相棒が好き過ぎて

ドラマ相棒が好き過ぎるが故の戯言と悪ふざけ

相棒シーズン16第13話。瀬戸内米蔵&片山雛子&蓮妙。


【スポンサーリンク】

「いわんや悪人をや(前篇)」

f:id:inudenchi:20180125015228j:plain

相棒season16第13話のあらすじと感想

本日は、シーズン16第13話についてです。

相棒season16第13話のタイトルは「いわんや悪人をや(前篇)」。放送日は2018年1月24日です。相棒放送300回記念前後篇スペシャルの前編で、2時間9分の拡大版となっています。記念すべき300回は次回の後編になりますので、今回が299回です。前後篇での拡大スペシャル、それだけでも期待が膨らんでしまいますね。タイトルの「いわんや悪人をや」も気になるところです。

それではまず、第13話「いわんや悪人をや(前篇)」の簡単なあらすじから紹介したいと思います。

国際支援物資をめぐる不正を特命係に明らかにされ服役していた、元法務大臣の瀬戸内米蔵仮出所します。身元引受人は、かつてある事件で特命係とも関わりがあり、瀬戸内さんの兄弟弟子でもある尼僧の蓮妙です。出所した瀬戸内さんは、長い間主が不在だった実家の寺に戻り、その再興に尽力することに。そんな瀬戸内さんの元に、元衆議院議員で、かつて起きたテロ事件の責任を取り政界を去った片山雛子が姿を現し、出家したいと願い出るんです。瀬戸内さんはその願いを聞き入れ、仏門に入り僧侶になるための儀式である得度式の準備を進めます。そんな中、瀬戸内さんが檀家総代の息子に手伝ってもらい、荒れた寺の手入れを行っていたところ、墓地の一角に埋められていた白骨化した遺体を発見します。瀬戸内さんから連絡を受けた右京さん冠城くんの特命係も捜査に乗り出しますが、遺体の身元はなかなか特定できません。ところが一転、社美彌子の元にロシア語で書かれた謎の手紙が届き、そこには遺体の身元に関する情報が…。果たして白骨化した遺体は誰なのか?社美彌子とどんな関わりが?特命係が真相を追います。また、出家を決意した片山雛子の真意は?

ざっくりですけれど、だいたいこんな内容になります。

相棒放送300回記念の前編、面白かったです!!

前後編もののときは常ではありますが、後編が気になって仕方ありません。この後どうなるのか少しでも早く見たいです。一週間長いです。笑

まず今回は、なんと言っても豪華なゲストの再登場が目玉だったかと思います。さすがは300回記念。

後ほど詳しく取り上げさせて頂きますが、津川雅彦さんの瀬戸内米蔵木村佳乃さんの片山雛子高橋恵子さんの蓮妙

懐かしい顔ぶれが3人も再登場してくれましたので、相棒ファンとしてはもうそれだけでテンション上がってしまいます。笑

3人とも、もう相棒ではその姿を見れないのでは?と思っていましたので。特に高橋恵子さんの蓮妙なんて、再登場なんて想定してませんでしたからね。笑

さらにはこの再登場に絡んで、亀山くん小野田官房長回想シーンで登場して、僕は思わず歓喜してしまいました。笑

今回、全ては瀬戸内米蔵の出所から始まります。それを発端に、蓮妙片山雛子も再登場する流れです。そしてまさかの片山雛子が出家という展開。

出所した瀬戸内さん、それを迎えた蓮妙、出家する片山雛子、もうこれだけでも大満足なのですが、なんとさらに社美彌子まで絡んでくるんですよ。シーズン15から持ち越されている謎に、ようやく焦点が当てられるんです。

中身がぎっしつ詰まった内容になってます。

まさか埋められた男の謎が、瀬戸内さんと繋がってくるだなんて思ってませんでしたからね。完全に予想外で、面白い展開です。

前後編ですので、前半で事件が起こり、様々な疑惑や謎が浮上し、後半でそれらを解決していくという流れは当然ですけれど、前半だけでもめちゃめちゃボリュームがあって、1秒たりとも目が離せませんでした。

事件そのものの展開ももちろん気になりますけれど、片山雛子が何を狙っているのか、その思惑も気になりますし、社美彌子とロシア人スパイの関係も気になります。

あとは週刊誌の記者、風間楓子も絡んできてますし、日下部さん、甲斐さん、衣笠副総監も皆さん出ていて、もう盛りだくさんですね。あ、大河内さんも益子さんも出てます。笑

ここ数回は若干影が薄かった捜一コンビも今回はがっつり出てて、楽しい特命とのコントを見せてくれてました。笑

この前篇にて出てきた色々が、後篇でどんなふうに回収されていくのか、楽しみでたまりません。

第13話「いわんや悪人をや(前篇)」、面白かったです!!

後編の放送が待ち遠しい。

 

相棒season16第13話のゲスト出演者

それでは続いて、第13話「いわんや悪人をや」に主に登場したゲストさんを紹介します。今回は再登場の人物が多いです。

津川雅彦(つがわまさひこ)

まずは、元法務大臣で、国際支援物資をめぐる不正により服役していた瀬戸内米蔵役で、津川雅彦(つがわまさひこ)さん。

f:id:inudenchi:20180125015839j:plain

相棒が亀山くんの頃は、特命係に好意的な政治家として頻繁に登場し、その後もたま~に登場していましたが、最後に登場したのはシーズン12の最終話「プロテクト」でしたので、今回は約4年ぶりの登場になります。津川雅彦さん、歳とったな~と思ってしまったのですが、元気な姿を見れて嬉しいです。しかしこの後2018年8月4日に、残念ながら78歳で亡くなられています。

 

木村佳乃(きむらよしの)

続いて、元衆議院議員で、元官房副長官の片山雛子役で、木村佳乃(きむらよしの)さん。

f:id:inudenchi:20180125020050j:plain

頭の切れる政治家で、瀬戸内さん同様ちょいちょい登場していたのですが、最後の登場はシーズン14の元日スペシャル「英雄~罪深き者たち」でしたので、今回が約2年振りの登場となります。政界を退いてしまい、もう出てこないかと思っていたので、この再登場は嬉しいです。久しぶりに片山雛子を見たのですが、やっぱり木村佳乃さん、こういう頭のいい悪女役がとっても似合いますね。笑

 

高橋恵子(たかはしけいこ)

続いて、瀬戸内さんとは兄弟弟子である、尼僧蓮妙役で、高橋恵子(たかはしけいこ)さん。

f:id:inudenchi:20180125020212j:plain

仮出所する瀬戸内さんの身元引受人として登場します。蓮妙は「れんみょう」と読むのですが、シーズン3の最終話「異形の寺」に登場して以来、なんと13年振りの登場となります。まさか相棒でまた高橋恵子さんの姿が見れるとは思っていませんでしたので、予想外の再出演にテンションが上がります。高橋恵子さん、変わらないですね。

 

矢野聖人(やのまさと)

続いて、瀬戸内さんの実家である「徹正院」の檀家総代の息子、常盤臣吾役で矢野聖人(やのまさと)さん。

f:id:inudenchi:20180125020341j:plain

現在はフリーターで、最近まで海外を放浪していました設定です。お寺の荒れた境内の整備を手伝っていて、白骨化した遺体を発見してしまうのが、この常盤臣吾です。さらには何かしら秘密を抱えていそうな雰囲気も。矢野聖人さん、失礼ながら僕は存じ上げていない俳優さんだったのですが、少し癖のある感じで存在感がありました。


以上、今回の主なゲストはこの4名でしょうか。このうち3名が再登場ですので、初登場は矢野聖人さん一名ですね。

また、週刊誌の記者、風間楓子役で芦名星(あしなせい)さんが出演されていますが、シーズン15から今回が3度目の登場ですので、準々レギュラー的な感じかと思い、こちらのゲスト紹介では省かせて頂きました。

 

瀬戸内米蔵が仮出所

元法務大臣で、横領の罪で服役していた瀬戸内米蔵が、出所しました。

f:id:inudenchi:20180125020506j:plain

瀬戸内さんが初めて相棒に登場したのは、シーズン2の最終話「私刑~生きていた死刑囚と赤いベルの女」です。シーズン2と言えば長い相棒の中ではめちゃめちゃ初期ですし、放送されていたのは2003~2004年で、右京さんの相棒は亀山くんです。

そこからちょいちょい登場するようになり、初期相棒ではけっこうお馴染みのキャラクターでもありました。人情味があり正義感も強い政治家です。

特命係に対してはその能力を高く評価し、いつも好意的でしたし、事件解決への協力も惜しみませんでした。信頼関係もあったかと思います。

しかしです。

シーズン7の前後編スペシャルの後編、第2話「還流~悪意の不在」で、なんと逮捕されちゃうんです。

瀬戸内さんは、国際支援物資を巡る不正に関わっていたんです。その不正も、正義感が故のものだったんですけどね。

しかもそれを暴いたのが、右京さんと亀山くんの特命係なんですよ。

シーズン7の「還流」は、亀山くんが卒業をするサルウィンに繋がる物語でもあり、瀬戸内さんが逮捕されるという展開もあり、振り返るとなかなか濃い物語でした。

逮捕された瀬戸内さんですが、その後も神戸くんのときに一回(シーズン9最終話「亡霊」)、カイトくんのときに一回(シーズン12最終話「プロテクト」)だけ再登場しています。

今回、シーズン12のカイトくんのとき以来の再登場ということになりますので、約4年振りの登場です。

それも、刑務所からの出所という形で。

出所した瀬戸内さんは、実家の寺に戻ります。瀬戸内さんは政治家でもありましたが、実家がお寺で僧侶でもあるんですね。

こちら、瀬戸内さんの実家である「徹正院」です。

f:id:inudenchi:20180125020809j:plain

なかなか大きそうなお寺ですけれど、境内は荒れてしまっていて、瀬戸内さんがこれから再興していくようです。

特命係もこのお寺を訪ね、瀬戸内さんと対面しています。

f:id:inudenchi:20180125020828j:plain

右京さんとは約4年振り、冠城くんとは今回が初対面ですね。

冠城くんは法務省にいた頃、大臣だった瀬戸内さんが死刑執行をしないことに不満を持っていたそうです。執行しないなら法務大臣になるな、と。笑

瀬戸内さんは捜査一課の伊丹さん、芹沢さんとも再会していて、ちゃんと二人の名前も覚えてました。

f:id:inudenchi:20180125020912j:plain

また、瀬戸内さんってちょっとお茶目なところもありましたけれど、今回もそんな一面を垣間見えるシーンが。

f:id:inudenchi:20180125020925j:plain

初めてスマホを買って、嬉しそうにする瀬戸内さんです。笑

瀬戸内米蔵らしいですね。笑

そんな瀬戸内さんがついに出所し、右京さんと娑婆にて再会

これは相棒ファンにとってはけっこうたまらない展開です。

せっかく出所しましたので、できれば今後もちょいちょい登場して欲しいです。

まずは後編にて、瀬戸内さんの動向にも注目です。

 

片山雛子が出家?

政界から引退していた片山雛子が再登場しました。

初登場はシーズン3の第1話「双頭の悪魔」です。

瀬戸内さんと同じく、亀山くんが相棒だった時代から何度か登場した、頭の切れる政治家です。悪女です。笑

特命係とも何かと因縁があり、右京さんは彼女のことを「周囲で不祥事や事件が起きるたびに、それを逆手に取り、大きくなっていく」と評しています。お互いの能力を認めているような関係でもありました。

そんな彼女ですが、なんとシーズン14元日スペシャル「英雄~罪深き者たち」にて、政界を退くことになるんです。テロ事件の責任をとり、議員辞職をしてしまうんです。

あの野心家の片山雛子が議員を辞めるなんて、予想もしていませんでしたからね。いずれ総理大臣になるんじゃないかと僕は思ってましたから。

シーズン14にて政界を退いて以来一度も登場せず、あの悪女の姿を見られないことが寂しくもあったのですが、今話にて2年振りの登場です。嬉しいです。

政界引退後の動向が不明だった片山雛子ですが、出所した瀬戸内さんの前に現れるんです。

こちら、瀬戸内米蔵片山雛子蓮妙の再登場三人による貴重なスリーショットです。

f:id:inudenchi:20180125021127j:plain

片山雛子、髪型がショートカットになっていて、以前とは少し印象も違います。ショートカットも素敵ですね。笑

特命係とも2年振りに再会しています。

f:id:inudenchi:20180125021146j:plain

右京さんvs片山雛子というのは、初期相棒からの一つの見どころだと思うので、この再会も心踊るものがありますね。笑

久しぶりの片山雛子は、政界を引退して少しは丸くなったのかな~なんて思ったら大間違い。頭の良い悪女な感じは健在です。笑

そんな彼女ですが、なんと「出家したい」とお願いするために瀬戸内さんを訪ねていたんです。あの片山雛子が出家だなんてびっくりですよね。しかしその真意はどこにあるのか。

今回、片山雛子の部屋か?というシーンも出てきました。

f:id:inudenchi:20180125021232j:plain

 

f:id:inudenchi:20180125021243j:plain

上が夜で下が昼です。おそらくホテルではないと思うのですが…。自宅だとしたら、かなりいい部屋ではないかと思います。窓からの景色、すごそうです。いつかこんな部屋に住んでみたいですね。

また、ホテルのロビーラウンジと思われる場所で、右京さんと一対一で向かい合う場面もありました。

f:id:inudenchi:20180125021302j:plain

今回は特に対決していたわけではないですけれど、この二人が対峙するだけで、面白い展開を期待してしまいます。

まずは後編にて片山雛子の出家がどうなるのか、その行方が気になります。

 

高橋恵子の尼僧が13年ぶりに登場

高橋恵子さんが演じる尼僧蓮妙(れんみょう)13年振りに再登場しました。

これは予想もしていなかった再登場で、びっくりです。

もちろん、とっても嬉しいです。

前回この蓮妙さんが登場したのは、シーズン3最終話「異形の寺」。高橋恵子さんと高橋由美子さんの、白い頭巾を被った尼僧姿が印象的な回でした。

蓮妙さんの登場はこのときの一回のみでしたので、今回はそれ以来二度目の登場ということになります。

蓮妙さんは瀬戸内さんと兄弟弟子なんですよ。二人とも瀬戸内さんの父親に教えを受けているんです。

そんな関係でして、今回瀬戸内さんの仮出所にあたり、この蓮妙さんが身元引受人にもなり、お迎えにも行っているんです。

f:id:inudenchi:20180125021447j:plain

13年振りの登場ではありましたが、高橋恵子さん全然変わってなくて、当時の蓮妙さんのままでした。

美人ですし、週刊誌にも「美貌の尼僧」って書かれてましたね。笑

今回は蓮妙さんの車も初登場して、なんとそれが真っ赤なフェアレディZなんです。

f:id:inudenchi:20180125021526j:plain

蓮妙さん、こんな車に乗ってたんですね。13年前のときは見れなかった、蓮妙さんの新たな一面を見れた気がします。

右京さんとも13年振りの再会を果たしました。冠城くんとはこれが初対面ですね。

蓮妙さんは亀山くんのときに一度出てきただけですので、神戸くん、カイトくんとも会っていないことになります。

シーズン3以来の再登場ですが、これだけインターバルを置いての再登場というのは、今回が初めてのパターンです。同じ役者さんが違う役で、という場合はけっこうありますけれど、同じ役で13年振りに登場、というのは初めてですね。

今後もこのような形の再登場、増えたらいいですよね。

また会いたいキャラクターが相棒にはたくさんいますので。

 

埋められた男とヤロポロク

シーズン15第1話「守護神」から持ち越されていた謎が、ようやく取り上げられ解決に向かうのか?といった流れになりました。

「守護神」にて、社美彌子を密かに探っていた男が、何者かに殺され埋められたことを思わせるシーンがありました。

f:id:inudenchi:20180125021636j:plain

しかしそれについてはその後一切触れられず。シーズン15の第1話で出てきたにも関わらず、シーズン15中にはその後一度もそれについて触れられることもなかったんです。

いったいあの場面は何だったのか?

多くの人がそう疑問に思ったままだったかと思います。僕もです。

ちなみに、殺されて埋められたのでは?と思われているのはこの男です。

f:id:inudenchi:20180125021654j:plain

この男、坊谷一樹という公安調査庁の人間で、演じているのは蔵原健(くらはらけん)さん。

この坊谷は、日下部さんからの指示で社美彌子を探ってました。

社美彌子にはマリアという娘がいますが、その父親はアメリカに亡命した元ロシアのスパイヤロポロク・アレンスキーです。現在もその元スパイと社美彌子が現在も繋がっているのでは?社美彌子が何かしらスパイ行為に関わっているのでは?と目を付けた日下部さんが、社美彌子を潰すために探らせたのではないかと。

しかしこの男、社美彌子を探っている過程で突然何者かに殺され、埋められた可能性が高いんです。

瀬戸内さんの寺で見つかった白骨遺体は、この男なのでは?という流れなのですが、その情報を特命係に流したのは社美彌子です。

社美彌子が冠城くんに情報を流したのですが、この二人はかなり信頼関係が強いのかもしれません。

f:id:inudenchi:20180125021841j:plain

白骨遺体にヤロポロク・アレンスキーが関係しているのか?ヤロポロクは日本にいるのか?など、彼を巡る謎が今後どう動いていくのか、現段階では予想もつかないです。

しかしこの問題の影響で、社美彌子と大河内さんという、珍しいツーショットも見れました。笑

f:id:inudenchi:20180125021916j:plain

また、坊谷の死と社美彌子の問題に絡み、特命係と日下部さんも再び対峙しています。

f:id:inudenchi:20180125021936j:plain

この問題により、お偉いさんたちの動きも落ち着かなくなっている感じがありますね。

後編では、坊谷の死の真相ヤロポロクの行方など、解決されずに持ちこされていた謎を、右京さんにすっきり解決してもらいたいです。

 

シーズン16第13話その他の見どころ

それでは次に、第13話「いわんや悪人をや(前篇)」の、その他細かい見どころをいくつか挙げてみたいと思います。

風間楓子が花の里へ

写真週刊誌「週刊フォトス」の記者である風間楓子。演じているのは芦名星(あしなせい)さんです。

シーズン15最終話「悪魔の証明」にて初登場し、シーズン16第1話「検察捜査」でちょこっと登場、そして今回が三度目の登場です。

今回、瀬戸内さんの仮出所をスクープしたのが彼女なんです。

以前は社美彌子についてのスクープ、今回は瀬戸内米蔵のスクープ、どちらも特命係に関わりの深い人物を立て続けにスクープしていますね。

今回も瀬戸内さん絡みで顔を合わせることになり、なんと特命係と一緒に花の里に来店です。

f:id:inudenchi:20180125022120j:plain

これは右京さんが食事に誘った形です。

ちなみに花の里では、美味しそうなふろふき大根が出てました。

f:id:inudenchi:20180125022138j:plain

風間楓子も美味しいって言って食べてましたね。月本さん、この他にも筑前煮のようなものも作ってました。

何かと今後も登場しそうな風間楓子ですが、なんと片山雛子と繋がりがあることが判明そたんです。どのような繋がりかまでは不明ですが、まさかここで繋がっているとは。

記者の持ってる人脈とか情報網って凄いですよね。

風間さんには、いつか右京さんのプライベートも暴いて欲しいです。笑

 

亀山くんと官房長が登場

大物ゲスト3人の再登場に絡み、前半では回想シーンがちょいちょい差し込まれていました。

その中では亀山くん小野田官房長が登場。

f:id:inudenchi:20180125022249j:plain

 

f:id:inudenchi:20180125022303j:plain

回想シーンとは言え、現シーズン中に亀山くんが登場したということに、ついつい僕は興奮してしまいました。

これは嬉しい。ほんの少しのシーンではありましたが、なんだかとっても嬉しかったです。

また、今回、伊丹さんが特命の部屋に入ってきて、「特命係のかぶらぎわたる~」ってシーンもあったのですが、初期相棒ではお馴染みだった「特命係のかめやま~」を思い出してしまいました。

エンディングのクレジットには、ばっちり亀山薫寺脇康文の名前も出ていて、ここでも興奮。笑

f:id:inudenchi:20180125022338j:plain

もちろん小野田官房長岸部一徳さんの名前も。

どうせなら今度は、回想シーンではなく、現在のシーンで亀山くんには再登場してもらいたいです。

小野田さんは無理ですけど。笑

 

いわんや悪人をや

今回のタイトルの「いわんや悪人をや」。

この言葉、シーズン12最終話「プロテクト」にて、瀬戸内さんが口にした言葉らしいんです。僕は全く覚えていなかったのですが、コメント欄にて教えて頂きました。

しかし、アホな僕はその言葉の意味がわからず。

ですので調べてみました。

これは「善人なおもって往生を遂ぐ、いわんや悪人をや」というフレーズの後ろの部分で、浄土真宗の宗祖とされる親鸞(しんらん)の言葉だそうです。

この言葉は、「善人でさえ救われるのだから、悪人はなおさら救われる」、「善人だって悟りをひらくことができるのだから、まして悪人が悟りをひらき、彼岸に到達できないわけがない」などを意味するそうです。

それを踏まえて今回の相棒のタイトルを見てみますと…

「悪人はなおさら救われる」

そんな意味を持っているタイトルなのでしょうか?

だとしたら後編にどのように繋がっていくのか、その意味するところが気になります。


以上、今日は相棒season16第13話「いわんや悪人をや(前篇)」についてでした。

 

こちらの記事もおすすめ