相棒が好き過ぎて

相棒が好き過ぎて

ドラマ相棒が好き過ぎるが故の戯言と悪ふざけ

相棒シーズン16第5話。教官の父を想う南沢奈央の女刑事

【スポンサーリンク】

「手巾(ハンケチ)」

f:id:inudenchi:20171116003433j:plain

相棒season16第5話のあらすじと感想

本日は、シーズン16第5話についてです。

相棒season16第5話のタイトルは「手巾(ハンケチ)」。放送日は2017年11月15日です。タイトルに()が付くパターンは、(前編)(後編)などの()を除くと今回が相棒史上初になります。ハンケチという読み方も気になりますね。

では最初に、そんな第5話「手巾(ハンケチ)」のあらすじから、ざっくりではありますが紹介したいと思います。

警察学校でベテラン教官が転落して意識不明の重体になるという事故が発生します。その教官は冠城くんや青木年男も警察学校時代に指導を受けた教官です。そして、鑑識として長年特命係を支えてきた人物で、現在は警察学校で教官をしている米沢さん。彼は警察学校内で起きたこの転落事故に事件性を感じ、特命係を呼び寄せます。捜査を開始した右京さんと冠城くんは、転落した教官と、そのの関係に注目します。娘は現役の刑事で、ある事件の捜査にあたっているのですが、重体の父親よりも事件の捜査を優先させています。また、父親が転落する直前に会っていたのはこの娘である可能性も。さらに右京さんは、娘が捜査している事件と父親の転落事故にじょじょに繋がりを見つけていき…果たして転落事故の真相は?娘は事故と関わりがあるのか?右京さんと冠城くんが、真相を究明します。

おおまかではありますが、だいたいこんな感じの内容になります。

今回も面白かったです!

まずは、なんと言っても米沢さんですね。

本編にはそこまで関係なかったですし、登場シーンも思ったより少なかったですけど、やっぱり米沢さんの元気な姿を見れたことは嬉しいです。

これについては後述もさせて頂きますが、やっぱ米沢さんいいな~、戻ってきて欲しいな~と、改めて思ってしまいましたよ。笑

久しぶりに見れた右京さんと米沢さんの絡みには必然的にテンションが上がってしまいましたが、もちろんそれだけでなく、事件そのものも面白かったです。と言いますか、完全にそっちがメインです。

現在起こった転落事故と、23年前に起こった過去の事件、そして刑事である娘が捜査する事件。

それらがどのように繋がっていくのか。

犯人の設定に関しては、ちょっと強引な感じはしましたけれど。笑

きっと犯人云々よりも、物語の本流は、教官である父刑事である娘の関係の方なんだろうな~と。笑

前話の「ケンちゃん」では兄弟の関係というのが一つの鍵になっていましたけれど、今回は親子の関係がクローズアップされていた回でした。

本物の警察官を育てたいという教官の想いだったり、父親を想う娘の気丈な態度だったり、心を動かされるようなシーンもありました。タイトルの「ハンケチ」がそう繋がってるのか~と。その描写にはちょっとグっときてしまいました。

他にも、警察学校時代の冠城くんと青木年男のエピソードも聞けましたし、笑いどころもけっこう多めでしたし、楽しめる要素が多い回だったかと思います。

右京さんが「警察官をナメるんじゃない!」と激昂する姿も良かったです。笑

第5話「手巾(ハンケチ)」、面白かったです!

 

相棒season16第5話のゲスト出演者

それでは次に、第5話に主に登場したゲストさんを紹介します。米沢さんの六角精児さんは特別ゲストという枠かと思いますので、別枠で後述させて頂きます。

南沢奈央(みなみさわなお)

まずは、転落事故で重体となった教官の娘、所轄の刑事である樋口真紀役で、南沢奈央(みなみさわなお)さん。

f:id:inudenchi:20171116004157j:plain

クールで真面目な女刑事の役です。冠城くんに「クールビューティー」と言われてましたけれど、まさにそんな言葉がぴったりでした。失礼ながら僕は、南沢奈央さんという女優さんをあまりよく知らなかったのですが、クールな役がよく似合う美人さんでした。笑顔のシーン一切無しの役でしたね。

佐戸井けん太(さといけんた)

続いて、転落事故で重体となった警察学校の教官、樋口彰吾役で佐戸井けん太(さといけんた)さん。

f:id:inudenchi:20171116004347j:plain

元々は優秀な刑事で、現在は警察学校の厳しい教官で、本物の警察官を育てたいと、そんな熱い想いも持った教官です。佐戸井けん太さんは相棒には今回が二度目の登場で、シーズン3の初回三話連続スペシャル「双頭の悪魔」に別の役で出ています。三話連続ですので、厳密には今回が四話目の相棒登場、ということになります。

 

以上、今回の主なゲストさんは、六角精児さんを除くとこの2名です。

他には、警察学校の生徒、手塚英雄役で羽場涼介(はばりょうすけ)さんが、少しメインな感じで登場しています。

 

教官になった米沢さんと右京さんの再会

六角精児さん演じる、米沢守

元鑑識で、いつも特命係の捜査を助けてくれた、相棒を語るうえでは外せないキャラクターです。

シーズン14最終話「ラストケース」にて、鑑識から警察学校の教官へと旅立って行きました。

それに伴い、相棒のレギュラーからも旅立つ形に。

相棒から米沢さんの姿が消えるというのは、相棒ファンならずとも、淋しい想いをした人はたくさんいるのではないかと思います。

僕もとても淋しかったです。

伊丹さんや芹沢さんと同じく、相棒には欠かせない存在でしたので…。

そんな米沢さんが、この第5話に再び登場してくれました!警察学校の教官として。

f:id:inudenchi:20171116004536j:plain

これは嬉しいです。とても嬉しいです。

登場シーンは予想外に短かったですけれど…笑。

何よりも米沢さんが元気に教官をしてるというのが嬉しいですね。

教官の制服姿もいいです。

こちらは、警察学校内での米沢さんの机のようです。

f:id:inudenchi:20171116004556j:plain

過去に旅立っていったメンバーの再登場は、それだけでもうテンション上がってしまいますね。

右京さんとの再会は、見ているだけで顔がほころんでしまいます。笑

右京さんの「なんだか昔に戻ったようですね~」という言葉にも。

f:id:inudenchi:20171116004618j:plain

米沢さんも右京さんと再会できて、とても嬉しそうでした。

と、ここまで米沢さんと右京さんの再会が、まるで米沢さんが教官になってから初めてのように書いてしまいましたけれど、実はこれが初めてではないんですよね。

これより前、劇場版Ⅳにて、教官になった米沢さんと右京さんは再会しているんです。

劇場版Ⅳの事件は、時系列でいいますと、シーズン15の第2話と第3話の間に起きた事件です。

ですので、米沢さんが教官になって、一年以内に二人は再会してるんですね。

そして今回が二度目の再会

ちなみにシーズン15の二話連続スペシャル、第13話と第14話の「声なき者」でも米沢さんは登場していますが、これは時系列が一年前という設定の事件でしたので、米沢さんがまだ鑑識だった頃の話になります。

本当は鑑識の米沢さんがまた見たいですけど、教官の米沢さんも新鮮で面白いですし、是非また登場して欲しいです。

久しぶりに米沢さんが見れて良かった。

米沢さん、いつか戻ってきてくださいね。

やっぱり過去に活躍した相棒のキャラクターが、こうしてまた登場してくれるのは本当に嬉しいことです。

できれば亀山くん、三浦さん、カイトくん、たまきさんとかもたまに登場して欲しいんです。色々と問題はあるでしょうけれど…笑。

 

教官の父とハンカチを握る娘

佐戸井けん太さん演じる樋口彰吾は、とても厳しい教官です。

警察官の資質がないと判断した生徒に対しては、そのプライベートまで徹底的に調べ、警察官不適格の証拠を突き付けたりもしています。

f:id:inudenchi:20171116004830j:plain

冠城くんや青木年男も彼の生徒だったとのですが、青木年男はこの教官のことを「僕の頭の中では100回殺してます」って言ってました。笑

それだけ厳しい教官だったんですね。

しかしこの厳しさには、「本物の警察官を育てたい」という熱い想いがあるんです。

一方、南沢奈央さんが演じる、警察学校の教官を父に持つ娘は、所轄の刑事です。

f:id:inudenchi:20171116004909j:plain

警察官である父親と同じ道を歩んだ娘。

彼女もまた、強い信念を持った刑事です。

捜査に協力するため、特命の部屋にも来ちゃってます。笑

f:id:inudenchi:20171116004927j:plain

娘を想う父と、父を想う娘。

この父と娘は、過去の事件に関連して、ある特殊な事情を抱えた関係でもあるんです。

そして、教官である父が、本物の警察官を育てるために生徒に厳しくするのと同じように、娘も愛があるからこそ父親に厳しい言葉を投げかけます。

ハンカチを強く握りしめながら。

 

シーズン16第5話その他の見どころ

それでは次に、第5話「手巾(ハンケチ)」の、その他細かい見どころについて、いくつか挙げてみます。

冠城&青木の警察学校時代

冠城くんと青木年男警察学校の同期です。

そして二人とも、今回転落事故で重体となった、樋口教官の生徒でした。

樋口教官は厳しい先生でしたけれど、人を見る目も確かです。

そんな彼が冠城くんのことも褒めている記録がありました。

「常におどけた仕草や軽口をたたく傾向がある」とか「目的のためなら奔放で大胆な行動をとりがちで危なっかしい」と前置きしながらも、「ただし彼には矜持がある」「キャリア官僚の立場を捨ててまで刑事になろうとした強さそれは正義を貫く強さだ」と。

これを読んだ冠城くん、嬉しそうでした。笑

f:id:inudenchi:20171116005119j:plain

また、意外にも、青木年男も彼の目には警察官不適合とは映らなかったようです。

「警察嫌いだからこそ警察の組織にのみ込まれない」と、警察嫌いな点を逆に評価しています。

この樋口教官の評価が果たして正しかったのか間違っていたのか…。

きっと今後はっきりするんでしょうね。

冠城くんは絵が下手

こちら、冠城くんが描いた南沢奈央さん演じる刑事の似顔絵です。

f:id:inudenchi:20171116005156j:plain

なかなか個性的な感じの似顔絵に仕上がってます。笑

一方こちらは青木年男が描いたもの。

f:id:inudenchi:20171116005220j:plain

青木年男、絵が上手いですね。

どうやら警察学校の授業でも似顔絵の授業とかあったみたいですね。

そう言えば、神戸くんが似顔絵が上手だったことを思い出しました。

右京さんの処世術

内村刑事部長に呼び出され、中園参事官から「絶対に事件に首を突っ込むな」と言い聞かされる右京さん。

f:id:inudenchi:20171116005257j:plain

中園さんは三回「事件に首を突っ込むな」と繰り返すのですが、右京さんは「はい」とも「わかりました」とも答えないんです。笑

で、「お話はそれだけでしょうか?では失礼します。」と。笑

その後は当然のように事件に首を突っ込みまくってました。笑

内村さんはこの右京さんの手法に気付いてましたね。笑


以上、今日は相棒season16第5話「手巾(ハンケチ)」についてでした。

 

こちらの相棒記事もおすすめ