相棒が好き過ぎて

ドラマ相棒が好き過ぎるが故の戯言と悪ふざけ

相棒21最終話『13~隠された真実』小野田遺骨盗難の真相


最終話『13~隠された真実』

あらすじと感想

相棒season21最終話(第21話)のタイトルは『13~隠された真実』。放送日は2023年3月15日です。最終話の前後編SPの後篇で、10分拡大版での放送です。相棒が1シーズンで21話まで放送されるのは、S4以来です。亀山薫が復帰した、記念すべきS21を締めくくる回になります。

では最初に、最終話『13~隠された真実』のあらすじから紹介していきたいと思います。テレビ朝日の公式サイトより引用させて頂きます。

警察庁から捜査権を与えられ、遺骨盗難事件を追っていた右京(水谷豊)と薫(寺脇康文)は、わずかな手掛かりから犯人が学校関係者ではないかと推理。鉄道マニアの米沢(六角精児)に協力を要請し、“13”を名乗る犯人グループがたどったルートの解析に掛かる。同じ頃、尊(及川光博)と美彌子(仲間由紀恵)は、密かに初会合を設け、それぞれの思惑を交錯させていた。そんな中、遺骨が盗まれた元官房室長・小野田公顕(岸部一徳)の小野田家をはじめとする被害者宅に、二通目のメッセージが届く。そこには“身代金”に関する指示が書かれていたが、受け渡しの方法と金額は予想外のもので…!? そして、被害者13家族の中の2家族が、断固としてそれを拒否。その内の一軒、真野家を訪れた右京は、応対に出た中学生の息子・正義(柴崎楓雅)に引っ掛かるものを感じる。正義はつい先日、奈良に遺跡巡りの旅に出たというが、引率した葛葉宰三 (渡辺いっけい)という私塾の塾長も、一癖ある人物で…!?
新たに届いた“脅迫状”をきっかけに
前代未聞の遺骨盗難事件はますます昏迷…
尊、米沢、美彌子らの思惑が交錯する中、
特命係が驚くべき結末をたぐり寄せる!
(引用元:https://www.tv-asahi.co.jp/

今回も面白かったです!!

亀山薫の復活で始まったS21。ついにその最終話を迎えてしまいました。

S21が終わってしまったことはとっても寂しいですけれど、最終話SPが色んな意味で最高でしたので、その余韻の方がまだ大きいです。

前篇にて、亀山くんと神戸くんの初対面という、夢にまで見た場面が実現し、さらには米沢さんまで再登場。事件も小野田さんの絡みのものだったため、懐かしい小野田さんの回想シーンもちょいちょい。

他にも興奮したポイントが多々ありましたので、それらは前篇の記事で書き連ねております。

そんな興奮がまだ冷めやらぬまま、最終話の後編です。

前篇と同じく、またしても神戸くんが特命係の部屋に現れ、奇跡の3ショットを拝めるのが幸せです。

神戸くんと大河内さんの二人飲みもまたありました。

米沢さんも前篇と同じく特命係の部屋に姿を現し、鉄オタの知識をフル活用して捜査に協力してくれます。

少々残念だったのは、右京さん、亀山くん、神戸くん、米沢さんという4ショットを拝みたかったのですが、それがなかったことでしょうかね。いつかきっと見られると思いますので、その日を待っています。

すみません、ついつい神戸くんと米沢さんに比重が傾いてはしまいますが、もちろん事件の方もおもいっきり楽しめる内容になっています。

前篇にて、遺骨盗難の犯人は、渡辺いっけいさん演じる葛葉宰三の私塾に通う生徒たちでは?というのが示唆されます。犯人は学校関係者ではないかと絞られましたからね。ただし、動機や目的も一切不明ですし、葛葉自体の関りも不明でした。

前篇では葛葉と生徒たちがところどころで登場はしたものの、特命係とも接触はしていませんでしたし。

むしろこの後篇からが、「特命係vs犯人」の本編みたいなもんです。

いや、言ってしまえば、遺骨の発見が意外と早かったので、そこから先こそが本題みたいなものだったかもしれません。

前述しましたとおり、前篇の時点で既に犯人はほぼ提示されている状態ですので、焦点は動機と目的ですね。

その動機や目的が、思ってもいない方向に進んでいくので、それこそがまさに相棒らしい面白さです。

毎度のことではありますが、僕は真相が全く読めなかったです。タイトルに「隠された真実」とありましたので、何かしらの大どんでん返しが待っているであろうことは予想できたんですけどね。

終わってみれば、なんだか切ない物語でした。

とはいえ今回も、救いがなかったわけではないので、嫌な終わり方ではないんですけどね。

また、ある意味では「正義」の闘いでもありました。特命係の正義の闘いではなく、犯人側の正義の闘いですね。

結末自体は切なさが残るものの、無事に小野田さんの遺骨を奪還できたのは、めでたしめでたしです。

ゲストの渡辺いっけいさんもいい役でしたし、柴崎楓雅さんも今後が楽しみな子役さんです。お二人が最終話を盛り上げてくださいました。

少々わかりづらかったのは、「13」についてですかね。タイトルにもなっていますし、キーワードでもあったかと思うのですが、ぼやけたままではありました。逆に、犯人がその数字にこだわった理由というものについて、色んな推察ができるまま終わっている、とも取れますけれど。

少子化問題や世代批判などの社会問題、記憶の錯覚や胎児の記憶など、そういったちょっとしたネタも少しだけ詰め込まれてました。

『ブラウン神父の童心』という実際の推理小説も出てきまして、右京さんと葛葉宰三のマニアックなやりとりも面白かったです。

最後の方では、小野田さんを偲ぶ右京さんと亀山くんも見れます。官房長が亡くなった現場に亀山くんがいるシーンも、不思議な感じがしました。

前篇と同様に、社美彌子や甲斐さん、衣笠さんも登場します。内村&中園も登場し、内村さんのお茶目な一面も。

社美彌子と亀山夫妻の初対面という、興奮ポイントもありました。

また、はじっちと神戸くんの初対面なんてのもありましたし。

トリオ・ザ・捜一も大活躍でしたね。警察庁長官賞なんてのももらえるなんて。伊丹さんからが「どんくさ亀」が出ました。

前篇に続き、特命係はまたしてもヘリに乗ってました。まさか二話続けてヘリに乗るとは。神戸くんの力でヘリを出動させたみたいですけど、ヘリ好きですね。

S21からは特命係の車がエクストレイルだったのですが、今回は違う覆面が登場しました。僕は車に詳しくないのですが、シルフィーって車種でいいのかと。

他にもちょっとした楽しみどころが、今回も山のようにありました。

気になるS21の終わり方も、ほっこりするような、とってもいい感じのものでして、右京さんと亀山くんの特命係を、もっともっと見たくなっちゃいました。まさか最後の締めがあんな場面だとは。

このS21は、亀山くんが復帰した特別なシーズンではありましたが、その最終話SPも、神戸くんや米沢さんとの奇跡の共演が実現した、相棒の歴史に残る最終話になりましたね。

まず間違いなくS22もやると思いますので(そのような報道もありましたし)、新たな楽しみも待っています。

まだしばらくは最終話の余韻に浸りつつ、その後の喪失感を乗り越え、S22を迎えたいと思います。

最終話(第21話)『13~隠された真実』、面白かったです!!

 

ゲスト出演者

では続きまして、最終話『13~隠された真実』に出演された、主なゲストさんを紹介します。今回は第20話から続く後篇となりますので、ゲストさんも第20話と同じになります。

渡辺いっけい(わたなべいっけい)

私塾である「ながとろ河童塾」の塾長、葛葉宰三役で渡辺いっけい(わたなべいっけい)さん。

前篇では塾の生徒たちを連れ、奈良へ遺跡巡りの旅に出掛けています。子供たちからも信頼の厚い先生ですが、遺跡盗難事件を主導している人物である可能性も。捜査のために「ながとろ河童塾」を訪れた特命係とのやりとりも見ものです。

 

柴崎楓雅(しばざきふうが)

「ながとろ河童塾」の塾生の一人、真野正義役で柴崎楓雅(しばざきふうが)さん。

名前の正義は「ジャスティス」と読み、「ジャス」と呼ばれています。盗難遺骨の被害に遭った遺族でもあり、塾長の葛葉の引率で、奈良への遺跡巡りに出掛けた生徒の一人です。聴き込みのため真野家を訪れた特命係と対面し、その際に右京さんに目を付けられることに。

 

以上、今回の主なゲストさんは、上記2名になります。

神戸尊役の及川光博さん、米沢守役の六角精児さんは、公式サイトにてゲストの欄にお名前がありませんでしたので、前篇と同じく、こちらでもそれに倣う形とさせて頂きます。

他には、真野正義の父親、真野寛晃役で阿部亮平(あべりょうへい)さん。真野正義の母親、真野亜沙子役で菜葉菜(なはな)さん。真野正義の祖父、真野晃三役で針原滋(はりはらしげる)さん。ながとろ河童塾の塾生、小口魁役で高橋玲生(たかはしれお)さん。同じく塾生の横山叶夢役で石坂柊々音(いしざかしおん)さん。塾生の野口十海人役で坂本龍之介(さかもとりゅうのすけ)さん。塾生の笹本望愛役で咲音(さと)さんなどが、上記に次ぐゲストさんで出演されています。

阿部亮平さんは別役で3度目(過去にはS5-10、S9-5)の出演です。

 

神戸と米沢

前篇にて亀山くんと神戸くんが初対面を果たし、奇跡の3人が揃った特命係。

夢のような時間ではありましたが、それがこの後篇でも継続中です。夢が終わらないって素敵です。

神戸くんは今回も特命係のお部屋に現れます。

事件について三人で話す姿にまたしても興奮してしまい、危うく内容が入って来づらくなるくらいでした。

まさに「トリオ・ザ・特命係」ですね。

ここに米沢さんも加われば、奇跡の4ショットだったのですが、今回それは実現しませんでした。

この最終話SPは、奇跡が盛りだくさんでしたので、おそらく制作側が、4ショットは後々の楽しみにとっておくことにしたんだと、僕は勝手にそう解釈しています。ポジティブバカなので。

そしてそんな4人に、カイトくんと冠城くんも加わっちゃって、大奇跡の6ショット。いつか実現して欲しいですね。

米沢さんは、特命の部屋で角田課長と二人きりという、それはそれでレアな場面もあったりします。

角田課長が一人で特命の部屋でお弁当食べてるところに、米沢さんがやって来ました。

この二人も久しぶりの再会です。

今回、神戸くんも米沢さんも、特命の部屋に現れたのは一度だけでした。

神戸くんはその後、大河内さんといつものお店で二人飲みの際、亀山くんと時間を過ごした感想について、「ルックス的には僕の圧勝」と語っています。

前話では亀山くんが、「俺の方がイケメン」って言ってましたけど、二人ともまず気になるのは、どっちがイケメンなのかなんですね。

今度はもっと中身の感想も聞いてみたいですけど。

右京さんと亀山くんの特命係に神戸くんが加わった、トリオ・ザ・特命係が見られて幸せでした。

もちろん米沢さんも。

またいつか、今回を越える奇跡の組み合わせが見られる日を、心待ちにしています。

 

渡辺いっけいと5人の生徒

特命係が「犯人は学校関係者では?」という一つの推論に辿り着いた頃、「13」と名乗る犯人から、遺族に新たなメッセージが届きます。

それは、遺骨の粉砕を阻止したければ、動画サイトCiktakにて、「小野田」のアカウント名で投げ銭をしろ、というもの。金額は1万円。

つまり遺骨の身代金が1万円ってことですね。

配信者の指定は遺族によってバラバラでしたので、配信者と犯人は関係ないと思われます。

かなりふざけた要求で、悪戯とも取れるやり方ですね。

遺族のほとんどが、この投げ銭に応じる姿勢を見せますが、2家族が断固として拒否します。それは小野田家と、最初に遺骨を盗まれた真野家。

特命係は投げ銭を拒否した真野家の元を訪れます。前篇でも真野家を訪れていますので、再訪です。

そこで右京さんは、真野家の息子、正義(ジャスティス)君と初対面です。

正義くんは、前篇にて怪しい動きをしていた「ながとろ河童塾」の生徒の一人です。塾長である渡辺いっけいさんの葛葉宰三に連れられ、奈良にも行っています。

この度の初対面で、右京さんにマークされることに。

特命係は、犯人は学校関係者ではないかと踏んでいましたので、より疑惑の目を向けられたわけです。

そして正義くんが通っていた「ながとろ河童塾」にも足を向け、塾長の葛葉宰三とも対面します。

この葛葉という塾長も、なかなか癖の強い人物。

河童塾には、事件に関係していると思われる時刻表や小説が置かれていましたので、この私塾自体も怪しさ満点。

そして正義くんの他にも、怪しい生徒たちが4名。いずれも13歳です。

今回の事件は、13歳の5人が実行役、塾長の葛葉が指南役となり、起こした事件なのではないかと、そんな疑惑も深まっていきます。

彼らが犯人だとしたら、なぜこんな事件を起こしたのか。

その動機や目的が判明しない中、特命係と別れて聴き込みをしていたトリオ・ザ・捜一が、盗まれた骨壺を発見。

お手柄です。捜一トリオはこれで警察庁長官賞というのをもらえるみたいです。

発見された骨壺の中には、小野田官房長のものもありまして、これにて無事奪還成功。

しかしです。

盗まれた骨壺は13個のはずが、発見されたものは12個のみ。

1つ足りなかったんです。

その1つにこそ、彼らが盗難事件を起こした「本当の目的」が隠されていました。

そこには少年の「正義」があったんです。

 

その他の見どころ

では最後に、第21話『13~隠された真実』のさらに細かい見どころを、いくつか挙げてみたいと思います。

社美彌子と亀山夫妻

社美彌子が、甲斐峯秋に連れられて、小野田さんのお墓参りに。

そこには先客で右京さんと亀山夫妻がいまして、偶然のご対面。

皆さんの喪服姿というのも貴重です。亀山くんは黒のTシャツとパンツですけどね。

この5人の絵というのもなかなか見られるものではありませんが、社美彌子と亀山夫妻はこれが初対面になります。

社美彌子は「杉下さんの最初の相棒にお目に掛かりたいと思っていました」とも言ってます。

美和子さんともやりとりしていますが、強い女どうしの闘いが始まりそうで怖いです。

社美彌子は前篇にて、小野田さんとは数回会ったことはあると話していましたが、同時に「もう過去の人」とも言っていました。それなのになぜ神戸くんが遺骨奪還に力を入れているのかと、そんな疑問を神戸くんにぶつけてもいましたし。

しかしそんな社美彌子ですが、この度のお墓参りは、彼女から甲斐さんにお願いして実現したようです。

社美彌子、神戸くんに接触したり、何やら企んでそうですよね。

今後も彼女の動きから目が離せませんが、まずは亀山夫妻との初対面という、嬉しいものが見れました。

 

官房長の事件現場に

前篇では回想シーンで小野田さんが何度か出てきましたが、後篇では事件現場が出てきます。小野田さんが刺された現場です。

小野田官房長は、警視庁の地下駐車場で刺されました。右京さんが「かんぼーちょー!!!」と叫んだあの場所です。

そこに今回、右京さんと亀山くんの姿が。

亀山くんもこの場所に立ったとき、想うところがあったようです。

最後にも、二人が小野田さんを偲ぶ場面が出てきますので、きっと小野田さんにとっては、何よりの13回忌の供養になったのではないかと。

 

神戸とはじっち

特命係の部屋にて、神戸くんと土師太が初対面。

神戸くん、米沢さんとの4ショットこないかな~とか、伊丹&芹沢と再会しないかな~とか、色々期待して待っていたのですが、まさかのはじっちとのご対面。

これ、僕は全く予測していなかったので、意表をつかれました。

しかも特に初対面の挨拶的なものや紹介的なものもなく、ただただ何も絡みもない初対面でした。

はじっちははじっちらしかったですけど、神戸くんは「誰?」とか発するのかと思いきや、何も言わずで。

それはそれで面白い初対面でした。

 

捜一と特命

今回、特命係とトリオ・ザ・捜一の、あまり普段見られない場面がありましたので、取り上げておこうかと。

まずはこちら、屋外で5人で一息入れている場面。

捜一は3人とも座り込んで缶コーヒー飲んでます。

続いてこちらは、埼玉県警の署内と思われる場所での絡み。

なんだかんだ、特命係とトリオ・ザ・捜一、仲良しですよね。

 

内村が動画配信

犯人からの身代金要求で、TikTokならぬ「CikTak(チクタク)」というのが出てきます。

この要求に、内村さんは完全に「?」ってなってました。「チクタク?」「背信?」「投げ銭?」と。

しかしそんな内村さん、なんとその後にチクタクを覚え、配信までしちゃってるそうです。

いつか内村さんの配信動画が、取り上げられる日が来るかもしれません。

 

S21からS22へ

亀山くんが復帰した記念すべきS21が、この第21話にて終了しました。

その終わり方は、こてまりでのシーン。

右京さん亀山くんだけでなく、米沢さんも一緒です。さらには小手鞠さんも客席に座り、カウンターの中には美和子さん。

そうなると、もちろん出てきた料理は美和子スペシャルです。

まさか美和子スペシャルで締められるとは思ってもいませんでした。

今シーズンは何かとS1とリンクしたりもしていましたので、S1と同じく二人が渋谷のスクランブル交差点を歩くというシーンで終わるのでは?なんて勝手に予想していたのですが、全然違いました。

今までにはないタイプの終わり方ですね。

美和子スペシャル…どんな味なのか一度は食べてみたくなりますけれど。

後日談ですが、鈴木砂羽さんのインスタによると、今回の美和子スペシャルを食べてみたところ「どちらかというとイタリアン寄り」の味だったそうです。

今シーズンは、亀山くんが戻ったことで、相棒がまさに「新たなステージ」に突入しまています。再登板だからこその面白いものが、次から次へと出てきましたからね。懐かしい面々との再会だったり、懐かしいネタ(イカとか亡霊たちの咆哮とか)が掘り起こされたりとか。

そんな「新たなステージ」はまだ始まったばかり。

既にS22の放送が決まっているとの情報も出ていますし、亀山薫の復帰という大イベントが、そう簡単に終わりを迎えるわけがありません。

次のS22はもちろんですが、S23、S24…S30くらいまで、右京さんと亀山くんの特命係を見ていたい。

そんなことを考えつつ、しばらくはS21の余韻に浸っていようと思います。


以上、本日は相棒season21最終話『13~隠された真実』についてでした。

 

こちらの相棒記事もおすすめ