相棒が好き過ぎて

相棒が好き過ぎて

ドラマ相棒が好き過ぎるが故の戯言と悪ふざけ

相棒シーズン10第18話。自ら盾となり要人警護をするSP。

【スポンサーリンク】

「守るべきもの」

f:id:inudenchi:20170615182938j:plain

相棒season10第18話のあらすじと感想

本日は、シーズン10第18話についてです。

相棒season10第18話のタイトルは「守るべきもの」。放送日は2012年3月7日です。シーズン10は全19話ですので、これが最後から二つ目の回となります。タイトルからだけでは内容が全く推測できませんね。

ではまず簡単にではありますが、第18話「守るべきもの」のあらすじから紹介したいと思います。

大きな研究を手掛けていたある研究者が狙撃され、その銃弾によりボディガードの男性が死亡します。死亡したボディガードは、神戸くんが警察学校で同期だった男性で、現在は警察を辞め、民間の警備会社で警護の仕事をしていました。神戸くんとの縁もあり、特命係はこの事件を捜査することに。そして元々彼が警察を辞めたのは、警備の仕事が怖くなったからだと言う噂も。そんな人物が、なぜまた民間で警護の仕事をしていたのか?そして、研究者は誰に狙われ狙撃されたのか?特命係が真相を暴き出します。

おおまかではありますが、だいたいこんな感じの内容になります。

今回は、SPと言う仕事に焦点が当てらて、警護する側とされる側の関係、と言うものが印象に残るストーリーでした。

ただ、少しだけ我儘を言わせてもらえるのでしたら…事件そのものの結末は、ちょっとだけ物足りなさは感じてしまいました。我儘な感想ですみません。笑

これも、相棒が好き過ぎるが故の我儘だと思って頂けますと嬉しいです。

とは言え、見どころは色々ありました。

まず、神戸くんの警察学校時代の同期がSPとして登場するのですが、彼がまたかっこいいんですよ。SPってそれだけでかっこいいイメージはありますけどね。ついつい、ケビン・コスナーの「ボディーガード」とか思い出しちゃいます。笑

また、相棒ではけっこう珍しい、真っ白なスーツに身を包んだ、いかにもって感じの悪者も出てきて、楽しめます。笑

久しぶりに右京さんの「細かいことが気になるのが僕の悪い癖」も聞けました。右京さんの口癖ではありますが、最近あまり出てきてなかった気がしますので。

この第18話は、神戸くんでの相棒の、最後から二つ目の回でもあります。最後のシーンでは右京さんと神戸くんがとても仲良く花の里で飲んでいて、全くそんなことは予感させないんですけどね。既に神戸くんの卒業を知っている僕としては、この花の里のシーンを見ていて、なんだか逆に淋しくなってしまいました。神戸くんに卒業して欲しくないって思ってしまって。

そんな想いもありつつの第18話。

楽しませて頂きました。

 

相棒season10第18話のゲスト出演者

それでは次に、第18話に主に登場したゲストさんを紹介したいのですが…今回は、この人がゲストだ!と言う目立った登場人物はいない回でもありました。とは言え、それなりに重要度が高かったり、登場シーンが多かったゲストさんは2名いましたので、そちらを紹介しておきたいと思います。

合田雅吏(ごうだまさし)

まず、民間の警備会社で要人警護をしていた、土方勇作役で合田雅吏(ごうだまさし)さん。

f:id:inudenchi:20170615183624j:plain

狙撃され命を落としたSPの役です。神戸くんとは警察学校で同期だったと言う設定です。失礼ながら僕は、この合田雅吏さんと言う俳優さんは存じ上げていなかったのですが、水戸黄門で格さんの役とかしてた俳優さんとのこと。知らずにすみません…。

今井朋彦(いまいともひこ)

続いて、SPである土方勇作が警護していた研究者、泊真一役で今井朋彦(いまいともひこ)さん。

f:id:inudenchi:20170615183722j:plain

失礼ながら、僕はこの今井朋彦さんも存じ上げていない俳優さんだったのですが、舞台を中心にご活躍されている俳優さんのようです。

 

今回主に登場するゲストさんは、この2名でしょうか。

他には、NPO法人「日本丸」の代表、三橋卓也役で手塚とおる(てづかとおる)さんが、ちょい役ではありますが、なかなかインパクトのある役で出ていました。笑

 

SPと警護対象者

今回は、一人のSPが物語の中心だったかと思います。

神戸くんと警察学校で同期だった、土方勇作と言う人物です。

神戸くんとは特に仲が良かったと言うわけではないようですが、お互いに会えば普通に会話する間柄ではあったようです。

f:id:inudenchi:20170615183935j:plain

少し話が逸れますが、SPって何の略なのか知っていますでしょうか?

僕は知りませんでした。

今回の相棒でSPにスポットが当てられていたので、ついつい何の略なのか気になってしまって…笑。

調べました。

SPとは、「Security Police」の略だそうです!言われてみればなるほど、とは思うのですが、僕は初めて知りました。笑

しかもこれ、和製英語のようで、欧米ではSecret Serviceじゃないと通じないみたいですね。

日本では、神戸くんもいたことがある警視庁警備部警備課で、要人警護をする専従検察官を指す呼称とのことです。

今回狙撃され亡くなった土方勇作も、元は警視庁警備部警備課のSPでした。

彼はとても優秀なSPだったようですが、彼が警護をする際に最も大事にしていたのは、「警護対象者との信頼関係」です。

有事の際には、自分の身を犠牲にしてでも対象者を守らなければいけないわけですからね。そのためには、守る側と守られる側の信頼関係が必要だと。

そして、そう言った信念があったが故に、それが原因で警察を退職しているみたいなんです。

多少ネタバレですみませんが…。

その後民間の企業で要人警護をしていて、今回の事件に巻き込まれました。

f:id:inudenchi:20170615184119j:plain

狙撃された際に彼が警護していた研究者は、様々な利権に関わるような研究をしていて、命を狙われています。

警護をしている土方は、いざとなれば、その研究者の盾とならなければいけないんです。

誰かのために体を張らなければいけない仕事って、そう簡単にできることではないですよね。技術や頭脳や体力はもちろん、それなりの覚悟がなければできない仕事だと思います。

とても僕には真似できない仕事です。

SPって、映画やドラマの世界では、かっこ良く描かれていることが多くて、ついついそう言う視線で見てしまうんですけどね。

こうしている今も、実際にいるわけですからね。何かあったら自分の身を犠牲にしてでも、誰かを守る人達が。

そんなことを考えてしまいました。

 

シーズン10第18話その他の見どころ

それでは次に、第18話のその他細かい見どころを挙げてみたいと思います。今回は三つほど。

ヨツバ化学工業

相棒のドラマ内では、企業名の定番として「ヨツバ」と付く名前のものが出てきます。

ヨツバ電機とかヨツバ商事とかですね。劇場版Ⅰで右京さんが閉じ込められた倉庫も、ヨツバ電機の倉庫です。

今回、久しぶりにそんな「ヨツバ」が付いた会社名が出てきました。

ヨツバ化学工業株式会社」です。

f:id:inudenchi:20170615184624j:plain

だから何だと言われてしまえば、それまでですが…笑。

久しぶりにヨツバと付く会社名が出てきたので、ちょっと嬉しかったです。笑

相棒では他にも「タツミ」と付く会社名も定番の一つです。そちらも最近は出てきていませんが。

右翼団体が登場

NPO法人「日本丸」と言う団体が出てきました。

その代表が、手塚とおるさん演じる三橋卓也と言う人物です。真っ白なスーツに身を包み、部下も真っ白です。

日本丸と言う名前だったり、日本刀が置いてあったりと、どことなく右寄りの団体を思わせます。

f:id:inudenchi:20170615184710j:plain

相棒でこんな感じの団体が出てくるのは、意外と珍しいのではないかと思います。

演じていた手塚とおるさんも、なかなかのインパクトがありました。笑

神戸くんもわさび多め?

最後の花の里で右京さんと神戸くんが飲んでいるシーン。

会話も弾んでいて、いつも以上に和やかな雰囲気で飲んでいた感じがします。

f:id:inudenchi:20170615184753j:plain

そして最後はいつものお茶漬けで締めているのですが…。

二人とも「わさび多めで」と頼んでたんですよ。二人で声を揃えて。笑

ここで一つ疑問です。

右京さんはいつも「わさび多め」なんですけど、神戸くんは以前「わさび少なめ」で頼んでいたんです。

シーズン8第18話「右京、風邪をひく」の時ですね。

その時からはけっこう時間が経ちますので、もしかしたら神戸くんも「わさび多め」がいつの間にか好きになったのかもしれません。

もしくは、「右京、風邪をひく」の時は、神戸くんは風邪を引いた状態での花の里でしたので、その時に限ってわさび少なめにしただけの可能性もありますね。

細かいことですみません。笑

以上、今日は相棒season10第18話「守るべきもの」についてでした。

 

こちらの相棒記事もおすすめ