相棒が好き過ぎて

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相棒が好き過ぎて

ドラマ相棒が好き過ぎるが故の戯言と悪ふざけ

相棒シーズン7第15話。右京さんの大学時代の先生が登場

【スポンサーリンク】

「密愛」

f:id:inudenchi:20161225105846j:plain

相棒season7第15話のあらすじと感想

本日は、シーズン7第15話についてです。

相棒season7第15話のタイトルは「密愛」。放送日は2009年2月18日です。タイトルからは、不倫なのか禁じられた愛なのか、何かしらそのようなものを連想してしまうタイトルです。

では、第15話「密愛」のあらすじから紹介します。おおまかではありますが。

右京さんが大学時代に教わっていたフランス文学の先生、宇佐美悦子。彼女は一人、長野の山奥にある自宅で暮らしています。そんな彼女に右京さんは呼ばれ、自宅を訪れることに。数日前に、彼女の家で住み込みで働いていた男性が毒物により自殺していて、彼の近親者を探して欲しいと依頼されます。しかし先生の真意は別のところにあり…右京さんは、彼の自殺について疑問を持ち、一人捜査を開始します。果たして真実は?

ざっとではありますが、こんな感じの内容です。

今回はかなり面白かったです。数ある相棒作品の中でも、名作の部類に入るのではないかと僕は思うくらい、クオリティが高い内容でした。

また、今回は右京さんと先生の二人の会話を中心にストーリーが展開して行く流れで、伊丹さんたち捜査一課も米沢さんも一切出て来ないと言う、なかなか珍しいパターンでもありました。

最後は悲しい結末が待っていて、ちょっと胸が詰まるような想いになってしまいました。泣きそうになっちゃいました。隣で一緒に見ていた嫁は泣いてましたね。

切ない気持が残る印象的な内容でした。

そして、めちゃめちゃ面白かったです!!

 

相棒season7第15話のゲスト出演者

それでは次に、第15話にメインで登場したゲストさんを紹介します。今回主に登場したゲストさんは一名のみです。

岸惠子(きしけいこ)

大学時代、右京さんにフランス文学を教えていた先生である、宇佐美悦子役で岸惠子(きしけいこ)さん。

f:id:inudenchi:20161225110146j:plain

岸惠子さんは現在(2017年)84歳で、この相棒出演時も77歳くらいだったかと思うのですが、とてもお綺麗ですね。相棒では右京さんの大学時代の先生で、現在はフランス文学の翻訳家をしている設定でした。

岸惠子さんは実際にフランス語が堪能で、現在もフランスにお住まいのようです。ぴったりの役ですね。

今回はこの岸惠子さん演じる宇佐美悦子と、右京さんの会話を中心にストリーは展開して行きます。ですので主なゲストさんも岸惠子さんのみです。

 

他には、回想シーンではありますが、毒物により死亡した榊敏郎役で、国広富之(くにひろとみゆき)さんがちょいメインで出演しています。

 

右京さんの大学時代の先生

今回は、右京さんの大学時代の先生が登場しました。

当時フランス文学の講義を受け持っていた、岸惠子さん演じる宇佐美悦子です。学生時代の右京さんをよく知る人物です。

右京さんの学生時代ってあまり語られることがありませんので、なかなか貴重です。

この先生、なかなか厳しかったようで、右京さんが唯一単位を落としたのが、この先生のフランス文学だったみたいです。

右京さんは先生の採点に納得がいかず、よく抗議をしていたようで、かなり面倒な生徒だったって言ってますね。笑

それでも右京さんの抗議が楽しくて、この先生にとって印象に残る生徒だったようですね。右京さんに対して独り言で「かわいいい子」と言ってる場面もありました。右京さんが「可愛い」だなんて言われること滅多にないですからね。笑

先生は当時から美人で、学生たちの憧れの的だったみたいです。

f:id:inudenchi:20161225110406j:plain

しかし生涯独身を貫いて、現在は長野の山奥の別荘のような家で、一人で暮らしています。フランス文学の翻訳家として。

そこに右京さんが呼ばれたわけです。

f:id:inudenchi:20161225110458j:plain

そして、先生が右京さんを呼んだのには、これまた深い理由があるんですよ。

とても切ない物語があって、僕も最後は胸が詰まる想いでした。

右京さんの推理で真相がわかるのですが、一点だけその推理に誤りがあったようで…

先生は右京さんに「男女の愛に関しては落第」だと言ってます。笑

その他の推理は完璧だったみたいですけどね。たまきさんにも以前同じようなこと右京さん言われてましたけどね。笑

とても切ない物語でした。

 

シーズン7第15話その他の見どころ

それでは今回も、その他の細かい見どころを挙げてみます。今回は一つだけ。

フランス語が得意ではない右京さん

過去にも相棒では、何度かフランス語が登場する場面がありました。ワインのラベル(エチケット)とかのちょっとしたシーンではありますが。

それらの場面から、右京さんはフランス語も堪能なのでは?と僕は思っていました。

右京さんは英語がペラペラですし、ドイツ語とかももしかしたら喋れるかもしれません。そしてフランス語も。

f:id:inudenchi:20161225110622j:plain

しかし今回、右京さんはあまりフランス語が得意ではないと言うことが判明したんです。

難しい言い回しとかを先生に訳すように振られて、応えられない場面とかありましたので。

しかし、得意ではない、と言っても、おそらくそれなりには読めたり喋れたりはします。あくまでも「そこまで得意ではない」と言う感じではないかと。簡単な会話とかは余裕でできちゃいそうな感じでしたので。

やっぱり右京さんは凄いです。

以上、今日は相棒season7第15話「密愛」についてでした。

 

こちらの相棒記事もおすすめ