相棒が好き過ぎて

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相棒が好き過ぎて

ドラマ相棒が好き過ぎるが故の戯言と悪ふざけ

相棒シーズン6第6話。人気ロックバンドと臓器移植。

【スポンサーリンク】

「この胸の高鳴りを」

f:id:inudenchi:20161029131337j:plain

相棒season6第6話のあらすじと感想

本日は、シーズン6第6話についてです。

相棒season6第6話のタイトルは「この胸の高鳴りを」。放送日は2007年11月28日です。内容が全く想像できないタイトルですね。ちょっと珍しい感じのタイトルです。小学校とかで歌う歌の題名みたいなタイトルですね。笑

では、そんな「この胸の高鳴りを」のあらすじから。ネタバレしない程度に。

人気ロックバンドのボーカルが、ギターの弦で首を絞められ、何者かに殺害されます。その後被害者と交際中の女性が自首をするのですが、彼女の供述には曖昧な点も多く、右京さん亀山くんは別の線でも捜査を進めます。そして、被害者は過去に自身の曲を巡りトラブルを抱えていたことが発覚。果たして彼を殺したのは交際中の彼女なのか?それとも?

ざっとですがこんな流れです。ざっとですが。

いつもの如く、展開が読めずに最後までどうなるのか予想も付きませんでした。

今まで相棒の中で、ロックバンドが事件に絡むのはこれが初めてではないかと思います。そのバンドの曲も流れますし、ライブシーンも出てきます。これがなかなか面白い。笑

そして更には、臓器移植と言うテーマも登場し、事件は思わぬ展開に進んで行きます。

ちょっと切ない部分もある第6話ですね。

今回も面白かったです!

 

相棒season6第6話のゲスト出演者

では、第6話にメインで登場したゲスト出演者を挙げて行きます。今回は、この人が一番メインだ!と言うのがない感じでしたね。何人かのゲストさんが、それぞれ同じくらいの重要性があったかと思います。出演時間も同じくらいなのではないかと。では、一人ずつ紹介して行きます。

松田悟志(まつださとし)

まず、殺害されてしまったロックバンドのボーカル、丹野翔平役で松田悟志(まつださとし)さん。

f:id:inudenchi:20161029131615j:plain

ドラマなどでもたまにお見掛けする俳優さんですね。相棒では人気ロックバンドのボーカルと言う設定で、ライブシーンなんかもあります。

前田亜季(まえだあき)

続いて、被害者と交際していた女子大生、笠井夏生役で前田亜季(まえだあき)さん。

f:id:inudenchi:20161029131640j:plain

僕はいつも、この前田亜季さんと、前田愛さんがごっちゃになってしまうんですよね…。名前が似てるだけなんですけど。おっさんなので…。前田愛さんも相棒出てますし。今回の前田亜季さんは、とってもけなげな女の子の役でした。可愛かったですね。笑

大谷允保(おおたにみつほ)

続いて、被害者とは過去に因縁がある女性、添島可奈子役で大谷允保(おおたにみつほ)さん。

f:id:inudenchi:20161029131707j:plain

なんとなく見たことあるかな~と言う女優さんです。お名前も現在は「大谷みつほ」に改名しているようです。

猪野学(いのまなぶ)

続いて、ロックバンドのマネージャー、三原研治役で猪野学(いのまなぶ)さん。

f:id:inudenchi:20161029131733j:plain

この方も、なんとなく見たことあるかな~と言う俳優さんです。すみません…。

 

今回主に登場するゲストさんはこの4名でしょうか。この4人を中心にストーリーが展開して行きます。

 

ヒット曲「この胸の高鳴りを」

タイトルにもなっている「この胸の高鳴りを」。これ、殺害されてしまったボーカルがリーダーを務めるロックバンド、「Dee Providence」のデビュー曲のタイトルなんです。

f:id:inudenchi:20161029131821j:plain

この曲が事件の大きな鍵になるわけです。

一曲丸々は流れなかったのですが、一部分は度々ドラマ内でも流れました。

こう言うのって、相棒のために誰かが書き下ろしたんだとは思うのですが、しっかりと作られた曲です。

曲自体はとても微妙な曲なんですけどね…笑。個人的な感想ですが。笑

ライブシーンもありましたので、たくさんのエキストラを入れて撮影も行われています。

f:id:inudenchi:20161029131839j:plain

相棒でテーマ曲やバックで流れる曲以外に、オリジナルの曲がこうして登場するのはなかなかレアではないかと。

「この胸の高鳴りを」、是非相棒のサントラにも入れて欲しいですね。笑

 

シーズン6第6話その他の見どころ

それでは、第6話の細かい見どころをあれこれと。今回はけっこうあります。

米沢さんギターを弾く

米沢さんがギターを弾くシーンが登場しました!

f:id:inudenchi:20161029131913j:plain

ほんの少しですが、米沢さんギター弾いてます。上手です。

この際に、自分で「元ギター小僧」だと言っていますね。きっと若い頃はかなりギターにハマっていたんでしょうね、米沢さん。

実際に米沢さんを演じる六角精児さんは、「六角精児バンド」と言うのをやっていて、ギターも弾いています。ですので相棒でギターを弾くシーンでも、相棒のために練習したわけではなく、元々弾けるんだと思います。

貴重な米沢さんのギター演奏シーンでした。

楽譜も読める右京さん

右京さんは楽譜も読めます

これは以前もピアノを弾くシーンがありましたので、楽譜も読めて当然なのかもしれませんが。

f:id:inudenchi:20161029131950j:plain

右京さんは小さい頃からピアノやってたりするんでしょうかね?右京さんの生い立ちが知りたいですね。

薬にも詳しい右京さん

右京さんは薬にも詳しいです。

錠剤を見ただけで、それが何の薬かすぐにわかってしまうんですよね。

f:id:inudenchi:20161029132014j:plain

以前にも似たようなシーンはあったかと思います。

右京さんってやっぱり凄いですね。ほんとに色んなこと知ってます。博識です。

凹む伊丹さん

伊丹さんが、容疑者の女子大生に対し、取り調べ中に大声を出します。

するとその女性は、心臓の発作を起こしてしまうんです。元々心臓が弱い女性で、伊丹さんはそれを知らずに大声を出してしまったんですけどね。

救急車で病院に運ばれ、大事には至らなかったのですが、伊丹さんとても落ち込んでいます。

f:id:inudenchi:20161029132055j:plain

芹沢さんもそんな伊丹さんのことを、「ああ見えてかなり凹んでるんです」って言ってますね。

意外と繊細な伊丹さんのワンシーンです。優しい男ですからね、伊丹さんは。

以上、今日は相棒season6第6話「この胸の高鳴りを」についてでした。

 

こちらの相棒記事もおすすめ