相棒が好き過ぎて

ドラマ相棒が好き過ぎるが故の戯言と悪ふざけ

相棒20第3話『復活~最終決戦』死んだ柾庸子が復活。


第3話『復活~最終決戦』

f:id:inudenchi:20211028001953j:plain

あらすじと感想

本日は、シーズン20第3話についてです。

相棒season20第3話のタイトルは『復活~最終決戦』。放送日は2021年10月27日です。第1話『復活~口封じの死』と第2話『復活~死者の反撃』に続く第三部で、三部作の完結編となります。第1話が15分拡大版、第2話が10分拡大版でしたが、この第3話は通常の放送枠です。

第1話『復活~口封じの死』と第2話『復活~死者の反撃』については、それぞれ以下の記事で紹介しています。

ではまずは、第3話『復活~最終決戦』のあらすじから紹介していきたいと思います。テレビ朝日の公式サイトより引用させて頂きます。

特命係の杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)は、サイバーセキュリティ対策本部の青木年男(浅利陽介)がひそかに仕込んでおいた入り口から、IT長者・加西周明(石丸幹二)が遺したVR(バーチャルリアリティー)空間に入り込むことに成功。“加西周明の館”と名づけられたそのVR空間にはナビゲーター役の執事がおり、アバターとなった3人は案内に従って歩を進めていく。ところが、突如、視界が暗転! 3人は、加西が張りめぐらせていた罠に突き落とされてしまい…!?
その頃、捜査一課の取り調べを受けていた内閣情報官・栗橋東一郎(陰山泰)は、柾庸子(遠山景織子)の自殺に関することのみ、頑なに黙秘を貫いていた。関与していたことは確実であるにもかかわらず固く口を閉ざす彼の様子に、右京は庸子の一件こそ、すべての“黒幕”内閣官房長官・鶴田翁助(相島一之)のウィークポイントに違いないと確信する。しかし、栗橋を切り捨てた鶴田は、彼にかわる内閣情報官のポストに驚愕の人事を発表! 自らの権力をこれみよがしに誇示する。 
その矢先、ついに“加西周明の館”の存在にたどり着いた鶴田が、VR空間に出現する! だが、鶴田はそこで予想だにしない光景に遭遇することに──!?  はたして特命係は“権力の権化”鶴田翁助を追い詰めることができるのか!?
(引用元:https://www.tv-asahi.co.jp/

今回も面白かったです!!

S18から始まった鶴田翁助との闘いに、ようやく決着がつきました。長かったですね~。

もしや鶴田はこの後もずっと、ラスボス的な感じで君臨し続けるのではないかとも思っていましたので、ここで決着がついたことに、ホッとする気持ちと残念な気持ちと、両方ある感じです。まだまだこの闘いを見ていたかった気もしますからね。

S20の幕開けが、このような三部作であることが判明したのは、第2話の終了時です。終了時というか、第2話の中盤あたりから、もしや三部作なのでは?と薄々思い始めてはいたんですけどね。

鶴田との闘いが、初回SPにてこんなにがっつりと組み込まれるとは。

S3『双頭の悪魔』をかなり意識させるような、そんな作りにもなってたかと思います。共通点が色々ありましたし、朱雀も再登場しましたし。

そしてこのたびも、『双頭の悪魔』と同じく、最後には特命係が官房長官を追い詰めるわけです。

第1部と第2部にて、いくつかの謎が提示されていまして、それらの解明が全て鶴田の逮捕へと繋がっていきます。

  • 加西周明の切り札とは何なのか
  • 鶴田はなぜ栗橋を切って鷲見三乘を取ったのか
  • 柾庸子の殺害方法
  • 中郷都々子の部屋の冷房と無施錠の謎
  • 殺し屋は誰に殺されたのか
  • プロの殺し屋がなぜ犯行や依頼主に繋がる証拠となるようなものを所持していたのか

未解決だった謎はこんな感じでしょうか。加西周明の切り札は、鶴田翁助の弱点、と言い換えてもいいかとは思います。

上に挙げた謎はそれぞれが独立しているわけではなく、どれも密接に絡み合っているものと思われます。

この第3部は、それらの謎を特命係が紐解いていく解決篇です。

前半の見どころは、VR世界の中ですね。VRにある「加西周明の館」に潜入した特命と青木が、そこに残された秘密にどう迫っていくのかという点です。

VR世界ならではの、普段見れないあれこれを楽しむこともできました。特命と青木だけではなく、死んだ人間から生きてる人間まで、色んな人物が登場しまして、それぞれの衣装なんかも楽しめちゃいます。

そして中盤から終盤にかけて、特命が暴き出した真実で、鶴田を追い詰めていく展開です。いくつかの謎については、意外と早い段階で答えが導き出されてもいました。

特命と鶴田との直接対決は、VRの中でも現実の世界でも、どちらでも繰り広げられることに。特に現実世界での右京さんと鶴田とのやりとりは、『双頭の悪魔』での朱雀との闘いを思い出さずにはいられず。とっても見応えのあるやりとりでした。

謎を解き明かしていく過程も面白かったですし、その真相がわかったときの驚き、そして鶴田との最終決戦の場面など、最初から最後まで大満足のストーリーでした。

さらには前話にて、鶴田翁助vs甲斐峯秋という図式の争いがクローズアップされましたが、そこでも関与があった社美彌子が、思わぬ異動を遂げまして、今後が気になるところでもあります。

第1部、第2部に続き、社美彌子、甲斐峯秋は登場しますが、今回は衣笠副総監と大河内さんの出番はなかったです。内村さん中園さんも登場はちょこっとでした。その代わり、鑓鞍兵衛が一瞬だけ(過去映像ですが)出ましたね。

じゃっかん捜一トリオの出番は少なめでした。それに対し青木年男は今回も大活躍でした。そもそも今回の事件も、青木がいなければおそらく解決していませんでしたからね。青木年男の役割は大きいです。

あとは、検事の階真なんかも、今後また特命と絡んでいくのかどうか、気になるキャラではあります。

全三部にも及ぶ鶴田翁助との闘い、楽しませて頂きました。

正確に言えばこの三部作だけではなく、S18『ディープフェイク・エクスペリメント』から、S19『プレゼンス』と『暗殺者への招待』を経て、全て繋がっていた一連の流れが、このS20第3話にて、ようやく完結したような形ではあります。

これは相棒史上、最長の闘いでした。

タイトルの「復活」も、それぞれ一話ごと朱雀、加西、柾とうまい具合に掛けられていたかとも思います。

最後にはとっても嬉しいサプライズもありました。

第3話『復活~最終決戦』、面白かったです!

 

ゲスト出演者

それでは次に、第3話『復活~最終決戦』に出演された、主なゲストさんを紹介します。

相島一之(あいじまかずゆき)

現職の内閣官房長官でありながら、数々の殺人事件への関与が疑われる、鶴田翁助役で相島一之(あいじまかずゆき)さん。

f:id:inudenchi:20211028002614j:plain

官邸直属の情報機関である内閣情報調査室を動かし、ディープフェイクを巡る殺人事件、加西周明の暗殺、柾庸子や中郷都々子の死に、深く関与している疑いが濃厚な人物です。自らの疑惑に迫る特命係を疎ましく思い、甲斐峯秋もとろも潰そうとしています。

相島一之さんは、S18最終話『ディープフェイク・エクスペリメント』、S19第19話『暗殺者への招待』、S19最終話『暗殺者への招待~宣戦布告』、S20第1話『復活~口封じの死』、S20第2話『復活~死者の反撃』に続き、今回が同じ役で6話目の出演です。それ以前にも、S5第18話『殺人の資格』とS15第9話『あとぴん~角田課長の告白』に、それぞれ別役でも出演されていますので、全部で8話目の相棒出演です。

 

遠山景織子(とおやまきょおこ)

加西周明の暗殺事件で特命係により逮捕された、内閣情報調査室の元職員、柾庸子役で遠山景織子(とおやまきょおこ)さん。

f:id:inudenchi:20211028002732j:plain

逮捕後に拘置所に収容されているさなか、謎の死を遂げます。自殺と判断されましたが、疑わしい点もあり、特命係が捜査を続けています。同じく不審な死を遂げた弁護士の中郷都々子とは、同郷の親しい仲でした。

遠山景織子さんは、柾庸子としては今回が5話目の出演で、過去にはS18最終話『ディープフェイク・エクスペリメント』、S19第19話『暗殺者への招待』、S19最終話『暗殺者への招待~宣戦布告』、S20第1話『復活~口封じの死』に出演されています。それ以前にもS6第4話『TAXI』に別役で出演されていますので、全部で6話目の相棒出演です。

 

石丸幹二(いしまるかんじ)

仮想国家『ネオ・ジパング』を築いたIT長者で、鶴田に疎まれ暗殺された、加西周明役で石丸幹二(いしまるかんじ)さん。

f:id:inudenchi:20211028002804j:plain

莫大な富を持ち、お金で人を意のままに操っていた男です。出雲麗音を銃撃させた首謀者でもありますが、鶴田の権力に守られ逮捕を免れていました。しかしその後、鶴田の差し金により暗殺されてしまいます。鶴田を追い詰める何らかの切り札を、仮想世界に残していると考えられます。

石丸幹二さんは、今回が同じ役で7話目の相棒出演です。過去6話は、S19第1話『プレゼンス』と第2話『プレゼンス(後編)』、S19第19話『暗殺者への招待』と最終話『暗殺者への招待~宣戦布告』、S20第1話『復活~口封じの死』と第2話『復活~死者の反撃』です。

 

以上、今回の主なゲストさんは、上記3名になります。

他には、内閣情報官の栗橋東一郎役で、陰山泰(かげやまたい)さん。栗橋の命で動いていた男、鷲見三乘役で味方良介(みかたりょうすけ)さん。エンパイヤ・ロー・ガーデンのボス弁護士である三門安吾役で、山田明郷(やまだめいきょう)さん。検事の階真役で辻本祐樹(つじもとゆうき)さんなどが、ちょいゲストさんで出演されています。

陰山泰さんは9話目(過去には同じ役でS18-20、S19-19、S19-20、S20-1、S20-2、別役でS3-4、S3-5、S12-12)、味方良介さんは同じ役で3話目(過去にはS20-1、S20-2)、山田明郷さんは7話目(過去には同じ役でS19-19、S19-20、S20-1、別役でS6-1、劇場版Ⅰ、S13-3)、辻本祐樹さんは5話目(過去には同じ役でS20-1、S20-2、別役でS5-18、S15-1)の出演です。

 

死者たちの復活

加西周明が遺した鍵を辿った先には、VR世界の中の「加西周明の館」がありました。

前話にて右京さん、冠城くん、青木年男はその館へと忍者の格好で潜入しています。なかなか衝撃的なコスプレでしたけど。

ちなみにアバターは自在に変更できるようでして、青木年男が途中で右京さんに変身し、なんと右京さんが二人いるという面白い絵にもなってます。

f:id:inudenchi:20211028002954j:plain

このときの潜入では、加西の秘密まで辿り着くことはできませんでしたが、二度目の潜入では、加西の館に役者が勢揃いすることとなり、いっきに事態は進展します。

まず、死んだはずの加西周明が饒舌に喋ってます。

f:id:inudenchi:20211028003007j:plain

加西周明という、現実世界では死んでしまった人間が、VRではこうして普通に会えるというのも、なんだか不思議なものですね。

加西は案内人のノンプレーヤーキャラクターとしても登場していましたので、その場に二人の加西がいるという、不思議なことにもなってます。

一度目は忍者の格好で潜入した特命係も、今度は真っ白なスーツへと衣装が変わっています。靴からネクタイまで全て白。

f:id:inudenchi:20211028003025j:plain

f:id:inudenchi:20211028003033j:plain

個人的には、戦隊ものみたいだった忍者の格好の方が好きでしたけど。笑

さらには鶴田翁助までもがこの世界に現れます。

f:id:inudenchi:20211028003129j:plain

鶴田の格好が、これまたなかなか凄いことになってます。鶴田だけではなく弁護士の三門も一緒です。

これは鶴田自身も加西の館を見つけ、潜入してきたということになるわけです。

この絵だけ見ていますと、どこぞの舞踏会のような感じですけどね。コスプレ大会のようでもありますが。

どうせならここに、捜一トリオや角田課長も加わって欲しかった気もします。どんなコスプレをしてくれたのか、特に伊丹さんとか見てみたい。

ついつい皆さんのコスプレにばかり意識がいってしまいますが、この館の中に「鶴田翁助の弱点」が隠されているんです。加西周明が万一のときを考え、仕込んでおいた「切り札」です。

「切り札」を鶴田逮捕への証拠にしようとする特命係と、それを阻止しようとする鶴田。

そしてこの闘いの場に、もう一人死んだはずの人間が復活します。

拘置所内で自殺したとされる、柾庸子です。

f:id:inudenchi:20211028003206j:plain

そして彼女の復活こそが、鶴田翁助を追い詰める、最大の切り札になるんです。

役者は揃いました。

f:id:inudenchi:20211028003219j:plain

 

社美彌子の異動

右京さんと冠城くんの存在を疎ましく思っている鶴田は、特命係を上司として預かっている、甲斐峯秋もろとも潰そうとして仕掛けてきました。

そしてフェイクニュースにも関わらず、その攻撃により甲斐さんの立場は危ういものになっていきます。

一方の特命係も、鶴田の手足となって動いてきた、内閣情報官の栗橋を引っ張るところまで辿り着き、捜一による取り調べも行われています。また、加西の鍵を辿った先の建物内にて確保した男、鷲見三乘も同じく引っ張ることに成功しています。

特命係の方も、じょじょに鶴田を追い詰めているわけです。

しかしここで、どうやら政治的な交渉が行われます。つまり、鶴田翁助側の不利な状況と、甲斐峯秋側の不利な状況を、相殺するような交渉です。その窓口となったのは社美彌子。

結果、社美彌子は甲斐さんを守るために、鶴田の要求通り鷲見三乘を釈放します。ここまでは前話での出来事です。

社美彌子は甲斐さんには恩義がありますし、甲斐さんを守るための行動としては、不自然な動きではありません。

しかしなんとこの後、空席となった内閣情報官に、社美彌子が任命されるという驚きの事態が起こります。

f:id:inudenchi:20211028003334j:plain

これは甲斐さんも寝耳に水だったようで、びっくりしてました。

社美彌子は現在の総務部広報課課長になる前は、内閣情報調査室の総務部門主幹として出向していました。つまり内調は、もともと彼女が在籍していた機関でもあります。そこにトップとして戻るような形ですね。

しかし彼女にはロシアのスパイ疑惑が過去にありましたので、内調に戻るというのは、通常はなかなか考えられない異動ではあります。

異動が報道された後、右京さん冠城くんと社美彌子は三人でお茶してます。

f:id:inudenchi:20211028003359j:plain

おそらく美彌子と鶴田の間に、何らかの取引があったことは確実でして、美彌子は特命係を鶴田に売って、その見返りに内閣情報館の地位を手に入れた可能性も濃厚です。

だからと言って特命係を明確に裏切っているわけでもなく。

もしかしたら社美彌子は、鶴田翁助以上に強かなのかもしれません。

 

鶴田翁助との最終決戦

内閣官房長官である鶴田翁助と特命係との出会いは、S18最終話『ディープフェイク・エクスペリメント』です。

判別不能のディープフェイクを巡る事件で、その黒幕であることが明らかだったにもかかわらず、証拠がなく特命は手を出すことはできませんでした。

その後今度は、S19『プレゼンス』にて加西周明が起こした事件を機に、S19『暗殺者への招待』にて再び特命係と対峙します。このときに特命係が鶴田に対し宣戦布告をした形です。

そして決戦の舞台は、今回の三部作へ。

鶴田の罪を暴き、逮捕するべく奔走する特命係と、そうはさせまいと特命を潰そうとする鶴田の、熾烈な闘いです。

特命係は加西周明が遺した鍵を手掛かりにして、ついに真実へと辿り着き、再び鶴田と対峙します。

f:id:inudenchi:20211028003528j:plain

S3の三部作『双頭の悪魔』にて、ときの内閣官房長官である朱雀武比古を追い詰めたのは、右京さんと亀山くんの特命係でした。

そこから17年の時を経て、今度は右京さんと冠城くんが、朱雀を師と仰ぐ内閣官房長官、鶴田翁助を追い詰めます。

そう思うと感慨深い。

権力を思うがままに悪用し、自分にとって都合の悪い人間は、殺し屋を使って殺害する、極悪非道な鶴田翁助。そんな男を特命係は許しません。

f:id:inudenchi:20211028003549j:plain

「あなたは小野田公顕の足元にも及びませんよ」

「思い上がるのもほどほどに」

「あなたが小野田公顕を語るなど虫酸が走る」

これらは右京さんが鶴田にぶつけた言葉です。容赦ない言葉の数々。鶴田はおそらく、右京さんが最も嫌うタイプの人間なんだと思います。

今回、小野田公顕が何かと話題に上ることが多かったです。小野田さんが行っていた証人保護プログラムの話なんかも出てきましたし。

鶴田は小野田さんを手本のように考えていたようですが、右京さんはそれも許せなかったのかもしれません。小野田さんは、右京さんと正義に対する考え方こそ違えど、悪ではありませんでしたからね。

大きな権力を悪用し、数々の殺人にまで手を染めた鶴田の罪は、あまりにも重い。

しかし歴史は繰り返します。

17年後に再び、さらに極悪な官房長官が現れるかもしれません。

 

その他の見どころ

それでは続いて、第3話『復活~最終決戦』のさらに細かい見どころを、いくつか挙げてみたいと思います。

特命の部屋の暗幕

前話にて青木年男が、特命係の部屋に暗幕を取り付けました。

「のぞき防止だ」って言ってましたので、VR世界に潜入する際に、角田課長などから覗かれないようにするためってことだと思います。

その暗幕が今回も健在でした。

f:id:inudenchi:20211028003651j:plain

特命のこの部屋が、こんなふうに暗幕で遮断されるというのは、なかなかレアではないかと。

もしかしたら後にも先にも、今回しかないかもしれません。

 

検事の階真

S20第1話より登場している東京地検の検事、階真。

難しい読み方でして、「きざはし まこと」と読みます。ゲストの項でも紹介しましたが、演じているのは辻本祐樹(つじもとゆうき)さんです。

f:id:inudenchi:20211028003716j:plain

この階真が、このたび鶴田翁助の起訴に一役買っているようです。

特命係に対しては、特に好意的というわけではありませんが、敵対する関係でもありません。検事の仕事を全うしている人物、といったような感じですね。「大物は私大好物ですから」なんて言ってましたし。

右京さんは彼のことを「野心あふれる青年検事」って言ってました。

近年の相棒で検事といえば、特命係に協力したがために左遷させられた、内田裕也さん演じる黒崎健太や、特命係を潰そうとした、田辺誠一さんの田臥准慈などが挙げられるかと思います。あとは鶴田真由さんの倉田映子とかですかね。黒崎さんは検事を辞め、現在は週刊誌の記者。倉田映子は弁護士になっていますけれど。

今回の闘いで特命にプラスとなる役割を果たした階真が、今後も登場するのかどうか。

田臥准慈と階真の対決なんてのも、面白そうですね。

 

小野田公顕

先述もさせて頂きましたが、今回は何かと小野田公顕が話題に上る回数が多かったかと思います。

小野田さんが亡くなったのは、劇場版Ⅱですので2010年です。もう10年以上も経っているんですね。

右京さんにとって小野田さんは、決して忘れることができない特別な存在なんだと思います。

f:id:inudenchi:20211028003800j:plain

小野田さんのためにも、まだまだ右京さんには頑張ってもらわねば。

最後のシーンは、おまけの嬉しい『復活』でしたね。

 

以上、今日は相棒season20第3話『復活~最終決戦』についてでした。

 

こちらの相棒記事もおすすめ