相棒が好き過ぎて

相棒が好き過ぎて

ドラマ相棒が好き過ぎるが故の戯言と悪ふざけ

相棒シーズン16第6話。松尾諭の再登場と大河内祭り。

【スポンサーリンク】

「ジョーカー」

f:id:inudenchi:20171123003511j:plain

相棒season16第6話のあらすじと感想

本日は、シーズン16第6話についてです。

相棒season16第6話のタイトルは「ジョーカー」。放送日は2017年11月22日です。ジョーカーとは「道化師」を意味する単語でもあり、「切り札」という意味でも使われます。相棒での「ジョーカー」は何を意味するものなのでしょうか?

それではまず、簡単にではありますが、第6話「ジョーカー」のあらすじから紹介したいと思います。

元捜査二課の刑事が警視庁を訴えるという、異例の裁判が行われます。半年前にその刑事の妻が歩道橋から転落死していて、警察は自殺と判断したのですが、元刑事は殺人ではないかと主張しています。また、元刑事は知人に虚偽の証言をさせたとして警察を退職になり、その処分を不当だとして懲戒免職の取り消しと損害賠償を請求しています。その際に監察聴取にあたっていたのが、警察の代表として裁判に出廷した大河内監察官です。元刑事の代理人は、かつて連続殺人鬼の弁護士として特命係とも接触したことがある、連城弁護士。弁護士からの厳しい追及を受けた大河内さんは、元刑事の妻の死の真相を確かめるため、甲斐峯秋の命を受けた特命係とともに捜査を進めることに。果たして元妻は自殺だったのか?他殺だったのか?特命係と大河内さんが辿り着く真実と、裁判の行方は?

ざっくりですけれど、だいたいこんな感じの内容です。

今回も面白かったです!

久しぶりに裁判の場面から始まる展開で、さらには大河内さんが証人として出廷。めちゃめちゃ貴重なシチュエーションからの始まりに、興奮してしまいます。笑

その後も、大河内さんが特命係と協力して捜査をするという、これまた珍しい流れが待っていて、それだけでも楽しいです。

今回は完全に大河内祭りでしたね。大河内さんの登場シーンかなり多いです。

その大河内さんを冒頭の裁判で追い詰めていたのが、シーズン15「ギフト」で出てきた、松尾諭さん演じる記憶力が凄い弁護士なんです。癖も凄いですけど。笑

最初にこの連城弁護士が出てきたので、「連城弁護士vs右京さん」という対決が目玉になっていく流れかと思いきや、決してそうではなく。笑

全体的には、転落死の真相を究明していく展開が大きな軸で、裁判はその色付け的な要素だったかと思います。

大河内さんと共に特命係が捜査する過程は楽しめました。

そして、結末がまたちょっと悲しいんですよね。シーズン16は結末が悲しい物語が多い気がします。菊池桃子さんの「銀婚式」や、その次の「ケンちゃん」もそうだったので。

予告でも右京さんが「残酷な結末を迎えることになるかもしれませんよ」と言っていたのですが、まさにその通り残酷な結末で、ちょっと胸が詰まるところもありました。

反対に、笑いどころではめちゃめちゃ笑わせて頂きました。僕は声を出して笑ってしまいましたね。笑

最近、笑いどころも洗練されてきている気がします。

あと、衣笠副総監は、完全に相棒での悪代官ポジションですね。笑

振り返ると、意外と見どころが多かった回ではないかと思います。

第6話「ジョーカー」、楽しませて頂きました!

 

相棒season16第6話のゲスト出演者

では続いて、第6話「ジョーカー」に主に登場したゲスト出演者さんを紹介します。

山田純大(やまだじゅんだい)

まずは、警視庁を訴えた元捜査二課の刑事、早見一彦役で山田純大(やまだじゅんだい)さん。

f:id:inudenchi:20171123003922j:plain

妻を転落死で亡くし、自殺という警察の見解に納得がいっていない、元刑事の役です。山田純大さんはこれが二度目の相棒出演で、前回はシーズン11第1話「聖域」に別の役でガッツリ出ています。カイトくんシリーズの第1話でしたので、僕もめちゃめちゃ覚えていまして、同じ役で再び登場か?と思いきや、全く別の役でした…笑。山田純大さんは、歌手の杉良太郎さんの息子さんです。

松尾諭(まつおさとる)

続いて、早見一彦の弁護士、連城建彦役で松尾諭(まつおさとる)さん。

f:id:inudenchi:20171123004035j:plain

脅威の記憶力を持つ弁護士で、キレ者で、ちょっと嫌な感じの弁護士役です。癖が強いです、笑。松尾諭さんは同じ役で今回が二度目の登場。シーズン15第16話「ギフト」で初登場していて、それ以来の登場です。前回登場シーンは少しだったのですが、今回はそれよりはガッツリ出ています。

藤田宗久(ふじたそうきゅう)

続いて、転落死した早見幹子の父親、現役の代議士である松下隆司役で、藤田宗久(ふじたそうきゅう)さん。

f:id:inudenchi:20171123004148j:plain

藤田宗久さんは今回が三度目の相棒出演で、過去にはシーズン6第1話「複眼の法廷」、シーズン7第8話と9話「レベル4」の前後篇に別のちょい役で出ているようです。なので厳密には四話目の相棒登場ですね。以前の出演シーンは僕は全くわからなかったのですが…。

 

以上、今回の主なゲストさんはこの3名です。他には、元刑事の妻で、転落死した早見幹子役で、宮本裕子(みやもとゆうこ)さんが、上の3名に続くゲストさんかと思います。

 

連城弁護士の再登場

警視庁を訴えた元刑事の代理人として登場した弁護士、松尾諭さん演じる連城建彦

法廷にて、警察の代表として出廷した大河内さんを追い詰めようとします。監察聴取が行き過ぎたものだったのではないかと。

f:id:inudenchi:20171123004236j:plain

この連城建彦は、かなり嫌な感じの弁護士なのですが、キレ者です。

シーズン15第16話「ギフト」で初登場していて、その時は野間口徹さん演じる連続殺人鬼、北一幸の弁護士として特命係と接触しています。

前回は登場シーンこそ多くはなかったのですが、なかなか癖が強いキャラクターでしたし、これはきっとまた出てくるんだろうな~と。笑

鈍い僕でもそんなふうに思ったのですが、見事にその通りに再登場してくれました。笑

この連城ですが、なんと会話の98%を記憶できるという、驚異的な記憶力の持ち主なんです。

右京さんの記憶力も凄いですけど、連城弁護士も凄いです。

今回はその凄さが発揮される場面は特になかったんですけどね。笑

連城弁護士は、右京さんを何故かかなり意識していて、好戦的でもあります。今回二人が対峙する場面も。

f:id:inudenchi:20171123004416j:plain

右京さんの才能を認め、闘いたがってるような雰囲気もありますね。

今回は直接対決とまではいかなかったのですが、おそらく今後この二人は何度か対決していくのではないかと思われます。

僕は相棒で弁護士と言えば、松下由樹さん演じる武藤かおり弁護士をまず思い浮かべてしまうのですが、武藤さんはもう出てこないのでしょうか。

連城弁護士と右京さんの今後の対決も楽しみですけど、武藤かおりの再登場も期待しています。笑

 

大河内さんの優しさ

この第6話は、大河内ファンにはたまらない回だったかと思います。

大河内さんがこれだけ登場する回も珍しいのではないかと。

さらには今回、転落死の真相を究明するため、大河内さんと特命が協力して捜査する場面もあって、仲良しだな~と。笑

特命係の部屋にも何度も足を運んでました。

f:id:inudenchi:20171123004520j:plain

第2話では、大河内さんが衣笠副総監に近付いているようなシーンもありましたので、特命との関係がちょっと気にはなってたんですけどね。

見ている限りは仲良しでした。

そして今回、そんな大河内さんの優しさが光る回でもありました。

警視庁を訴えた元刑事に対して、その真意を見抜き、真正面から受け止め、しっかりと対応してるんです。

訴えられている身にも関わらず、相手の気持ちを察してあげているんです。

f:id:inudenchi:20171123004544j:plain

鬼監察官と怖れられている大河内さんですけど、実は優しい男なんですよね。

大河内さんも、過去に大切な人を亡くしていますからね。

冠城くんが大河内さんの過去について知りたがっていましたが、相棒内でそれが話題に上がったのは久しぶりですね。

大河内さんがゲイだということ、まるでなかったかのような感じになってましたからね。笑

あとは同じく久しぶりにラムネにもスポットが当たってました。

冠城くんは、大河内さんの錠剤が気になってたようですが、その匂いでラムネだって当ててました。

f:id:inudenchi:20171123004705j:plain

冠城くんの嗅覚も凄いですけどね。

大河内さんの優しさが光り、過去ネタにもちょっと触れられ、ラムネも取り上げられ…。

大河内祭りでした。笑

 

衣笠副総監と特命係の初対面

大杉漣さん演じる衣笠副総監は、特命係の存在を快く思っていません。

また、現在、実質的な特命係の後ろ盾に近い存在にもなっている、甲斐峯秋とも対立する関係です。

甲斐峯秋もろとも、特命係を葬り去ろうと画策もしています。

シーズン15第1話からの登場だったのですが、なんとここまで特命と直接対峙することはなかったんです。

つまり衣笠さんは、右京さんとも冠城くんとも、一度も直接会ってないんです。

衣笠副総監本人ではなく、彼の娘である市原里奈は、シーズン15第11話「アンタッチャブル」で特命ともがっつり絡んでるんですけどね。

それがこのシーズン16第6話にて、ついに直接対峙です。

f:id:inudenchi:20171123004806j:plain

水谷豊さんと大杉漣さんも、相棒の撮影で対面するのはこれが初めてだったのかな~、とかも考えてしまいますが。笑

衣笠副総監と、右京さん冠城くんの初対面

和やかな対面とは言えないものでしたし、緊張感もある場面でした。

今回特命係は甲斐峯秋からの指示で事件に首を突っ込んだのですが、おそらくそれには甲斐峯秋の思惑があります。

権力をものともせず、出世にも関心がない特命係は、様々なしがらみなどにより捜査が難航する場では、いわば「切り札」なわけですね。

衣笠副総監が特命係もろとも甲斐峯秋を潰そうとしているのと同じく、甲斐峯秋も特命係を使って衣笠副総監を潰そうとしているんです。

甲斐さんはシーズン16の第2話にて、特命係の直属の上司になっていますし。

今後も特命係は、衣笠さんと甲斐さんの権力闘争に巻き込まれて行くのでしょうか?

 

シーズン16第6話その他の見どころ

では続きまして、第6話「ジョーカー」の、その他細かい見どころについて、いくつか挙げてみたいと思います。

角田が大河内に怒られる

いつものごとく「暇か?」で特命の部屋に入って来た角田課長。

コーヒーをいれながら、大河内さんの陰口を叩いているのですが…。

なんとそこに、大河内さんがいたんです。笑

で、角田課長ねちねちと怒られてました。笑

f:id:inudenchi:20171123004939j:plain

この場面は笑わせて頂きましたが、右京さん、冠城くん、角田課長、大河内さんという、この4人の組み合わせもいい感じでした。

気配を消す右京さん

一課の部屋に忍び込んで、しれ~っと会話を盗み聞こうとしていた右京さんと冠城くん。

冠城くんは伊丹さんによりすぐ見つかってしまったのですが、なんと右京さんが完全に気配を消してたんです。笑

かなり人がいる場所にいたかと思われるのですが、誰にも気付かれず。

f:id:inudenchi:20171123005022j:plain

伊丹さんも芹沢さんも気付いていませんでしたね。

右京さん凄いです。笑

右京さん、なんだか最近キャラが変わってきている気がします。笑

青木年男と衣笠副総監

青木年男と衣笠副総監は繋がりがあります。

どちらも特命を快く思っていない点で共通していますし、青木年男は衣笠さんのコネで警察に入ったと思われる節もあります。

そんな青木年男が、今回も衣笠副総監と密会です。

f:id:inudenchi:20171123005124j:plain

そうかと思えば、特命の捜査にも協力して、真相の究明に貢献したり。

一体どちらの味方なのか、どんな魂胆があるのか。

青木年男に関しては、まだまだ謎が多いですね。

果たしてこのシーズン16にて、青木年男問題は解決するのかどうか、気にはなりますが。


以上、今日は相棒season16第6話「ジョーカー」についてでした。

 

こちらの相棒記事もおすすめ