今回メインで登場した川崎麻世さん。

直木賞作家と言う設定です。

相棒では過去にも作家さん出てきましたね。シーズン2第6話「殺してくれとアイツは言った」での大杉漣さんや、シーズン3第10話「ゴースト~殺意のワイン」での筒井真理子さんです。

それに続き3度目の作家さんです。

そして当然ながら、右京さんは彼の本も読んでいます。本人に本の感想を述べてました。笑

この直木賞作家なのですが、実は裏の顔を持っているんです。ネタバレになってしまいますが…

それは、盗撮マニアなんですよ。笑

女性の風呂とか着替えとか盗撮してるんです。

そのワンシーンがこちら。

f:id:inudenchi:20161005100741j:plain

風呂を覗いて盗撮する川崎麻世さんです。笑

僕はこの絵を見て、田代まさしさんを思い浮かべてしまいました。確か彼もお風呂を覗いて逮捕されましたよね。笑

きっと田代さんもこんな感じで盗撮していたのかな~と。笑

今回僕が一番印象に残ったシーンです。笑

 

殺人犯と盗撮犯。どっちが良い?

殺人で逮捕されるのと、盗撮で逮捕されるの、皆さんはどちらが良いですか?

もちろん殺人も盗撮も僕はしませんが…笑。もしどちらかで逮捕されなければならない、としたらです。

僕でしたら間違いなく盗撮犯を選びます。笑

その方が罪が軽いですからね。

しかし、直木賞作家である北之口秀一は、殺人犯を選ぼうとするんです。

その気持ちはわからなくはないのですが…。

世間体的には、なんだか盗撮犯の方が「恥ずかしい」「みっともない」「変態」と言うイメージを持たれがちな傾向はあるかと思います。

殺人罪の方が罪としては間違いなく重たいんですけどね。

でも、知名度のある人でそれが作家さんとかだったら…尚更、盗撮犯よりは殺人犯を選ぶのかもしれないですね。

ちょっとだけ考えさせられてしまったシーンでした。

 

シーズン5第6話その他の見どころ

それでは今回も、3つ程細かい見どころをあれこれと。

伊丹さん亀山くんに間違い電話

自宅で筋トレをしている亀山くんに、伊丹さんから電話が掛かってきます。

殺人事件が発生したので、非番とか関係なくすぐに来いと。

f:id:inudenchi:20161005100923j:plain

実はこれ、伊丹さんとしては、芹沢さんに電話を掛けて呼び出したつもりだったんです。

それが間違えて亀山くんに掛けてしまい…

結果的に亀山くんがすぐに現場に駆け付けることに。笑

伊丹さん、亀山くんが現場に現れてから間違いに気付いたみたいです。

相棒はこう言う笑いどころも、毎回ちゃんと押さえてくれて嬉しいです。

特命の部屋のテレビ

またしても、特命係の部屋のテレビが気になってしまいました。

僕は過去の記事でも何度かこの話題を取り上げています。

特命の部屋にテレビがあったりなかったりすることや、位置が変わってたり、2つに増えておいたり。

最近では、グレーの薄型のテレビを見ている場面がちょこちょこ出ていました。場所は部屋の入り口側です。コーヒーとか置いてあるところですね。

しかし今回…

テレビが反対側に移ってました。

f:id:inudenchi:20161005101008j:plain

以前にもこちら側にもテレビがあることは発見していたのですが、いつもコーヒー側のテレビを見ている場面ばかりだったので。こっちのテレビも見るんだ!と。笑

しかも、いつもの位置にあるテレビが消えていて、こちら側に移動したものと思われます。

謎です。

右京さん固まる

右京さんは考え事をすると、固まります。笑

今回も何度も固まってました。

こちら、花の里でフリーズした右京さんです。

f:id:inudenchi:20161005101037j:plain

固まってしまうと、人の話も全く聞こえていません。

今までも何度かそう言う場面があったかと思うのですが、今回は多かったです。笑

タイトル「ツキナシ」の意味

第6話のタイトルは「ツキナシ」です。

どんな意味なのか最初はわからなかったのですが…内容を見終わったらわかりました!

これは、アリバイのトリックを右京さんが見破った際に「」がポイントになっていたんですよ。そこからこの「ツキナシ」になっているのでは、と。

さらに、直木賞作家が「ツイてない」と言う意味合いも掛けられているかと。

「ついてない女」の月本幸子さん程ではないですけどね。笑

以上、今日は相棒season5第6話「ツキナシ」についてでした。

 

こちらの相棒記事もおすすめ