相棒が好き過ぎて

ドラマ相棒が好き過ぎるが故の戯言と悪ふざけ

相棒20第13話『死者の結婚』山本舞香の正体と冥婚絵。


第13話『死者の結婚』

f:id:inudenchi:20220127000335j:plain

あらすじと感想

本日は、シーズン20第13話についてです。

相棒season20第13話のタイトルは『死者の結婚』。放送日は2022年1月26日です。当然ながら死者というのは結婚できるものではありませんので、このタイトルがどんな意味を持っているのか。

それではまず、第13話『死者の結婚』のあらすじから紹介していきたいと思います。テレビ朝日の公式サイトより引用させて頂きます。

捜査一課刑事・伊丹憲一(川原和久)のもとを、元似顔絵捜査官・黒瀬和成(勝部演之)が訪ねて来た。黒瀬は1枚の絵のコピーを手に、13年前の失踪事件について確認に来たと話す。
興味を抱いた特命係の杉下右京(水谷豊)、冠城亘(反町隆史)が話を聞くと、その絵は13年前、学校帰りにこつ然と姿を消した当時10歳の少女・多岐川未来(加川心菜)の“冥婚絵”だという。冥婚とは、未婚のまま若くして亡くなった故人の死後の世界での幸せを願い、仮想の結婚式を挙げる風習のこと。黒瀬は定年退職後、ボランティアで“冥婚絵”を描く絵師として活動をしており、2カ月ほど前、未来の父・直樹(筒井巧)、母・愛子(宮田早苗)に依頼され、23歳になった彼女を想像してウエディングドレス姿の絵を描き上げたらしい。ところが、3日前、多岐川家の庭先で自分が描いた肖像とそっくりな若い女性を目撃。未来が無事戻ってきたのか気になって、かつての後輩・伊丹のもとに確かめに来たと打ち明ける。だが、未来が保護されたという報告は入っていなかった。
気になった右京たちが多岐川家を訪問すると──現れたのはホクロの位置まで冥婚絵と同じ女性・菅原遥香(山本舞香)。愛子によると遥香は未来の従姉妹だというが、右京は愛子が「未来を助けられなかったのは私にも責任がある」ともらしたひと言に引っかかりを感じる。調べたところ、愛子が事件直後、未来のランドセルを持った男を目撃していたことがわかるが…!?
そんな中、フリーター・西條雅弘(横井翔二郎)が自宅で刺殺されていたのが発見された。彼は人づきあいを極端に避けて暮らしていたようだったが、部屋の中からなぜかプリントアウトされた未来の冥婚絵が見つかった。新たに起きた殺人事件、多岐川家にいた謎の女、そして13年前の失踪事件──冥婚絵によって結びついた事件の真実とは…!?
(引用元:https://www.tv-asahi.co.jp/

今回も面白かったです!

このたびの中心は、13年前に行方不明となった一人の少女。

そんな少女が、13年という時を経て、自宅に戻ってきたという導入からして、そそられます。

で、この少女をめぐる様々な謎が次々と提起されます。一つの謎が解かれてはまた新たな謎が生じるような展開で、否応無しに惹き込まれてしまいました。

殺された男に少女が長年監禁されていたのでは?と、おそらく、見ている多くの人は序盤でそう考えたのではないかと思います。僕もそう思いましたし。そしてこの少女が男を殺害し逃げてして来たのでは?と。

だとしたら両親も、娘の将来を案じるが故に、また娘を殺人犯にしたくないが故に、娘ではないと言い張る理由にもなりますし、辻褄も合いますからね。

しかしです。

そんな推理は見事に覆されます。さすがは相棒。そんなに単純ではありませんでした。どんでん返しにやられます。

何よりも謎の女性の正体というのが、ほんとに最後まで全くわからない作りになっていました。

冥婚絵が全てを繋ぐ大きな鍵になっていたのですが、僕は冥婚絵という風習についても初めて知りましたので、これでまた一つ物知りになれました。

謎の女性役の山本舞香さんも素敵でしたし、相棒には3度目の出演となる、元似顔絵捜査官役の勝部演之さんもよかったですね。

元似顔絵捜査官が伊丹さんの先輩刑事という設定だったため、今回は伊丹さん単独での登場シーンも多かったですし、特命との絡みも楽しめました。冠城くんとじゃれ合ってる場面もありましたし。さらにはこてまりにも初来店で、最後はかっこいい伊丹さんも見れました。

行方不明となった少女や、その家族の気持ちを思うと、切なくてやり切れなくなってしまいますが、何よりも最後がちょっといい話でしたので、気持ちのいい終わり方ではありました。山本舞香さんの最後の笑顔が印象的でした。

少女の誘拐、監禁というのは、どうしても現実に起こった「新潟少女監禁事件」を連想してしまったりもするんですけどね。途中からは全く思ってもいない方向に進んでいきました。

また、青木年男も思ってもいない大きな貢献をしてましたけど。笑

冥婚絵をめぐる失踪事件と謎の女性の物語、楽しませて頂きました。

第13話『死者の結婚』、面白かったです!!

 

ゲスト出演者

では続きまして、第13話『死者の結婚』に出演された、主なゲストさんを紹介したいと思います。

山本舞香(やまもとまいか)

元刑事が描いた冥婚絵にそっくりな女性、菅原遥香役で山本舞香(やまもとまいか)さん。

f:id:inudenchi:20220127001035j:plain

冥婚絵は、13年前に行方不明になった多岐川未来という少女が成長した姿を想像し、描かれたものです。つまり、行方不明になっているはずの少女と、そっくりな女性という解釈もできます。彼女は現在、未来の両親である多岐川夫妻の家で暮らし、未来の従姉妹だと語っています。

山本舞香さんはモデルとしてもご活躍されている女優さんです。近年出演作品も多い、旬な女優さんです。相棒は初出演でして、最後まで正体のわかない謎のヒロインを演じています。

 

以上、今回の主なゲストさんは、山本舞香さん1名になります。

他には、似顔絵捜査官だった元刑事、黒瀬和成役で勝部演之(かつべのぶゆき)さん。13年前に行方不明になった10歳の少女、多岐川未来役で加川心菜(かがわここな)さん。未来の母親、多岐川愛子役で宮田早苗(みやたさなえ)さん。未来の父親、多岐川直樹役で筒井巧(つついたくみ)さん。何者かに殺害された引きこもりの男、西條雅弘役で横井翔二郎(よこいしょうじろう)さん。未来のピアノの先生、松尾紗月役で街田しおん(まちだしおん)さんなどが、ちょいゲストさんで出演されています。

勝部演之さんは、別役で3話目の出演(過去にはPS1、S16-15)、宮田早苗さんは、別役で2話目の出演(過去にはS17-6)、筒井巧さんは、別役で3話目の出演(過去にはS6-1、S9-11)です。

 

冥婚絵の山本舞香

このたびの物語は、一枚の「冥婚絵」がきっかけになったものでした。

「冥婚(めいこん)」というのは、未婚で亡くなった人の遺族が、弔いのために仮想の結婚式を挙げる風習だそうです。僕はこのような風習があること、初めて知りました。神話や伝説にも冥婚の物語があり、東アジアと東南アジアでは、実際に風習として古くからみられるものらしいです。日本でも青森県と山形県の一部などにあり、「ムカサリ絵馬」として知られているそうです。

で、その冥婚の際に使われる「冥婚絵」というものがあります。結婚式写真、的な絵ですね。亡くなった人を描いている絵になるわけです。

こちらは、多岐川未来という、10歳のときに行方不明となってしまった少女の冥婚絵です。

f:id:inudenchi:20220127001327j:plain

この絵を描いたのは、ボランティアで絵師として活動している、黒瀬という元刑事です。

f:id:inudenchi:20220127001349j:plain

黒瀬はかつて似顔絵捜査官をしていて、伊丹さんの所轄時代の先輩刑事でもあります。

ちなみにゲストの項でも触れていますが、黒瀬役の勝部演之さんは相棒には別役で三度目の出演。その一度目がなんと、記念すべき最初の相棒、プレシーズン第1話『刑事が警官を殺した!?』での出演なんです。捜査一課の係長役ですね。当時も伊丹さんの上司役です。で、二度目は約17年振りに、S16第15話『事故物件』に孤独死した会長役で出てます。下の画像、左が一度目、右が二度目の出演時です。

f:id:inudenchi:20220127001417j:plain

未来ちゃんは下校途中に行方がわからなくなり、消息不明のまま。何者かに連れ去られた可能性が濃厚ですが、いまだに手掛かりも見つかっていません。

黒瀬がこの絵を描いたのは、彼女の失踪から13年後の現在ですので、成長した23歳の彼女の姿を想像して描いたものになります。

しかしです。

なんと黒瀬はこの絵にそっくりな女性を、冥婚絵を描いた数か月後に、未来ちゃんの両親が住む多岐川家にて目撃してしまうんです。

f:id:inudenchi:20220127001502j:plain

山本舞香さん演じるこの女性、確かに似顔絵とよく似ています。

未来ちゃんがどこかで保護され、無事に自宅に戻っているのだとしたら、似顔絵にそっくりな女性が自宅にて目撃されたとしても不自然ではありません。

しかしです。13年もの間行方不明だった少女が見つかったのなら、ニュースとして報じられもするでしょうし、何より警察も動いているはずです。

それなのに、警察にもそのような情報は一切もたらさせていないんです。黒瀬はそれを確かめに、後輩である伊丹さんのもとを訪れたわけです。

これに興味を抱いた右京さんと冠城くんは、直接多岐川家を訪ねますが、その女性は未来ちゃんではなく、菅原遥香という従姉妹だと聞かされることに。

しかし似顔絵とはほくろの位置まで同じでして、従姉妹という主張もにわかには信じ難い。

f:id:inudenchi:20220127001601j:plain

f:id:inudenchi:20220127001608j:plain

つまり、似顔絵やその他の状況を踏まえると、女性が未来ちゃん本人である可能性が高いんです。

だとしたら、「なぜ警察に報告しないのか?」「13年間どこにいたのか?」「どのように戻ってきたのか?」「なぜ従姉妹だと語るのか?」など、多くの謎が生じます。

そんな中、ここにもう一つ新たな謎が加わります。

引きこもりの男性が何者かに刺殺されるという事件が起き、その現場からはプリントアウトされた未来ちゃんの冥婚絵が見つかるんです。

f:id:inudenchi:20220127001629j:plain

刺殺された男と未来ちゃんの接点を考えるのならば、この男が長年に渡り未来ちゃんを監禁していたとも考えられます。そして未来ちゃんがこの男を殺害し、逃げ出したのではないかと。

ところがどっこい。

男の部屋からは、未来ちゃんの私物が一つ見つかりはするのですが、監禁していた痕跡は一切見つからないんです。

それが何を意味するのか。

事件の真相が明らかになったとき、菅原遥香と名乗る女性が、成長した未来ちゃんなのかそうではないのかも明らかになります。

そしてその正体の秘密には、家族の愛がありました。

 

その他の見どころ

では次に、第13話『死者の結婚』のさらに細かい見どころを、一つ挙げてみたいと思います。

こてまりに伊丹

伊丹さんがこてまりに初来店です。

このたびの事件は伊丹さんの先輩刑事から持ち込まれたものでしたので、伊丹さんもいつもとはまた少し違った役割を担っていました。

そして事件解決後、どうやら一人こてまりにて、特命係が来るのを待っていた様子。

f:id:inudenchi:20220127001747j:plain

ちなみに伊丹さんと小手鞠さんもこれが初対面ではないかと。

伊丹さん、カウンター席にちゃんと座ってビールも飲んでました。右京さんと冠城くんが姿を見せると「まさか特命係の行きつけの店だったとは」と。笑

で、こてまりにて右京さん冠城くん伊丹さんが並んで座る3ショットという、とっても嬉しい絵も見ることができます。

f:id:inudenchi:20220127001837j:plain

伊丹さん、この後すぐ立ち上がって帰っちゃうんですけど、なんと右京さんと冠城くんのお代も置いていくんです。「2人のお代もこれで。お釣りは結構」って。

f:id:inudenchi:20220127001853j:plain

伊丹さんが置いたのは2万円でした。これは自分のお題を確認してからのことでしたので、多めに置いたとしても、なんとな~くこてまりのお値段が推測できます。こてまりや花の里にて、こんなふうに現金が置かれる場面ってのも初めてですね。

伊丹さんなりに、事件を解決してくれた特命へのお礼なんだと思います。伊丹さんのこういうとこ、好きです。

今回は芹沢さんや出雲麗音の姿はなく、伊丹さん一人での来店でしたので、いつか捜一トリオで来店するのを楽しみにしております。

 

以上、今日は相棒season20第13話『死者の結婚』についてでした。

 

こちらの相棒記事もおすすめ