相棒が好き過ぎて

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相棒が好き過ぎて

ドラマ相棒が好き過ぎるが故の戯言と悪ふざけ

相棒シーズン7第7話。検死官の資格も持つ杉下右京。

【スポンサーリンク】

「最後の砦」

f:id:inudenchi:20161213104800j:plain

相棒season7第7話のあらすじと感想

本日は、シーズン7第7話についてです。

相棒season7第7話のタイトルは「最後の砦」。放送日は2008年12月3日です。どのような最後の砦なのか、全く想像がつきません。

では、簡単にではありますが、第7話「最後の砦」のあらすじから紹介します。

スクーターに乗った男が女性を切りつける連続通り魔事件が発生し、容疑者として浮上した男の取り調べが所轄署で行われます。しかし、強引な取り調べの際中に、容疑者の男性が死亡すると言う事態に。そして特命係もこの事件の捜査を開始することに。強引な取り調べや暴力行為があったことを隠蔽したい警察。一方真実を暴こうとする右京さん。果たして真相は明るみになるのか?それとも?

かなりざっくりではありますが、だいたいこんな流れです。

今回はかなり面白かったですね。

真犯人のくだりは、ちょっと強引な部分もありはしたのですが、それ以外は全体的にクオリティが高かったかと思います。偉そうにすみませんが…苦。

警察の隠蔽vs特命係と言う構図は、相棒でも度々出てきます。このパターンの時って、けっこう面白い回が多いんですよね。

強引な取り調べが問題になるケースは過去の相棒でもありましたが、今回は最後は遺恨が残るような終わり方ではありました。

あとは、亀山くんと右京さんの関係が、少しだけギクシャクと言うか、すれ違ってしまう場面も。

小野田さんや大河内さんも登場して、色々な人の思惑が交錯していたような感じです。

とても中身の濃い第7話でした。

 

相棒season7第7話のゲスト出演者

それでは次に、第7話にメインで登場したゲストさんを紹介します。

金山一彦(かなやまかずひこ)

まず、強引な取り調べをした所轄の刑事、野村修司役で金山一彦(かなやまかずひこ)さん。

f:id:inudenchi:20161213105240j:plain

ふなっしー大好きな大渕愛子弁護士の旦那さんですね。金山一彦さん、大渕弁護士と結婚する前は、芳本美代子さんと結婚してたんですね。知らなかったです。

鈴木浩介(すずきこうすけ)

続いて、金山一彦さん演じる野村修司が勤務する所轄で、取り調べ監督官をしている、下柳努役で鈴木浩介(すずきこうすけ)さん。

f:id:inudenchi:20161213105312j:plain

ドラマや映画などでよくお見掛けする俳優さんですね。失礼ながらお名前は初めて知りました。映画「LIAR GAME」でおかっぱ頭の個性的なキャラで出てたのを思い出しました。

 

今回主に登場するゲストさんは、この2名でしょうか。一番のメインは金山一彦さんです。

 

「強いですね右京さんは…そして正しい」

警察の隠蔽を暴こうとする右京さん。

それが結果的に一人の警察官を追いつめることになり、彼は自殺してしまうんです。

そんな状況に直面した右京さんと亀山くんですが、右京さんは動じません。

一方亀山くんは揺れてしまうんです。

過去にも同じような事件で、亀山くんの気持ちが揺れることは何度かありました。しかしその度に亀山くんは決意をして右京さんについて行きました。

シーズン3第13話「警官殺し~銃に残された赤い指紋」の時には、右京さんが「真実を明るみに出すことは、大きな覚悟を伴う」と亀山くんに言い、亀山くんの覚悟を問う場面もありました。

今回、あくまでも警察の隠蔽を暴こうと捜査を続ける右京さんに対し、亀山くんが…

強いですね右京さんは…そして正しい

そんな言葉を投げかけます。

f:id:inudenchi:20161213105435j:plain

右京さんの信念と、情に揺れてしまう亀山くん。この二人の気持ちが複雑に交錯しているようで、ちょっと切なくなるような場面でした。

別の場面では、右京さんが強引な取り調べをした刑事に対し、「大きな権限を持つ者は、同時に大きな責任も持っている。」と諭すような場面も。

それを聞いていた亀山くん、結果的には右京さんについて捜査を続けます。

右京さんの絶対的な正義について行く形でした。

右京さんの正義と亀山くんの正義。

ドラマの最後では相棒のテーマ曲が流れ、二人の背中が映し出されていたのですが…

f:id:inudenchi:20161213105510j:plain

なんだか亀山くんの卒業を予感させるような終わり方で、見ていてちょっと淋しい気持ちになってしまいました。

 

取り調べ監督官とは?

今回、「取り調べ監督官」と言うのが出てきました。

これは、強引な取り調べなどを防止するために、取り調べを監視する人みたいです。

取り調べの可視化などが度々議論などにもなっているかと思いますが、可視化が導入される前に、この「取り調べ監督官」と言うのが考案されたようなんです。

僕はこれは全く知りませんでした。

担当するのは警察官です。

現在これがどの程度実際に行われているのかはちょっとわからなかったのですが…。

現実の世界でも、強引な取り調べや自白の強要などが度々問題になって取り上げられたりしていますので、その対策は進めて欲しいですね。僕は幸い、まだ警察の取り調べと言うものを受けたことがありませんが、もしそのような事態になった際には、優しく取り調べて欲しいです。笑

あと、取り調べは一日8時間と言うのが規則になっているらしいです。これも初めて知りました。8時間を超えての取り調べは規則違反になるみたいです。

 

検死官の資格も持つ右京さん

今回初めて明らかになったことがあります。

なんと右京さん「検死官」の資格も持ってるみたいなんですよ!

実際に右京さん検死もしています。

f:id:inudenchi:20161213105821j:plain

今までの相棒では、検死が必要な場面とかでも、右京さん検死してなかったんですけどね…笑。

ですので、もしかしたらごく最近検死官の資格を取ったのかもしれないですね。笑

そして、実際に刑事が検死官の資格を取れるものなのか?と思い調べてみたんです。

ウィキペディアによりますと、その資格と言うのは以下になります。

警視庁・道府県警察本部刑事部の捜査第一課あるいは鑑識課に所属している。警察大学校において法医学を修了した警部または警視の階級を有する者が刑事部長によって指名される。

らしいです。右京さんは捜査一課でも鑑識でもありませんが、おそらく特命係でもOKなんでしょうね。

今後も右京さんが検死する場面を楽しみにしたいと思います。

 

シーズン7第7話その他の見どころ

それでは、さらに細かい第7話の見どころを二つほど挙げてみます。

怒る伊丹さん

今回は伊丹さんが熱かったです。

強引な取り調べをした警察官や、それを隠蔽しようとした上層部に対して、怒ってます。納得がいかないんです。

そして、「抵抗しても無駄」と言う姿勢の三浦さんと少し対立する場面もありました。

f:id:inudenchi:20161213105929j:plain

今までそのようなことはありませんでしたので、初めてです。三浦さんとの間に少し溝ができた感じで、この先が心配になってしまいます。

伊丹さん一人で闘おうとしていて、この辺りは特命係とも通じる部分がありますよね。伊丹さんは真っ直ぐで熱い男ですからね。

伊丹さんかっこ良かったです。

あと、大河内さんと内村さんも、同じような図式で対立する場面もありましたね。

隠蔽したい側と明らかにしたい側の対立が目立った回でした。

右京さん小野田さんとお好み焼き

右京さんと小野田官房長の食事シーンで、お好み焼きが初登場です!

f:id:inudenchi:20161213110016j:plain

二人でお好み焼き食べてますね。笑

いつも思うんですけど、二人で食事する際の場所って、やっぱり小野田さんが指定してるんですかね?多分そうじゃないかとは思うんですけどね。

小野田さんがその時食べたいものがあるお店に、右京さんを呼び出してるんでしょうか。笑

以上、今日は相棒season7第7話「最後の砦」についてでした。

 

こちらの相棒記事もおすすめ