相棒が好き過ぎて

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相棒が好き過ぎて

ドラマ相棒が好き過ぎるが故の戯言と悪ふざけ

相棒シーズン7第17話。黒川芽以が右京さんの相棒に!

【スポンサーリンク】

「天才たちの最期」

f:id:inudenchi:20161226114314j:plain

相棒season7第17話のあらすじと感想

本日は、シーズン7第17話についてです。

相棒season7第17話のタイトルは「天才たちの最期」。放送日は2009年3月4日です。どのような天才たちが登場し、どのような最期を遂げるのか気になるところです。

それではまず、ざっくりですが第17話「天才たちの最期」のあらすじから。

天才詩人と言われた男性が、詩の朗読会の最中に、毒を飲み死亡します。捜査一課は自殺と判断しますが、それに疑問を持った雑誌の編集者が警視庁を訪れます。そして右京さんと共に改めて彼の死について検証を行うことに。そんな中、7年前にも同じく朗読会中に服毒自殺をした天才詩人がいたことが明らかに。果たして詩人の死は自殺なのか他殺なのか?7年前の自殺と関係があるのか?右京さんが真相を突き止めます。

おおまかですが、こんな感じの内容になります。

7年前と現在。天才と言われた二人の詩人の死について、右京さんが真相を暴いて行く流れです。

今回もやっぱり面白かったです!

亀山くんは卒業してしまいましたが、毎回右京さんが誰かしらと行動を共にして捜査するパターンは面白いですね。今回は雑誌の編集者である女性が、右京さんの相棒的な感じになってました。そこまでがっつりではありませんが。

そして、相棒では画家、小説家、俳優、などなど、芸術家が重要人物として登場する回がけっこうありますが、今回は初めて「詩人」が登場しました。

詩の盗作」と言うのが大きな鍵になっている事件で、7年前に自殺した天才詩人が…とても可哀そうでした。

ちょっと悲しい物語でもありましたが、存分に楽しめる第17話でした。

 

相棒season7第17話のゲスト出演者

それでは次に、第17話に主に登場したゲストさんを紹介します。

黒川芽以(くろかわめい)

死亡した詩人の担当編集者だった女性、柘植瑛子役で黒川芽以(くろかわめい)さん。

f:id:inudenchi:20161226114618j:plain

今回はこの黒川芽以さん演じる編集者が、詩人の自殺と言う判断に疑問を持ち、右京さんと共に捜査をする感じです。一番メインのゲストさんですね。

三浦涼介(みうらりょうすけ)

続いて、詩の朗読会の最中に毒を飲んで死亡した詩人、安原慎一役で三浦涼介(みうらりょうすけ)さん。

f:id:inudenchi:20161226114702j:plain

そこまで登場シーンは多くはありませんが、この三浦涼介さん演じる天才詩人の死から始まり、事件が展開して行きます。

 

今回主に登場するゲストさんはこの2名でしょうか。

他には、7年前に自殺した天才詩人の役で清水美那(しみずみな)さん、出版社の社長役で三上市朗(みかみいちろう)さん、大学教授の役で中島久之(なかじまひさゆき)さん、詩壇の重鎮の役で西沢利明(にしざわとしあき)さんが、ちょいメインな感じで出演しています。

 

黒川芽以が右京さんの相棒に

亀山くんが特命係を去ってから、右京さんは完全に一人で事件を解決することもあれば、誰かしらが相棒となり、一緒に捜査して事件を解決することも。

これまでには、田畑智子さん演じる法務省から出向した姉川聖子や、米沢さん、芹沢さんが右京さんと行動を共にする回がありました。

そして今回は、黒川芽以さんが右京さんの相棒です。

f:id:inudenchi:20161226114827j:plain

僕は失礼ながら、この黒川芽以さんと言う女優さんをあまり知らなかったのですが、ドラマや映画などでかなりご活躍されている方なんですね。

今回この黒川芽以さんは、出版社の編集者と言う役です。

警察関係者でもなく、法務省とかの関係者でもない、完全に一般枠からの参加です。笑

こんなパターンもあるんですね。

この回はシーズン7の第17話ですので、あと少しで神戸尊が登場します。

ですので右京さんの相棒が誰もいないと言う期間は残りわずかですし、とても貴重です。

右京さんの相棒として、色々な人が代わりばんこで登場するの、けっこう楽しいですからね。笑

たまにはこんな相棒もありだな~と、改めて思ってしまいました。

亀山くんが卒業してしまったのは淋しいですけどね。

 

シーズン7第17話その他の見どころ

それでは今回も、さらに細かい見どころを挙げてみます。今回は一つだけ。

詩の朗読会

事件の舞台となったのは、詩の朗読会が開かれていた会場です。

演劇の舞台のような感じで、朗読会が行われています。

f:id:inudenchi:20161226114943j:plain

僕は今まで詩の朗読会なるものには、一度も行ったことはありません。

独特の雰囲気がありそうで、少しだけ興味はありますね。一度でいいから行ってみたい気もします。

寝てしまいそうで恐ろしいですが…苦。

以上、今日は相棒season7第17話「天才たちの最期」についてでした。

 

こちらの相棒記事もおすすめ