相棒が好き過ぎて

相棒が好き過ぎて

ドラマ相棒が好き過ぎるが故の戯言と悪ふざけ

大杉漣さんの代役は杉本哲太さん。相棒の副総監役で。


【スポンサーリンク】

f:id:inudenchi:20180302184001j:plain

衣笠副総監は外せない存在

2月21日に大杉漣さんが急性心不全で急死されました。

大杉漣さんは相棒でも副総監という重要な役で現在進行形で出演されていましたので、急死により今後の相棒がどうなってしまうのか、気になるところではありました。

大杉さん演じる衣笠副総監は、右京さんと対立する権力のある人物で、最近の相棒では「ラスボス」的な存在でもあったかと思います。

これに石坂浩二さん演じる甲斐峯秋との権力闘争、浅利陽介さん演じる青木年男との特命係潰しなども絡んできてまして、今後の相棒でもその動向が注目される存在でした。

さらには副総監の妻や娘も登場し、この家族が右京さんと副総監の関係に何かしら変化を与える可能性もあるのでは?という伏線かと思われるものも。

そんな大事な役でしたので、大杉漣さんの急死というのは、相棒ファンにとっても大きな訃報でした。

大杉漣さんが亡くなられたこと自体残念でなりませんが…やはり相棒での副総監がいったいどうなってしまうのか?と考えずにはいられませんでした。

そしておそらく相棒ファン以上に、制作サイドは相当大変だったのではないかとも思われます。実際、相棒の今後について協議中だというニュースも流れていました。

そんな中、3月2日に、大杉漣さんが演じてた副総監に代役が立てられることが発表されました。

 

代役という選択

僕は先日、大杉漣さんの急死に伴い、今後の相棒がどうなるのか?という記事を書かせて頂きました。

この中でも書かせて頂いたのですが、副総監の今後についてはいくつかの選択肢があったかと思います。

  1. 副総監の急死
  2. 副総監に一切触れなくなる
  3. 代役を立てる

一視聴者に過ぎない僕は、実際の現場の状況などを当然ながら全く知りませんので、完全な素人考えでの選択肢だという点はご了承頂ければと思います。

現場の状況などにより、選択肢はもっと限られていた可能性もじゅうぶん考えられますので。

まず、1の「副総監の急死」は、大杉漣さん同様に、相棒の中でも衣笠副総監が急死したという設定にする選択です。

「大杉漣さん=副総監」というイメージはかなり強く定着しているかと思いますので、今後の相棒に大杉漣さんが出演できないとなると、副総監も急死という設定にしてしまうのが、一番自然ではあります。

そのために新たな一話が必要になる場合もあるでしょうし、今後用意されていたであろう、副総監に関わる全てのストーリーがお蔵入りしてしまうことにはなりますが、「ドラマ内でも急死」という線も、一つの選択肢として濃厚だった可能性もあります。


次に、2の「副総監に一切触れなくなる」という選択です。これは何の説明もなく副総監の登場がなくなり、これまでの特命係や甲斐峯秋、青木年男などとの関係も、一切なかったことにするという対処法です。

衣笠副総監の重要性を考えるとかなり不自然ではありますし、1と同様に今後用意されていたであろう副総監のストーリーはお蔵入りになりますが、一つの選択肢ではあったかと思います。


そして3つめが、「代役」という方法です。

実際に制作サイドは、この代役という選択をしました。

つまり、「衣笠副総監」は「今後の相棒にとってなくてはならない存在」ということを表しているかとも思います。

衣笠副総監=大杉漣さんというイメージがかなり定着しているにも関わらず、代役を立ててその存在を継続させることになりますからね。

衣笠副総監という存在を継続させることで、これまでの特命係との対立や、今後用意されていたであろう様々な展開も全て支障なく継続できますので、ある意味では一番鉄板な選択ではあるかと思います。

また、もちろん現在のシーズン16の撮影との兼ね合いなどもあったかと思います。

これまで大杉蓮さんが演じていた副総監が、急に別の俳優さんに代わることになるので、もちろん最初は違和感があるのが当然かもしれませんが、これは代役の常でもあります。

きっと違和感があるのは最初だけで、すぐに馴染んでしまうのでは、とも思います。

代役が発表されたのは、大杉蓮さんの訃報から10日後です。この間、制作に関わる多くの人が協議を重ね、代役という結論に達したんだと思います。

 

代役は杉本哲太さん

大杉漣さんに代わり衣笠副総監を演じるのは、杉本哲太(すぎもとてった)さんです。

f:id:inudenchi:20180302184708j:plain
(画像出典:eiga.k-img.com)

大杉漣さんも、この杉本哲太さんも、とってもかっこいい俳優さんですし、僕は個人的にすごく好きです。

二人ともアウトレイジにも出ていますし(共演はしていませんが)、こわもてな役もかっこいいです。

大杉蓮さんと杉本哲太さんは過去に数回共演もしていらっしゃるようです。

また、杉本哲太さんは過去にも一度別の役で相棒にはゲスト出演されています。シーズン5の元日スペシャル「バベルの塔」です。

「バベルの塔」は相棒の中でも名作といわれているものの一つで、僕も大好きな話です。杉本哲太さんは、その時もとっても素敵な役で出演されていました。

大杉蓮さんもかつては一度別の役で相棒に出演され、副総監となって再登場しました。杉本哲太さんも、全く同じパターンということになります。大杉漣さんの代役依頼も快諾されたとのこと。

大杉蓮さんの訃報は本当に残念でなりませんが、代役が杉本哲太さんだと聞いて、それを楽しみに思う自分もいます。杉本哲太さんなら、副総監役も似合うんじゃないかな~と。大杉漣さんの副総監が見られなくのは寂しくてたまりませんが、杉本哲太さんの副総監が早く見てみたい気持ちもあるんです。薄情な意見だと思われてしまうかもしれませんが…。

大杉蓮さんの想いというのはわかりませんが、もしかしたらドラマ内でも急死する設定よりは、その役を誰かが引き継いで行くという形の方が、本人も喜ぶんじゃないかな~などと勝手に思ったりもしてしまいます。

そして、杉本哲太さんなら、きっと大杉漣さんも喜んでいるんじゃないかな~とも。

大杉漣さんが、天国でそんなふうに思ってくれてたらいいですね。

 

杉本哲太さんはいつから登場?

代役が杉本哲太さんになったというニュースは、相棒ファンとしては衣笠副総監に関する不安が一つ解消されたということにはなりますが、次に気になるのは「杉本哲太さんはいつから副総監で登場するのか?」という点です。

現在、相棒シーズン16は放送の真っ最中でして、3月7日(水)と3月14日(水)のあと2話を残している状態です。

3月14日は最終話のスペシャルになりますし、加賀まりこさんが極妻で登場というニュースもありました。

当然、最終話には衣笠副総監も登場すると思われます。

そして気になる杉本哲太さんの登場は、この3月14日(水)放送の最終話スペシャルからとのことです!!最終話スペシャルは20時からの放送です。

大杉蓮さんにて一部撮影は終わっていたようですが、台本や設定をそのままに、最終話では杉本哲太さんが副総監を演じるという形になるようです。

逆に言えば、大杉蓮さんで撮り終えていないものが多かったということかと思います。

大杉蓮さんが亡くなったというニュースが流れたとき、一視聴者である僕には最終話まで撮影が終わっているのかどうかわからなかったのですが、終わっていなかったんですね。

おそらく撮り終えている部分もそれなりにはあったのだと思いますが、そのような状況で重要な出演者が亡くなるという事態…。そう考えますと、代役という選択しか取れなかったのかもしれません。

もしかしたら最終話で大杉漣さんの姿をもう一度見られるかも!と少し期待してた部分も僕はあったのですが、それが叶わないことは残念ではありますが。

シーズン16がオールアップしたのは、昨日の3月1日のようですので、杉本哲太さんでの副総監シーンも全て撮り終えた後での、代役発表のニュースだったことになりますね。

杉本哲太さんの副総監ですが、この最終話のみでの代役ではなく、おそらく今後も引き継いでいく形かと思われます。

副総監に関わる色々な問題など、今回の最終話で全て解決するわけがありませんので、次のシーズン17にも続いていくのではないかと。

メインキャストの代役という、相棒史上初めての事態にはなりますが、それを楽しんで見たいと思います。

大杉漣さんのご冥福を心よりお祈りすると同時に、杉本哲太さんの副総監、楽しみにしています。

(記事トップ画像出典:tv-asahi.co.jp)

 

こちらの相棒記事もおすすめ