相棒が好き過ぎて

相棒が好き過ぎて

ドラマ相棒が好き過ぎるが故の戯言と悪ふざけ

相棒シーズン6第18話。死因究明システムへの問題提起。

【スポンサーリンク】

「白い声」

f:id:inudenchi:20161113105123j:plain

相棒season6第18話のあらすじと感想

本日は、シーズン6第18話についてです。

シーズン6も残すところあと2話となってしまいました。

相棒season6第18話のタイトルは「白い声」。放送日は2008年3月12日です。タイトルからだけでは、どんな内容なのか全く想像が付きません。

では、簡単にではありますが、第18話「白い声」のあらすじから書きます。

娘を失った父親が街頭でビラ配りをしています。それは「殺された娘」の情報提供を求めるビラでした。しかしそのような殺人事件の記録はなく、警察は彼女の死を病死と判断しています。右京さんと亀山くんの特命係は、父親から詳しい話を聞き、改めて捜査をすることに。すると彼女は病死ではなく何者かに殺された可能性が浮上し…。

かなりざっくりですけど、だいだいこんな内容です。

今回はかなり手掛かりの少ない事件で、犯人だと思われる人物に辿り着くまで、右京さんもかなりの時間を要した回ではないかと思います。しかしいつもの如く、右京さんが抜群の推理力を発揮し、真相を突き止める形です。

過去にも相棒では被害者遺族がクローズアップされる回が何度かありましたが、今回もそう言った場面がけっこうありました。

そして、被害者遺族の気持ちに心を動かされる亀山くんの姿。見ていてちょっと切なくなるんですよね。

また、変死体の解剖などに関しての、死因究明システムへの問題提起とも取れるような回でもありました。

最後はちょっと悲しい終わり方でしたが、とても内容の濃い第18話でした。

面白かったです。

 

相棒season6第18話のゲスト出演者

今回は、「この人が主役のゲストだ!」と言う人がいない回でした。そこまでメインではないのですが、重要な役割で登場する人が均等に出ている形です。そのようなゲストさんが3名いましたので、一人ずつ紹介して行きます。

山本亘(やまもとせん)

まず、娘を突然の死で失った父親、中津留健吾役で山本亘(やまもとせん)さん。

f:id:inudenchi:20161113105530j:plain

なんとなくどこかで見たことあるかな~と言う俳優さんです。失礼ですみません…。

上杉祥三(うえすぎしょうぞう)

続いて、中津留健吾の娘の変死を当時担当した所轄の刑事、熊沢武明役で上杉祥三(うえすぎしょうぞう)さん。

f:id:inudenchi:20161113105619j:plain

この俳優さんも、ドラマなどでたまにお見掛けする俳優さんですね。失礼ながら僕はお名前は初めて知りましたが。

西川忠志(にしかわただし)

続いて、理工学部の大学生、三田村真司役で西川忠志(にしかわただし)さん。

f:id:inudenchi:20161113105703j:plain

西川きよし、ヘレン夫妻の息子さんです。顔が西川きよしさんによく似てますね~。

 

今回主に登場するのはこの3名になります。それぞれがガッツリ出ているわけではありませんが、均等に重要な役で出ている感じです。

 

死因究明システムへの問題提起

今回は、警察の「死因究明」に関するシステム的なことについて、問題提起するような話でもありました。

f:id:inudenchi:20161113105818j:plain

僕など全然知識がないのですが、亡くなった方がいわゆる「変死体」だった時って、それは全部解剖に回されるものとばかり思っていました。死因がわからないので、死因を特定するために。

しかし実際、変死体の中で解剖に回されるのは、わずが10%らしいんです。

この相棒が放送されたのは2008年ですが、現在の状況は変わっているのかな?と思い調べてみると…

やはりほとんど変わらず、変死体のうち11.1%しか解剖には回されていないとのこと。

残りの約90%も、もちろん何も調べずに終わるわけではないのですが、簡単な検死だったり、外傷などを調べるだけで終わったりもあるみたいなんです。実際のことはそこまで詳しくはわかりませんが…。

僕はこれ、初めて知りました。

東京都の23区では、もう少し詳しく調べることができたりするシステムになっているようですが、それ以外では全ての変死体の死因をそこまで徹底的に究明できないシステムだったりもするようです。

予算の問題なども絡んでいるとのこと。

ですので、中には病死と判断されたもので、実際は殺人だったものとかも…あるんじゃないかなって思っちゃったりしますよね。

相棒のおかげで、そう言った現状を知ることができました。

 

シーズン6第18話その他の見どころ

では、さらに細かい第18話の見どころを、今回は少しだけ。

耳紋(じもん)とは?

今回、「耳紋(じもん)」と言う言葉が登場しました。

これ、その字の通り、耳の跡みたいです。指紋と同じように、一人一人全員違うみたいなんですよ。個人を特定できるものだと。

f:id:inudenchi:20161113110145j:plain

これは実際に捜査などで使われることもあるとか。

初めて知りました。

相棒って勉強になりますね~。笑

大木さん小松さんも特命の部屋で

角田課長はいつも特命の部屋でコーヒーを飲んでいますが、その部下のデコボココンビ、大木さんと小松さんは、滅多に部屋には入って来ません。基本的には覗いているだけなので。笑

その大木さんと小松さんが、角田課長と一緒に特命の部屋でコーヒー飲んでました。笑

f:id:inudenchi:20161113110230j:plain

もしかしたら、初めて登場した場面かもしれないです。

特命の部屋が休憩室みたいになってますね。笑

以上、今日は相棒season6第18話「白い声」についてでした。

 

こちらの相棒記事もおすすめ