相棒が好き過ぎて

ドラマ相棒が好き過ぎるが故の戯言と悪ふざけ

2020年2月の相棒再放送スケジュール一覧【関西版】


2020年2月の相棒再放送スケジュール(関西・近畿)

こちらは関西・近畿地域(大阪・京都・奈良・兵庫・滋賀・和歌山)の相棒再放送になります。放送局は朝日放送です。

関東地域は【こちら】、BS朝日は【こちら】で2月の再放送スケジュールをアップしています。その他の地域に関しては、各都道府県放送局の番組表をご覧ください。

関西での2月最初の相棒再放送は、2月3日(月)の14:55~になります。シーズン5第7話『剣聖』からの放送になります。

(※放送日程がわかり次第更新しています。スケジュールは急遽変更になる場合もございます。また、地域によって放送時間が違ったり、放送されない場合もございますのでご注意ください。)

 

2月3日(月)14:55~15:50

相棒season5 第7話『剣聖』

f:id:inudenchi:20200127084846j:plain

剣道の達人・吾妻源一郎が真剣で真正面から斬られ殺害された。道場の師範代・桂木ふみら関係者の話では、吾妻とまともに斬り合って勝てる者などいないという。現場写真をじっくりと見ていた右京は、どこか不自然な感覚を抑えきれない。そんな中、道場の名誉顧問でもある関正人と吾妻が果たし合いを行う約束をした覚書が見つかった。その関がおびただしい返り血を浴びた胴衣姿で発見され、自ら吾妻を斬ってしまったと罪を認めるが…

 

2月4日(火)14:55~15:50

相棒season5 第8話『赤いリボンと刑事』

f:id:inudenchi:20200128184324j:plain

時効間近の橘町事件の犯人と思われる男が、ラジオ番組でその罪を告白した。男は15年前の事件現場におり、犯人しか知りえない事実をべらべらと並べ立てる。偶然、ラジオを聴いていた右京と薫は事件現場に急行。しかし、すでに男は逃げ去ったらしく、やはり犯人しか知りえない凶器の赤いリボンだけが残されていた。事件は15年前、橘町のとあるマンションの屋上で当時女子大生の智世が、何者かに赤いリボンで絞殺されたというものだった。15年前から事件を追い続け、最近病に倒れて入院した高岡刑事から事情を聞く右京と薫だったが、自分の代わりに犯人をあげて欲しいと懇願される。

 

2月5日(水)14:55~15:50

相棒season5 第9話『殺人ワインセラー』

f:id:inudenchi:20200129181848j:plain

街金の社長・石場が殺害された。後頭部の傷から赤レンガの粉が発見されたことから、右京と薫は石場と付き合いがあったワイン評論家・藤巻の店へ。そのレンガ造りのワインセラーには高級ワインがズラリと並んでいる。店は大赤字と自嘲気味に笑う藤巻。どうやら購入資金を街金の石場から借りた可能性が高い。街金の社員の話では、生前石場は藤巻と仲が良かったらしいが、ワインの選択で藤巻が石場を馬鹿にすることがあったという。以来、2人は疎遠になったらしいが、それでも石場は裏帳簿まで作り藤巻に金を貸していた可能性がある。さ

 

2月6日(木)14:55~15:50

相棒season5 第10話『名探偵登場』

f:id:inudenchi:20200130125500j:plain

美大生の三橋弘也が左胸を刃物で刺され、殺害された。右京と薫は“三橋の居場所を調査する不思議な中年男がいた"という情報を入手。その特徴から私立探偵と推理した右京は、男の正体が矢木という探偵小説好きの冴えない中年探偵であることをつかむ。矢木は30代半ばの女性から、ある男を探して欲しいと依頼されたと証言。そして、素直に情報を提供したかわりに、捜査に加えて欲しいと言い出す。右京は矢木の願いを聞き入れるが…

 

2月7日(金)14:55~15:50

相棒season5 第12話『狼の行方』

f:id:inudenchi:20200131182448j:plain

雄一と亮司という2人の少年が何者かに誘拐された。が、右京と薫は粗大ゴミ置き場で眠る2人を偶然発見する。雄一らによると、見知らぬ男にゴミ置き場の中に閉じこめられたというが、犯人像が今一つはっきりしない。伊丹ら捜査一課は、現場周辺をうろついていた不審者・神崎を拘束する。雄一らも神崎が犯人と証言するが、神崎は黙秘。物的証拠もなく釈放する。それでも神崎をマークしていた伊丹らは、神崎が美紀という元カノに無理やり言い寄ったところを別件で逮捕する。右京と薫は美紀から事情を聞くが、神崎のストーカー行為に悩まされていた美紀は、誘拐事件があった当日、神崎を呼び出して抗議していたという。ということは神崎のアリバイが実証され、神崎は無実ということになるが…。

 

2月10日(月)14:55~15:50

相棒season5 第13話『Wの悲喜劇』

f:id:inudenchi:20200203154243j:plain

薫のマンションの隣室に住む欣司の妻・麗子がトイレで変死体となって発見された。折しも薫宅では右京らが集まって美和子の新作料理を味わっていたところ。さっそく現場で調べるが、まるまる太った麗子はトイレにすわった際に便座を壊してしまい、便器にすっぽりとはまってしまった。夫・欣司が海外出張中のため、誰にも助けてもらえず、そのまま餓死したらしい。なんとも不幸な事故だが、右京は帰国したばかりの欣司の行動に不審を抱く。もし欣司がわざと便器が壊れるようにヒビを入れていたら…。そして、自分が海外出張中に便器が壊れるようなっていたら…。まるでそれは“時限装置”のようだ。はたしてそんなことができるのだろうか?

 

2月11日(火)13:55~15:50

相棒season8 第8話『消えた乗客』

f:id:inudenchi:20200204182254j:plain

右京と尊は不自然な状態で駐車場に止まっている路線バスを発見する。車内照明が灯り、ヘッドライトやテールランプも点灯しているにも拘らず動く気配がない。不審に感じた右京は尊とともに車内へ入るが、客も運転手もいない…。ただマフラーや缶コーヒーなどが残されており、ついさっきまで乗客がいたようにも見える。さらに「カミジョウマナブ」と名前が入ったICカード乗車券と血痕が見つかった。いったいバスで何があったのか…

相棒season8 第13話『マジック』

f:id:inudenchi:20200204182317j:plain

人気マジシャンMr.アキこと秋川満の弟子・澤田が、秋川のマジック本番中、照明用の足場から転落して死亡した。秋川が瞬間移動するマジックのため、澤田は会場が真っ暗になってから足場を移動。開いている穴から黒い布をステージの秋川へと落とすという段取りだったらしい。今回のような事故を防ぐため、足場の穴の部分にはケミカルライトが置いてあったという。確かに現場には黒い布と一緒にケミカルライトも落ちていたのだが…

 

2月12日(水)14:55~15:50

相棒season5 第14話『貢ぐ女』

f:id:inudenchi:20200205181051j:plain

ジョギング中の薫の目の前で女性がカバンをひったくられた。犯人はバイクで逃走。薫は女性を連れて交番へ行くが、なぜか名前も告げずいなくなってしまう。その現場近くの会社の金庫から6700万円が奪われる事件が発生した。内部事情に詳しい者の犯行と断定され、容疑者として社員の景子が浮上。景子の写真を見た薫は、彼女がひったくりの被害者と確認する。どうやら盗んだ金の入ったバッグを盗まれたため、交番から立ち去ったらしい。景子の部屋を調べた右京と薫は、高級腕時計のカタログなど景子が豪勢な暮らしをしていたことを確認。金に困っていたようには見えず、なぜ会社の金を盗んだりしたのか?

 

2月13日(木)14:55~15:50

相棒season5 第15話『裏切者』

f:id:inudenchi:20200206174626j:plain

専業主婦の久美子が何者かに射殺された。鑑識の米沢によると、凶器はモデルガンの改造銃。銃弾の形などからかなりのマニアではないか、という。右京と薫は過去の改造モデルガンによる発砲事件を調べ直し、マニアと思われる岩崎という男をピックアップ。当時岩崎を送検した池波署を訪ねる。その池波署の組織犯罪対策課には、かつて薫の教育係だった北村課長がいた。再会を喜び合った後、北村から事件の説明を受ける2人。岩崎は改造モデルガンで猫を撃ち、器物損壊で逮捕されたという。逮捕の決め手となったのは女性の目撃証言だが、実は久美子が目撃者で今回の事件は岩崎の逆恨み?しかし調書によると、目撃者は久美子ではないという。

 

2月14日(金)14:55~15:50

相棒season5 第17話『女王の宮殿』

f:id:inudenchi:20200207183546j:plain

伊丹らに山奥に取り残された右京と薫。雨まで降り出すが、右京は近くに世界的なファッションデザイナー・一条モナミの屋敷があることを思い出し、雨宿りをさせてもらおうと訪ねる。パーティー中のモナミは、右京たちを快く迎え、最後までパーティーに参加するよう誘う。そんな中、右京と薫はモナミの孫タケルに“アルジャーノン"という名前のハムスターを探して欲しいと頼まれる。調べていくと不可解な事実が浮かび上がり…。

 

2月15日(土)12:56~15:00

相棒season15 最終話『悪魔の証明』

f:id:inudenchi:20200208183324j:plain

警視庁広報課長・社美彌子のパソコンがハッキングされる事件が発生。容疑者は、なんと冠城亘。サイバーセキュリティ対策本部は、亘が美彌子に送ったメールの添付ファイルが原因と断定。否認する亘をよそに、美彌子の秘密が写真とともに週刊誌にリークされてしまう。それは『社美彌子は未婚の母』『父親は外国人』という内容だった。そんな中、それまで静観していた右京は、週刊誌に載った娘の写真に違和感を覚え、行動を開始する。

 

2月17日(月)14:55~15:50

相棒season5 第18話『殺人の資格』

f:id:inudenchi:20200210151530j:plain

薫はなじみのゲイバーのママ・ヒロコから、芝木という男性のことで相談を持ちかけられる。芝木に思いを寄せているヒロコは、彼と同じマンションに引っ越し、遠くからこっそり眺めていたらしい。だが、ある日、郵便物を読みながら表情を険しくさせる芝木が、かかってきた携帯電話に「俺が殺す?できるわけないだろ」と怒鳴っていたという。ヒロコから「人殺しになる前になんとかして」と泣きつかれ、薫はむげに断ることもできず…

 

2月18日(火)14:55~15:50

相棒season5 第19話『殺人シネマ』

f:id:inudenchi:20200211184146j:plain

往年の名映画監督・織原が、自らの作品を鑑賞中に映画館で殺害された。かつては新進気鋭の若手監督として注目を集めていた織原だったが、創作意欲を失い、いつしか映画界でも忘れ去られた存在に。支配人・江守や清掃係ののぶ子によると、最近は昼間から酔って映画館によく来ていたという。織原の作品をDVD化して発売しようとしながら、織原に断られ続けていたビデオ会社の海老名も容疑者として浮上。織原が死ねば映画の著作権は遺族に移り、DVD化もしやすくなる。そうなれば会社に利益をもたらすことになるのだが、決め手はない。そんな折り、織原作品に主演していた女優・島加代子を事件当日映画館で目撃したという人物が現れた。右京と薫は思わず息を呑む。

 

2月19日(水)14:55~15:50

相棒season17 第3話『辞書の神様』

f:id:inudenchi:20200212183122j:plain

個性的な語釈で人気の辞書“千言万辞"担当編集者・中西茂が遺体で発見された。右京と亘は独自の捜査を開始。中西が“千言万辞"の主幹交代を目論んでいた事実を知る。“千言万辞"は言語学者・大鷹公介がほぼひとりで編んでいたが、大鷹は言葉へのこだわりが強すぎて作業が遅れがち。そこで中西は、大鷹を降ろし、共同編者・国島弘明を主幹に据えようと考えていたようだ。右京は早速、大鷹のもとへ。だが、彼はかなり偏屈な男で…

 

2月20日(木)14:55~15:50

相棒season17 第5話『計算違いな男』

f:id:inudenchi:20200213123704j:plain

証拠品の捜索のため夜の神社にやってきた右京と亘は、不審な行動をしている天体物理学者・星野亮と遭遇する。右京は、彼が誰かを殺害しようと動いている可能性に気づき、声をかけた。すると、星野は「ただ星を見ていただけ」と、その場を立ち去ってしまう。神社を調べた結果、階段には瞬時に液体を凍らせる物質が、街灯には虫の好む液体が塗られていた事が判明する。やがて、星野の高校時代に起こったある爆発事故が浮かび上がり…

 

2月21日(金)14:55~15:50

相棒season17 第6話『ブラックパールの女』

f:id:inudenchi:20200214205620j:plain

右京のもとに弁護士・連城建彦から連絡が入った。連城が顧問弁護士を務める出版社が、連続殺人事件の被告・遠峰小夜子から名誉毀損で民事訴訟を起こされたという。出版社側が和解を申し入れると、彼女は「有能な刑事と話がしたい」との条件を主張してきたため、拘禁中の小夜子に会ってほしいというのだ。さっそく面会に出向いた右京は、小夜子から風呂場で溺死した研究者との接点を聞き、事故死として処理された不審死を調べ始め…

 

2月24日(月)13:55~15:50

相棒season8 第14話『堕ちた偶像』

f:id:inudenchi:20200217105701j:plain

盲腸で入院したたまきを見舞った右京と尊は、同じ病室に入院していた6歳の七海と知り合う。不審な男に追いかけられ逃げる途中ケガをしたらしい。七海はその不審な男を代議士の江嶋だというのだが…。右京らが早速その現場に行ってみると近くでジャーナリストの安田の事務所の捜索が行われていた。安田が遺体となって発見されたためだ。しかも安田は江嶋の盟友であることが判明する。少女が追いかけられた事件と安田の死に、何か関係があるのか?

相棒season8 第18話『右京、風邪をひく』

f:id:inudenchi:20200217105731j:plain

人も踏み入らないような山中で男性の他殺体が発見された。死後3、4日といったところだが、発見の前日にタケノコの穴場とテレビで紹介されたことで人が殺到し、死体を掘り当ててしまったようだ。所持品もない死体に伊丹らは捜査が難航することを予想するが、ほどなく、捜索願が出されていた西島という窃盗の前科がある男と判明する。米沢は右京の推理に期待するが、珍しく右京は風邪をひいてしまい、いつもの調子が出ない様子で…

 

2月25日(火)14:55~15:50

相棒season17 第7話『うさぎとかめ』

f:id:inudenchi:20200218074640j:plain

右京は出勤ラッシュの雑踏を歩くリクガメと遭遇。後をついていくと、公園のテントで血を流して意識を失ったホームレス男性を発見する。亘と共に捜査をすると、男性が2年前に失踪した鮫島博文という国土交通省の官僚であることをつかむ。2年前といえば、国土交通省は入札談合疑惑で揺れていた時期だが…。右京らは国土交通省に赴き話を聴くが、なぜか誰もが冷淡に応じるばかり。さらに、意識を取り戻した鮫島は記憶を失っていて…

 

2月26日(水)14:55~15:50

相棒season17 第8話『微笑みの研究』

f:id:inudenchi:20200225190448j:plain

認知科学の権威者である大学教授が心臓麻痺で死亡した。学生たちの間で“呪い殺された"と騒がれていることから、右京と亘は捜査を開始。噂により、助教授の川村里美、准教授の高野鞠子、猪瀬啓吾に事情聴取をするが、“呪い殺された"というのは単なる噂に過ぎないことがわかる。しかし、右京は「事件性はない」と聞いたときに里美が一瞬、微笑んだことを不審に思う。病死でも呪いでもない“第三の可能性"を探りはじめた右京は…

 

2月27日(木)14:55~15:50

相棒season17 第9話『刑事一人』

f:id:inudenchi:20200225190526j:plain

サルウィン共和国の青年が遺体で発見された。背景に1年前から発生していた外国人無差別襲撃事件が浮上するも、なぜか警視庁は手を引き、捜査は所轄だけで行われることに。納得がいかず単独捜査を続ける伊丹を心配した芹沢は、右京と亘に捜査を依頼。2人が調べた結果、衆議院議員・敷島純大が所轄署に圧力をかけ、捜査をやめさせた事が判明する。右京が敷島と息子の純次に疑いの目を向ける中、伊丹は路上で覆面集団に取り囲まれ…

 

2月28日(金)14:55~15:50

相棒season17 第11話『密着特命係24時』

f:id:inudenchi:20200225190603j:plain

捜査一課に警察密着番組の取材が入ることに。ディレクターの野田が取材する中、弁護士が転落死し、顔が赤く塗られているという不可解な事件が発生。右京と亘は撮影した映像に、芹沢の同期で辞職した警察官・立花が映っているのを発見。立花は正当防衛で殺人犯を射殺した過去があり、殺された弁護士ともその事件でつながっていた…

 

※2月の再放送は以上になります。基本は14:55~の放送ですが、2月11日(火)13:55~S8の第8話と13話が2話連続で、2月15日(土)12:56~S15の最終話SPが、2月24日(月)13:55~S8の第14話と18話が2話連続で放送されますので、お見逃し注意です。

 

こちらの相棒記事もおすすめ