相棒が好き過ぎて

ドラマ相棒が好き過ぎるが故の戯言と悪ふざけ

相棒18第15話。南井十の深淵と逆五芒星事件。


第15話『善悪の彼岸~深淵』

f:id:inudenchi:20200206000616j:plain

あらすじと感想

本日はシーズン18第15話についてです。

相棒season18第15話のタイトルは『善悪の彼岸~深淵』。放送日は2020年2月5日で、2週連続SPの後篇です。この後篇にて、特命係と宿敵である南井十との決着がつくものと思われます。前篇ではタイトルに「ピエタ」という単語が入っていましたが、後篇はそこが「深淵」に変わっています。

それではまず、第15話『善悪の彼岸~深淵』の、おおまかなあらすじから紹介していきたいと思います。

南井と関わりがあると思われる原宿と日暮里で起きた二つの事件に対し、右京さんはかつてロンドンで起きた、「逆五芒星事件」と呼ばれる連続殺人事件との類似点に気が付きます。逆五芒星事件とは、ロンドンの地下鉄のサークル線沿線上にある5つの駅で起きた連続殺人で、このたび原宿と日暮里で起きた事件と、駅の位置関係や被害者の境遇、手口も酷似しています。つまり右京さんは、南井が逆五芒星事件を東京で再現しているのではないかと考えるんです。そんな中、品川にて警邏中だった交番勤務の巡査が、何者かに拳銃を奪われ射殺されるという事件が発生します。ロンドンの逆五芒星事件でも、3番目の事件では警察官が射殺されています。右京さんと冠城くんは、ロンドンの事件の場所や被害者を東京と照らし合わせ、4番目のターゲットは、池袋近辺にある大学の女性学長ではないかと推測します。一連の事件と南井の関わりに関して、特命係が内村刑事部長に報告を行い、女性学長は警察により警護されることになります。しかし右京さんは、南井が逆五芒星事件を再現しているだけではない予感も抱きます。また、南井の最後のターゲットが、右京さんの現在の相棒である、冠城くんではないかと考え…。右京さんは冠城くんに「特命係を辞めてもらえますか」との言葉をぶつけます。果たして南井の目的は?冠城くんはどうなってしまうのか?特命係と南井十との、最終決戦がついに決着です。

ざっくりではありますが、だいたいこんな感じの内容です。

今回も面白かったです!!

3シーズンにもわたり登場した右京さんの宿敵、南井十との対決に、ついに終止符が打たれました。とっても見ごたえのある闘いでした。

2週連続SPでしたので、前篇にて発生した事件や提起された謎が、この後篇に繋がっていき、解き明かされていく形です。

南井の最終的なターゲットが冠城くんである可能性が浮上したこともあり、中盤までは全体的に緊迫感が漂う展開になっていたかと思います。特命係がターゲットになり命を狙われるというのは、そうあることではないですからね。

冠城くんを守るための右京さんの言動にも、グっときてしまいました。また、それに対する冠城くんの信念もかっこよかったです。特命係に惚れ直しました。

事件は、現在の軸と過去の軸、その二つが平行して展開していきます。数年前にロンドンで起きた連続殺人と、現在東京で起きている事件という二つの軸ですね。

右京さんと南井が手を組んで捜査をした、ロンドンの「逆五芒星事件」。これが今度は南井の手により、東京で再現されているのでは?となりましたので、必然的に「過去のロンドン」、「現在の東京」が連鎖していく形です。

そして、南井がなぜ逆五芒星事件の再現という、そんなことをしているのか、それが最大の謎になります。そしてその謎が、事件の真相へと繋がっていくのですが…。これがまた切なくて切なくて。

まさかこんな結末が待っているとは思ってもいませんでした。

タイトルの「善悪の彼岸」が何を表していたのか、最後になってわかりました。

右京さんの正義vs南井の正義、という図式になるかと思いきや、右京さんが闘っていたのは、正義や悪の向こう側のものだったとう、驚きの展開でした。

右京さんが南井を抱きしめた場面など、僕は泣きそうになってしまいました。隣で一緒に見ていた嫁も、同じくです。

それにしても、伊武雅刀さんの演技、凄かったですね。

重たさも残る回ではありましたが、ストーリーはとっても面白かったです。南井が連続殺人を起こした「理由」があまりにも切なくて、その印象が一番強くは残ってしまっていますけれど。

今回は、ロンドンでの回想シーンもけっこう出てきます。異国の地での右京さんという、かなり貴重な場面を見ることができました。結末を知ってしまった後ですと、その回想シーンも全て切なくなってしまうんですけどね。

前篇で登場したマリア・モースタンは、後篇では回想などでも出てきませんでした。彼女は、逆五芒星事件と、南井の過去や真実へと繋がる、その入口としての登場だったと思われます。

鏡見悟とか、もらい子殺人事件も、もう一押しあるのかな~と思ってたのですが、そちらはもう全然出てこなかったです。前篇にて解決済み扱いだったわけですね。

前篇に続き、笑いどころは少ない回ではありましたが、宿敵との緊迫した最終決戦を、存分に楽しませて頂きました。

最後、まさかの続編があるのか?という終わり方だったのは、かなり気になりますけどね。

第15話『善悪の彼岸~深淵』、面白かったです!

 

ゲスト出演者

それでは次に、第15話『善悪の彼岸~深淵』に出演された、主なゲストさんを紹介していきます。今回は第14話から続く後篇となりますので、ゲストさんも第14話とほぼ同じになります。

伊武雅刀(いぶまさとう)

右京さんがスコットランドヤードで捜査協力をしていたときの相棒、南井十役で伊武雅刀(いぶまさとう)さん。

f:id:inudenchi:20200206001202j:plain

人の心を操る術に長けていて、犯罪者に私刑を下している疑いがある、右京さんの宿敵です。このたびは約2年振りに来日し、かつてロンドンで起きた連続殺人を、東京で再現しているのではないかと考えられる危険人物です。

今回が2話連続SPですので、南井十の登場自体は3度目ですが、話数で数えますと、4話目の登場ということになります。伊武雅刀さんも、別役で出演の劇場版『鑑識・米沢守の事件簿』と合わせると、今回が5話目の相棒出演になります。伊武雅刀さんの今回の演技は凄かったです。

 

前篇にて登場した、マリア・モースタン役の石田ニコルさんは、今回は出演はありませんでした。

他には、逆五芒星事件の犯人、セバスチャン・ロイロット役でドン・ジョンソンさんなどが、ちょいゲストさんで出演されています。

 

ロンドンの逆五芒星事件

来日した南井が起こしていると思われる連続殺人事件。

これはかつてロンドンで起きた「逆五芒星事件」を、南井が東京で再現しているのではないかと考えられる事件です。

逆五芒星事件というのは、ロンドンの地下鉄のサークル線沿線上で起きた連続殺人事件で、同一犯により5人が殺害されています。

なぜ逆五芒星事件と呼ばれたのかといいますと、殺人事件の起きた地下鉄の駅を、犯行の順番で結んでいくと、逆五芒星の形になるんです。

f:id:inudenchi:20200206001437j:plain

そもそも五芒星というのがなんなのか、僕はちゃんとわかっていなかったので、Wikipediaの解説の一部を引用させて頂きます。

5つの要素を並列的に図案化できる図形として、洋の東西を問わず使われてきた。世界中で魔術の記号とされ、守護に用いることもあれば、サタニズムに見られるように上下を逆向きにして悪魔の象徴とすることもある。悪魔の象徴としてとらえる際には、デビルスターと呼ばれることもある。
(引用元:https://ja.wikipedia.org/

つまり逆五芒星というのは、五芒星を上下逆向きにしたもので、「悪魔の象徴」とされているものってことですね。右京さんもそう言ってました。

映し出された五芒星を見たとき、あれ?別に逆じゃなくないか?と僕は思ってしまったのですが、少し斜めになってるみたいですね。

右京さんはダークナイト事件の後、スコットランドヤードに捜査協力に赴いた際、南井と組んでこの逆五芒星事件を捜査しています。

f:id:inudenchi:20200206001515j:plain

このときの右京さんと南井はいい相棒だったようでして、お互いの実力を認め合い、良好な関係も構築されてたのではないかと窺うことができます。

二人でお酒飲んだりもしてました。

f:id:inudenchi:20200206001529j:plain

右京さんが飲んでいるのは、おそらくスコッチではないかと思われます。

ロンドンでの右京さんという、貴重なシーンを色々と見ることもできました。右京さん、ダークナイト事件の後、こんなことしてたんですね。

南井は右京さんと組む前、アキノリ・カワエという刑事が相棒でした。しかしアキノリ・カワエは、逆五芒星事件の捜査中に犯人に襲われ、脳にダメージを負い、心身を病み、最終的には自ら命を絶ってしまうんです。

f:id:inudenchi:20200206001552j:plain

アキノリ・カワエは、前篇で登場したマリア・モースタンの父親でした。父が自殺したとき、彼女は高校生だったそうです。おそらく事件後は南井が彼女の面倒を見ていたのではないかと思われます。

南井が相棒を自殺という形でなくし、失意のどん底にいたときに、右京さんが捜査協力で日本からやって来たことになります。

右京さんはスコットランドヤードでの研修時代に南井にお世話になっていたようですので、それ以来の再会ってことですね。

この再会から、逆五芒星事件により相棒を失った南井と、ダークナイト事件により相棒を失った右京さん、お互いに相棒を失った同士が、新たな相棒になります。

逆五芒星事件はその後、右京さんと南井の活躍により、犯人がほぼ特定されました。この男です。

f:id:inudenchi:20200206001621j:plain

しかしこの男は逮捕される前に自殺してしまい、結果的に事件は未解決のままという状態に。

右京さんは、この自殺は南井が操ったものではないかと疑いを持っています。しかし、証拠などは一切なく、南井を追求することはできませんでした。

それから数年後。

東京にて起きた、南井が背後にいると思われる二度の連続殺人を経て、南井本人が再来日します。

そして起こったのが、まるで逆五芒星事件をなぞるかのような、新たな連続殺人事件でした。

 

東京の逆五芒星事件

まずは原宿にて、絞殺後に転落したと思われる変死体が発見されます。

続いて日暮里でも絞殺死体が発見。

さらに続いては、品川にて警邏中の警察官が拳銃を奪われ、射殺されるという事件も発生します。

原宿、日暮里、品川。事件は全て山手線の沿線にて起こっています。

そしてこの駅の位置や、被害者の境遇、殺人の手口が、全てロンドンの逆五芒星事件と酷似しているんです。

f:id:inudenchi:20200206001713j:plain

つまり犯人は、ロンドンの逆五芒星事件を東京で再現しているのではないかと。

そして、犯人、もしくは犯人を動かしているのは南井です。

これは南井から右京さんへの挑戦状です。

逆五芒星事件を模倣しているのだとすると、それを遂行させてしまうのか、防ぐことができるのか。事件のモデルがあるということは、警察側も先回りして防ぐ手立てを講じることができるわけです。しかし南井もそんなことは承知しているでしょうから、そのさらに裏があることも考えられます。

南井と特命係の攻防戦です。

そして最大の疑問が、南井が逆五芒星事件を東京でなぞっている「理由」です。

逆五芒星事件は、かつて南井が自身の相棒を失った事件でもあり、右京さんと共に捜査をした事件でもあり、おそらくその犯人を彼自身が自殺させたと思われる事件です。

そんな事件を、南井はなぜ再現しているのか。

その驚くべき理由が、全ての真相を解き明かす鍵となります。

 

狙われた冠城亘

南井は逆五芒星事件をなぞり、東京にて連続殺人事件を起こしています。

そして南井の最終的なターゲットが、右京さんの現在の相棒である、冠城くんである可能性が濃厚になります。

冠城くんの命を守るため、右京さんは冠城くんに「特命係を辞めてもらえますか?」とぶつけます。それに対し冠城くんは「俺たち警察官が屈したら、正義なんてどこにもない」と拒否するんです。

f:id:inudenchi:20200206001842j:plain

僕はこの場面、胸が詰まってしまいました。

きっと右京さんも冠城くんに特命係を辞めろなんて言いたくなかったと思います。辛かっただろうなって。でも、冠城くんの命を守るための、右京さんの優しさでもあります。

しかし冠城くんもそれであっさり辞めるわけがありません。南井に屈することなく、正義を貫き通す信念の言葉はかっこよかったです。

二人ともグっときました。

こんなやりとりがあった後ではありますが、冠城くんはこんなことになってます。

f:id:inudenchi:20200206001904j:plain

なんと、意識不明という状態に。

冠城くんが負傷して病院に運ばれたのは、S16第9話『目撃しない女』で刺されたとき以来の二度目ですね。

もちろんですけれど、このまま冠城くんの意識が回復しないということはなく、脅威の回復を見せることとはなります。

冠城くんは負傷したものの、その結果として大事な証拠を右京さんに届けることになるんです。

そしてその証拠を元に、宿敵である南井に対し、右京さんがついに決着をつけました。

 

その他の見どころ

では次に、第15話『善悪の彼岸~深淵』の、そのほか細かい見どころを、今回は一つだけ挙げてみたいと思います。

断崖絶壁のロケ地

特命係と南井の決着がついにつき、これで終わりかと思いきや…。

まさかの続編ありか?と思わせる最後の場面で、こちらの断崖絶壁が登場しました。

f:id:inudenchi:20200206002022j:plain

ここ、どこかで見た覚えがあるな~と思ったら、S16第11話『ダメージグッズ』で出てきたのと同じ場所でした。

こちら、相棒16の公式サイトからの画像になります。

f:id:inudenchi:20200207182957j:plain
(画像出典:https://www.tv-asahi.co.jp/aibou16/

ロケ地は奥多摩町みたいです。祠がありまして、「水神様(すいじんさま)」が祀られている場所のようです。

この第15話の放送日2日前、2月3日(月)の関東での相棒再放送は、最初は『ダメージグッズ』で出ていたんです。それがいつの間にか『幸福な王子』に変更になっていたので…。

もしかしたらその変更理由が、この断崖絶壁だったのかもしれません。笑


以上、今日は相棒season18第15話『善悪の彼岸~深淵』についてでした。

 

こちらの相棒記事もおすすめ