相棒が好き過ぎて

ドラマ相棒が好き過ぎるが故の戯言と悪ふざけ

相棒20第2話『復活~死者の反撃』死んだ加西周明が復活


第2話『復活~死者の反撃』

f:id:inudenchi:20211021011855j:plain

あらすじと感想

本日は、シーズン20第2話についてです。

相棒season20第2話のタイトルは『復活~死者の反撃』。放送日は2021年10月20日です。第1話『復活~口封じの死』の続編で、三部作の第二部になります。10分拡大SPでの放送です。

第1話については、こちらの記事で紹介しています。

それではまず、第2話『復活~死者の反撃』のあらすじから紹介します。テレビ朝日の公式サイトより引用させて頂きます。

特命係の杉下右京(水谷豊)、冠城亘(反町隆史)が見つけた、元弁護士・中郷都々子(織田梨沙)の遺体──。ためらい傷も残されていたことから検視の結果、自殺として処理されることとなった。
右京たちはもちろん他殺を確信していたが、なぜ犯人は自殺に見せかけようとしたにもかかわらず、玄関に施錠もせず、季節外れの冷房という見え透いた偽装工作をしたのか。ちぐはぐで説明がつかない状況が重なっていることも事実だった。
その矢先、センセーショナルな記事が新聞の一面を飾った。甲斐峯秋(石坂浩二)が検察に圧力をかけて部下である亘を不起訴処分にしたというでたらめな内容だったが、週刊誌の報道も追随し、甲斐は集中砲火を浴びることに。亘を窃盗犯に仕立てた挙句、突然、不起訴にして釈放したのは、このためだったのか。右京は、すべてが内閣官房長官・鶴田翁助(相島一之)が仕掛けた策略だったことを直感。甲斐をターゲットに据えたのも、特命係へのけん制が目的だと見抜く。
そんな中、都々子の遺体から筋弛緩作用のある毒物が検出され、一転、他殺の疑いが色濃くなった。鶴田のやり口に憤る右京と亘は、加西周明(石丸幹二)が遺した”鍵”に注目。それは都々子が言っていたとおり鶴田の“弱点”なのか──特命係は反撃を開始するべく鍵の謎を探ろうとするが、またしても新たな遺体が見つかる事態が発生。事件はさらに深い闇に包まれていく…。
(引用元:https://www.tv-asahi.co.jp/

今回も面白かったです!!

第1話が終了した時点では、この初回SPが三部作というのは明らかにされていませんでした。最近の相棒では前後編の2話連続というのが初回SPの定番になっていましたので、それを覆された形です。

これまでの相棒で三部作というのは、S3『双頭の悪魔』だけでしたので、それ以来二度目の三部作ですね。『双頭の悪魔』が朱雀官房長との闘いでしたので、今度はそんな朱雀を師と仰ぐ鶴田官房長との闘いが、またしても三部作で描かれていることになるわけです。

第1話の終了から、この後にどんな物語が待っているのか気になって仕方なかったので、続きがようやく見れたことは嬉しいのですが、さらにまだ続くとは。

第1話はラストで中郷都々子が遺体で発見されるという、なかなかショッキングな終わり方でした。僕は個人的に織田梨沙さんけっこう好きなので、今後も都々子は準レギュラー的な感じで出てくるのでは?なんて期待してたとこもあるので、別の意味でも余計にショッキングでしたけど。

当然ながら都々子は殺し屋に殺された可能性が濃厚ですが、柾庸子と同じく、殺人の証拠がないため、またしても自殺として処理されてしまいます。特に都々子の死は、玄関の鍵もかかっていませんでしたし、季節外れに過度な冷房が効いていたという、不自然な点も多かったですし。

そんな柾庸子と中郷都々子、この二人の死の真相を追うのが、軸の一つではあります。

そして第1話でも「加西周明が遺した鍵」というのが、文字通り鶴田を追い詰める何かしらの鍵になるであろうことは提示されていましたが、こちらも大きな軸の一つです。加西が遺したものが何なのかを、特命係が究明していきます。

三部作の第二部という位置的に、全ては捜査の真っ只中な段階です。

わかったことも少しはありますが、まだまだわからないことの方が多いですね。殺し屋の真実にはちょっとびっくりしました。そうきたか、と。

捜査の過程で、特命係は再び仮想国家「ネオ・ジパング」にも潜入しましたので、右京さんと冠城くんの衝撃的なVR姿を、このたびもまた見ることができました。前回のコスプレも凄かったですけど、今回は青木年男も加わり、また違った凄い姿に。大いに笑わせて頂きました。笑

今回は青木の登場シーンも多かったので、その分笑いどころも多かったかと思います。青木以外でも、鍵泥棒のくだりなんかも最高でした。右京さん絶好調でしたね。

第1話に続き、甲斐さん、社美彌子、衣笠副総監、大河内さん登場します。

中でも甲斐さんが、鶴田の策略により集中砲火を浴びることとなり、闘いの渦中に放り込まれます。特命係vs鶴田翁助という大きな構図はそのままではありますが、鶴田翁助vs甲斐峯秋というもう一つの闘いにもなっていくんです。

第1話で登場した殺し屋のその後や、新たな謎の男の登場など、もう次から次へと色んなことが起こりますので、目が離せません。気を抜くと置いて行かれます。

おそらく第三部では、加西の鍵から鶴田を追い詰める軸と、謎の男から辿っていくいく軸と、それらが絡み合って結末へと向かうのではないかとは思うのですが…まだまだ読めないことだらけです。読めないからこそ面白いんですけどね。

また、今回は普段なかなか見られない組み合わせも、色々と見ることができました。衣笠副総監・甲斐峯秋・社美彌子の3ショットだったり、特命係・青木年男・大河内さん・衣笠副総監・社美彌子という組み合わせだったり。中園さんと捜一トリオのシーンも、何気に新鮮でしたし。

内村さんの部屋に、待望の新しい額が登場したのも嬉しかったです。

タイトルの「復活」が何を意味しているのか、完結編まで見ないとまだわからないのかもしれませんが、第1話は朱雀の復活、第2話は加西の復活、今のところそんな解釈をしてみてはいます。

ちなみに本田博太郎さん、第2話では一切出てこなかったですね。

鶴田翁助という強大な敵との闘いは、まだまだ終わりません。第3話でどんな結末が待っているのか。

国家の闇と闘う特命係という、王道パターンであるにも関わらず、これだけまだまだ楽しめるっていうのは、相棒ならではですね。

第2話『復活~死者の反撃』、面白かったです!

 

ゲスト出演者

では続きまして、第2話『復活~死者の反撃』に出演された、主なゲストさんを紹介します。

相島一之(あいじまかずゆき)

大きな権力を持つ内閣官房長官で、殺人事件に関与している疑惑がある、鶴田翁助役で相島一之(あいじまかずゆき)さん。

f:id:inudenchi:20211021012412j:plain

ディープフェイクを巡る殺人事件、加西周明の暗殺、さらには柾庸子や中郷都々子の死にも何かしら関わっている可能性がある、疑惑だらけの人物です。自らの地位を脅かすかもしれない特命係の二人を、邪魔な存在として認識し、潰そうと画策しています。

相島一之さんは、S18最終話『ディープフェイク・エクスペリメント』、S19第19話『暗殺者への招待』、S19最終話『暗殺者への招待~宣戦布告』、S20第1話『復活~口封じの死』に続き、今回が同じ役で5話目の出演です。それ以前にも、S5第18話『殺人の資格』とS15第9話『あとぴん~角田課長の告白』に、それぞれ別役でも出演されていますので、全部で7話目の相棒出演です。

 

織田梨沙(おだりさ)

柾庸子とは同郷で、その死に疑問を持ち独自で調査をしていた弁護士、中郷都々子役で織田梨沙(おだりさ)さん。

f:id:inudenchi:20211021012452j:plain

元々は鶴田とも繋がりがある、大手法律事務所であるエンパイヤ・ロー・ガーデンの弁護士で、出雲麗音を銃撃した実行犯、朱音静を担当していました。鶴田を追い詰められるかもしれない「鍵」を特命係にもたらした人物でもありますが、不可解な死を遂げ遺体となって発見されています。

織田梨沙さんは、S19第19話『暗殺者への招待』、S19最終話『暗殺者への招待~宣戦布告』、S20第1話『復活~口封じの死』に続き、今回が同じ役で4話目の出演です。

 

石丸幹二(いしまるかんじ)

仮想国家『ネオ・ジパング』を築いたIT長者で、何者かに暗殺された、加西周明役で石丸幹二(いしまるかんじ)さん。

f:id:inudenchi:20211021012524j:plain

お金で人を意のままに操り、朱音静を使って出雲麗音を銃撃させた首謀者でもあります。何者かに暗殺されてしまいますが、その裏には鶴田の姿が見え隠れします。生前に彼が弁護士に預けた鍵に、鶴田を追い詰める秘密が隠されている可能性があり、特命係が追っています。

石丸幹二さんは、今回が同じ役で6話目の相棒出演です。過去5話は、S19第1話『プレゼンス』と第2話『プレゼンス(後編)』、S19第19話『暗殺者への招待』とS19最終話『暗殺者への招待~宣戦布告』、S20第1話『復活~口封じの死』です。

 

以上、今回の主なゲストさんは、上記3名になります。

他には、建造物侵入で冠城くんに連行された鷲見三乘役で、味方良介(みかたりょうすけ)さん。内閣情報官の栗橋東一郎役で、陰山泰(かげやまたい)さん。検事の階真役で辻本祐樹(つじもとゆうき)さん。柾庸子の叔父である柾七平役で、長江英和(ながえひでかず)さん。所轄の刑事、糸以蔵役で佐野光洋(さのみつひろ)さんなどが、ちょいゲストさんで出演されています。

陰山泰さんは8話目(過去には同じ役でS18-20、S19-19、S19-20、S20-1、別役でS3-4、S3-5、S12-12)、辻本祐樹さんは4話目(過去には同じ役でS20-1、別役でS5-18、S15-1)、味方良介さんは同じ役で2話目(過去にはS20-1)、長江英和さんは同じ役で2話目(過去にはS20-1)の出演です。

 

加西周明の遺した鍵

加西周明と鶴田翁助は、かつては持ちつ持たれつの仲でした。鶴田は加西の金を利用し、加西は鶴田の権力を利用していたような感じですね。

しかし、出雲麗音の銃撃事件にて、加西の関与と裏工作が発覚し、鶴田のところにまで捜査の手が及ぶ危険が生じたため、鶴田にとって加西は邪魔者となり、消されてしまうことに。

鶴田は自分にとって邪魔な人間は暗殺してしまう、冷徹で恐ろしい男なんです。

加西も暗殺に対しボディーガードを大勢雇うなどしていましたが、それでもやられちゃったんでよね。

さらにその後、暗殺に関与した容疑者として特命係が逮捕した柾庸子までが、拘置所にて謎の死を遂げてしまいます。

つまり、鶴田へと繋がりそうな人物は、次々と口封じをされているような形です。

ですのでなかなか特命係も、鶴田の尻尾をつかむことができずにいるわけです。

そんな中、なんと鶴田の逮捕へと繋がるかもしれない「切り札」を、加西周明が遺していた可能性が浮上します。それがこちらの鍵です。

f:id:inudenchi:20211021012656j:plain

加西は生前に、この鍵を三門弁護士に預けていました。なぜ鶴田と繋がりがある三門に預けたのかは、じゃっかん謎ではありますが。

この鍵を中郷都々子がこっそりと手に入れます。つまり、盗み出したってことですね。その鍵が、都々子から特命の手に回ってきました。

都々子はいわば、この鍵を盗み出したがために、殺されてしまったようなものでもあります。

鍵は鶴田により取り返されてしまいましたが、なんと右京さんがすり替えていて、本物はまだ右京さんの手の中にあったんです。完全な鍵泥棒です。

f:id:inudenchi:20211021012736j:plain

角田課長もこの行為には「見ざる言わざる聞かざるだ」と。青木年男には「想像を絶する悪党どもだな」って言われてました。笑

で、優秀な青木が、この鍵がどこの鍵なのかを突き止めちゃってます。青木はほんとに凄いです。

そしてこの鍵を辿って行った先には、またしてもVRの世界がありました。

S19『プレゼンス』では、右京さんと冠城くんが「ネオ・ジパング」に潜入することにより、事件の真相へとたどり着くこととなりましたが、今回も再びVRに潜入です。

潜入先は「加西周明の館」。

f:id:inudenchi:20211021012829j:plain

ちなみにこちらのロケ地は、群馬県にある「大理石村ロックハート城」です。津川雅彦さんがイギリスから購入したお城です。

かつて相棒では、S4第1話『閣下の城』。S5第17話『女王の宮殿』でも使われています。相棒以外でも多くのロケ地として使われ、『翔んで埼玉』でも出てきてます。

今回はこのお城が、加西周明の館になって登場です。

今回のVR潜入は、青木年男も加わり三人で。しかもなぜか、三人とも忍者の格好になってます。

f:id:inudenchi:20211021012856j:plain

右京さんが紫、冠城くんが青、青木年男が黄色という、なんだかヒーローものみたいです。なかなかインパクトのあるコスプレです。笑

そしてこの忍者に扮した三人を出迎えたのは、死んだはずのあの男でした。

f:id:inudenchi:20211021012914j:plain

復活です。

 

鶴田翁助vs甲斐峯明

鶴田は特命係が邪魔で仕方ありません。

自分に捜査の手が伸びるかもしれないという状況だけでも、おそらく許せないんだと思います。

当然、特命係を潰すために仕掛けてきます。それも周到な根回しをして。

前話では、ディープフェイクにより、冠城くんが加西の遺した鍵を盗み出した犯人へと仕立て上げられ、逮捕されてしまいます。

その後冠城くんはすぐに不起訴となり、釈放されたのですが、この釈放には鶴田の別の魂胆があったんです。非常に狡猾です。

なんと、「甲斐峯秋が検察に圧力をかけ、部下である冠城くんを不起訴にした」という新聞記事が出てしまうんです。

f:id:inudenchi:20211021012953j:plain

これはもちろんでたらめな記事ではありますが、週刊誌などもこの報道を追随しまして、甲斐さんへの非難が止まらなくなるという事態に。こてまりさんまで甲斐さんの愛人説が出たりして、槍玉に挙げられてました。

捏造報道というのは、ほんとに恐ろしいですね。

鶴田は特命係を、甲斐さんもろとも葬り去ろうとしてきたわけです。

しかしそんな鶴田の攻撃に対し、甲斐さんが吠えます。

右京さん、冠城くん、甲斐さんという三人でのこてまりシーン。

f:id:inudenchi:20211021013021j:plain

特命と甲斐さんがこてまりにて一緒に呑むのは、S19元日SP『オマエニツミハ』のとき以来ではないかと。

このとき、冠城くんが甲斐さんに「止まりませんよ俺たち、決着つくまで」と発したところ、甲斐さんは「誰が止まれと言った。叩き潰せ、鶴田翁助を!完膚なきまでに!」と激しく応じます。

f:id:inudenchi:20211021013037j:plain

甲斐さん、マジで怒ってます。

この闘いは、特命だけにとどまらず、甲斐峰秋vs鶴田翁助という様相も呈してきます。

さらにはここに、社美彌子だったり、衣笠副総監だったりも絡んできますので、むしろ特命係の方がこの権力闘争に巻き込まれ、いつの間にかその中心になってしまったような形かもしれません。

熾烈な争いではありますが、右京さんと冠城くんが、鶴田翁助に負けるわけがありません。

 

その他の見どころ

では最後に、第2話『復活~死者の反撃』のさらに細かい見どころを、いくつか挙げてみたいと思います。

鷲見三乘

おそらく続く第三部にて、事件解決への重要な鍵を握るであろう男が、このたびかなりクローズアップされました。

鷲見三乘という男で、難しい名前ですけど、「すみみのる」と読みます。この男です。

f:id:inudenchi:20211021013122j:plain

この男は、内閣情報調査室の栗林と繋がっています。さらには鶴田とも繋がっています。

加西周明の遺した秘密というのが、鶴田を追い詰める何かしらになることは間違いないと思われますが、さらにはこの鷲見三乘という男も、同じく鶴田を追い詰める別の鍵になるのかどうか。

 

古轍から規矩へ

保身や出世しか考えておらず、部下を怒鳴り散らしてばかりだった内村刑事部長が、S19第10話『超・新生』にて頭を殴られ重傷を負い、正義の人に生まれ変わりました。

で、部長室に掛けられていた「古轍」の額を自分で外し、ぶん投げたんですよね。

古轍は「先人のやり方を踏襲する」みたいな意味を持っている言葉です。これまでの内村さんを象徴するような言葉でもありますね。

S19にてそんな古轍の額をぶん投げましたので、S20では別の言葉が書かれた額に変わっているのでは?と僕は密かに期待していたところ…

なんと「規矩」に変わってました。

f:id:inudenchi:20211021013217j:plain

「規矩」は、「きく」と読むようです。「矩」の漢字がこれまた難しいですね。

規矩というのは「手本や規則」という意味の言葉で、「規則正しく行なわれること」という意味もあるようです。古轍も難しい言葉でしたけど、こちらもまた難しいですね。

完全に正義の人となった内村さんが、新しく選んだ言葉が「規矩」なんですね。

いつかまた殴られて、古轍に戻るなんてのも、今後ちょっと期待しちゃいますけど。

 

組み合わせ色々

初回SPで三部作だけに、準レギュラー陣も勢揃いですし、普段なかなか見れない組み合わせでの登場も、あれこれ楽しみことができます。

例えば、衣笠副総監、甲斐さん、社美彌子という3ショット。

f:id:inudenchi:20211021013314j:plain

そして、右京さん、冠城くん、衣笠副総監、大河内さん、青木年男、社美彌子という6ショット。

f:id:inudenchi:20211021013325j:plain

あとはレギュラー陣ではありますが、伊丹さん、芹沢さん、出雲麗音の捜一トリオが、中園さんを説得するシーンなんかもありました。

f:id:inudenchi:20211021013336j:plain

色んな組み合わせが見れるのは、それだけで楽しいです。

 

特命係と捜一トリオがお茶

右京さん冠城くんと捜一トリオが、喫茶店でお茶をしているシーンがありました。

この5人の組み合わせというのは、別に珍しくもなんともないですけど、外で5人がお茶というのは初めてです。

f:id:inudenchi:20211021013400j:plain

5人がこうしてお茶してるシーンは、なんだかいいものですね。仲良しです。

いいものが見れました。


以上、今日は相棒season20第2話『復活~死者の反撃』についてでした。

 

こちらの相棒記事もおすすめ