相棒が好き過ぎて

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相棒が好き過ぎて

ドラマ相棒が好き過ぎるが故の戯言と悪ふざけ

相棒シーズン9第8話。派遣切りにあった男の悲惨な末路。

【スポンサーリンク】

「ボーダーライン」

f:id:inudenchi:20170228101732j:plain

相棒season9第8話のあらすじと感想

本日は、シーズン9第8話についてです。

相棒season9第8話のタイトルは「ボーダーライン」。放送日は2010年12月15日です。ボーダーラインとは直訳すると境界線のことですが、どのような境界線がテーマになってくるのでしょうか。

それではまず、第8話「ボーダーライン」のおおまかなあらすじから紹介します。

ビルの屋上から転落死したと思われる男性の遺体が発見されます。腕には刃物による傷があり、誰かと争って転落した可能性が高い事件です。右京さんと神戸くんも捜査を開始し、所持品から判明した身元を頼りに彼の生前の住所に向かいますが…そこは既に引っ越した後で、彼の痕跡はありません。また、彼の胃の内容物から、死の数時間前に謎の組み合わせの食事をとっていることも判明します。そして所持品には謎の三本の鍵も。果たして彼は何者なのか?食事と鍵の謎は解けるのか?特命係が真相を究明します。

ざっとにはなりますが、だいたいこんな感じのストーリーです。

今回もとても面白かったのですが、面白さよりも、切なさとか悲しさとか、なんだかそう言った気持ちが強く残ってしまう内容でした。

見ていて僕はとても辛くなってしまって…。

右京さんと神戸くんが、死亡した男性の足取りを追う流れなんですけど、それはもちろん面白いんですよ。以前に林泰文さんが演じている、記憶喪失になった男性の記憶を辿る話があったのですが、ちょっとそれを思い出してしまいました。

その流れは面白いのですが、内容がなかなか辛いです。

貧困に苦しむ男性が、どんどん追い込まれていく様子がけっこうリアルに描かれているんです。

演じている俳優さんも、ものすごく切羽詰まった感じがとても上手で、僕もついつい感情移入をしてしまい、力が入ってしまいましたよ。汗

絶望」と言う言葉が何度か出てきましたが、まさに「絶望」をリアルに表現したストーリーだったかと思います。

辛くなってしまう内容ではありましたが、そう言った部分も含め、良くできた内容でした。偉そうにすみませんが…笑。

貧困や生活保護などへの問題提起も含まれていた回でしたね。

とても印象に残る第8話でした。

 

相棒season9第8話のゲスト出演者

それでは次に、第8話に主に登場したゲストさんを紹介します。今回は一名のみです。

山本浩司(やまもとひろし)

転落死体となって発見された男性、柴田貴史役で山本浩司(やまもとひろし)さん。

f:id:inudenchi:20170228102017j:plain

映画やドラマなどでたまにお見掛けする俳優さんです。失礼ながら僕はお名前を初めて知りました。真っ先にミスター赤ヘルを思い浮かべてしまいましたが…笑。読み方が違いました。ウィキペディアを見たところ、俳優だけではなく自身で映画監督もされている方でした。

今回の相棒では、生前の回想シーンとしての登場ではあるのですが、切羽詰まった感じが見事で、引き込まれてしまいました。かなり印象に残りましたね。

今回メインで登場するゲストさんは、この山本浩司さん一名のみになります。

 

貧困への問題提起

特命係の捜査により、遺体となって発見された男性は、生前貧困に苦しんでいたことが明らかになります。

派遣社員として真面目に働き、そこで正社員として雇ってもらえるはずが…解雇されてしまうんです。そこから紹介された会社でも、騙されたうえに、思うように収入を得ることもできず、またもや解雇。

さらには勉強して資格を得たにも関わらず、実務経験がないと言う理由でそれを生かすことすらできません。

婚約者にも見切りをつけられ、兄弟にも助けてもらえず…彼はどんどん追い込まれて行くんです。

ついには生活保護の申請を行おうとするのですが、職員の怠慢によりそれすらも叶いません。

追い詰められた彼は犯罪の片棒を担ぐことになるのですが、それすらも思うように収入を得ることができず…。

完全に追い詰められてしまいます。

f:id:inudenchi:20170228102150j:plain

僕は彼の追い詰められる様子を見ていて、とても辛くなりました。

同時に、人ごとではないな~とも思ってしまいました。

僕は現在40過ぎのおっさんではありますが、常にお金に余裕はありません。笑

今まで正社員として働いた経験も一度もなく、完全にダメな大人の部類に入る人間ですので。笑

それでも気楽に生きてはこれているので、なんとかなってはいるのですが。

これがなんとかならなくなったらと思うと…恐ろしいです。

僕は若い頃には本当にお金がない時期もあって、借金を抱えたこともあります。武富士とかアイフルに。笑

家の電気や水道を止められたこともありますし。

ですので、お金のない辛さと言うのはよ~くわかるんですよね。

ですので今回の相棒で出てきた男性にも、感情移入をかなりしてしまいました。

彼は追い詰められてしまい、最後は悲しい結末になってしまったわけですが…。

右京さんが「手を差し出す勇気」と言っていました。助けられる側も、助ける側も、どちらかに手を差し出す勇気があれば、きっと別の道もあったんじゃないかな~と。

僕もそう思います。もし彼がどこかで誰かにもっと助けを求めることができたら。また、誰かが彼を助けようと手を差し伸べてくれたら。

そしたらきっと違う結果になっていたと思います。

一番切ない結末になってしまったので…。

僕は現在、お金にそんなに余裕こそありませんが、それなりに生活はできています。豪勢で優雅な暮らしには程遠いですけどね。笑

それでもたまには美味しいものを食べたり、旅行に行ったりもします。

それだけでも贅沢なことだな~とは思ってしまうんですけどね。

実際に、その日生きていく食べ物にも困っている人もいると思います。

一方で、とても裕福な暮らしをしてい人もいます。

格差社会、とよく言われたりしますが、どうにかお金って、もっとうまく回らないものでしょうかね…。

本当に貧困に苦しむ人たちを救える方法。

そんなことについて、考えさせられる内容でもありました。

 

シーズン9第8話その他の見どころ

なんだか今回のレビューは、ちょっと重たい感じになってしまいましたが…笑。

いつも通り、さらに細かい第8話の見どころをいくつか挙げてみたいと思います。

スカイツリーが登場

相棒で東京タワーが映るシーンは、たまに出てきます。

僕も何度か目にした記憶があります。

そして今回、東京タワーではなく、東京スカイツリーが映ってました!

f:id:inudenchi:20170228102409j:plain

僕が認識している限りでは、スカイツリーが映ったのはこれが初めてではないかと思います。

うっかり見逃している可能性もありますので…その際にはお手数ですが、どなたかご指摘頂けますと助かります。汗

スカイツリーが開業したのは2012年5月とのこと。

相棒のこの回が放送されたのが、2010年12月ですので、その頃にはまだ開業はしていませんが、既にかなり出来上がっていたと言うことですね。

今後の相棒では、東京タワーではなく、スカイツリーが映るシーンが多くなるかもしれませんね。

その辺り、注意して見て行こうと思っています。

特命係と捜査一課トリオ

聞き込みに訪れる先々で鉢合わせる特命と一課トリオ。

これはいつものことではあるのですが、今回は情報交換とかもしてます。

決して仲が良いわけではないですけど、仲が良さそうに見えてしまいました。笑

f:id:inudenchi:20170228102458j:plain

特命の二人と一課トリオが、こんなふうに外で5人で話す場面って意外と珍しいんじゃないかな~と思い、載せてみました。

5人揃うとなかなかいい絵ですね。

組対5課からのアングル

かなりどうでも良い見どころかもしれませんが…。

組対5課の大木さん、小松さん越しの特命の部屋です。

f:id:inudenchi:20170228102517j:plain

このアングルって、今までありましたっけ?

珍しいな、と思ってしまいましたので、もしかしたら初のアングルかもしれません。

だから何だと言われたら、返す言葉もございませんが。汗

以上、今日は相棒season9第8話「ボーダーライン」についてでした。

 

こちらの相棒記事もおすすめ