相棒が好き過ぎて

ドラマ相棒が好き過ぎるが故の戯言と悪ふざけ

相棒17第4話。中野英雄をめぐり右京さんと角田課長が対立


【スポンサーリンク】

第4話『バクハン』

f:id:inudenchi:20181108010312j:plain

あらすじと感想

本日は、シーズン17第4話についてです。

相棒season17第4話のタイトルは『バクハン』。放送日は2018年11月7日です。「バクハン」というのは聞きなれない言葉でして、僕は幕府と藩の「幕藩」とか、漫画の「バクマン。」を連想してしまったのですが、どうやら「警察で賭博を担当する部署」を指すようです。賭博班の略ではないかと思われます。

では最初に、おおまかにではありますが、第4話『バクハン』のあらすじから紹介していきたいと思います。

警視庁の組対4課(組織犯罪対策第四課)により、過去最規模の裏カジノ一斉摘発が行われます。この摘発に、お手伝いとして右京さんと冠城くんの特命係も駆り出されるのですが、タイミング良く休業し摘発を免れている店があったことに、右京さんは疑惑の目を向けます。これは、摘発を指揮していた組対4課の課長、バクハンのリーダーである源馬寛が、意図的に一部の店を摘発してないのでは?癒着があるのでは?と。そして以前から源馬を賭博業者との癒着でマークしていたという生活安全部の刑事が、特命係に協力を要請し、合同での捜査が始まります。しかし源馬の先輩であり古くから親交がある組対5課の角田課長は、源馬をかばい右京さんに捜査をやめるよう迫ります。この捜査を進めることは、いつも特命係がお世話になっている角田課長と対立することになり、冠城くんは角田課長を裏切れないと、捜査から降りてしまいます。その後も右京さんと角田課長の溝は深まるばかりです。味方を失った右京さんは、源馬の不正を暴き出せるのか?角田課長や冠城くんとの関係はどうなってしまうのか?

ざっくりではありますが、だいたいこんな感じの内容になります。

今回は、角田課長と右京さんが対立してしまうという、相棒ファンにはある意味とっても辛いシーンの多い回でした。角田課長が右京さんを怒鳴っている場面や、胸ぐらをつかむ場面まであって、見ていて辛かったです。笑

右京さんと角田課長には、喧嘩なんてせずにいつも仲良くしていて欲しいですからね。この二人がガチで対立するなんて、できればあって欲しくないです。

しかし、そんな対立が今回の一番の軸だっだかと思います。

もちろん右京さんと角田課長は、くだらない理由で対立をしていたわけではありません。対立せざるを得なかった、ちゃんとした理由があるんです。

それが、相棒ではたびたび大きなテーマとなる「正義の対立」です。

中野英雄さん演じる組対4課の刑事が引き金となり、右京さんの正義、角田課長の正義が対立する形です。当然その対立は冠城くんにも選択を迫ることとなり、結果的には右京さんが孤立してしまうんです。

正直、かなり重たい回でした。

さらにはそんな対立という軸のすぐ外で、ストーリーの方も目まぐるしく動いて行きます。

源馬の違法捜査疑惑に端を発した事件は、思わぬ方向に流れて行くんです。この展開は正直全く予想していませんでしたが、いつも以上に先が読めずに面白かったです。

右京さんと角田課長の対立という、かなり特異な状況が発生したがために、全体的にもいつもの相棒とはかなり違った展開になっていました。

やっぱり、右京さんと角田課長のガチ対立というのは、もうそれだけで刺激的ですからね。

今回は、いつもののんびりした雰囲気からは想像もつかないくらい、角田課長の熱く激しい一面を初めて見れた気がします。

組対5課自体もいつもよりかなり目立って登場していましたが、そこに小松さんの姿はあれど、大木さんの姿が見えず、やはり物足りなさを感じてしまいました。小松さんの隣に大木さんがいないだけで、とても寂しい気持ちになってしまいますね。

大木さんの姿は見れませんでしたが、いつもの相棒ではなかなか出てこない、組対4課や生活安全部の刑事が登場するのも新鮮でした。

また、笑いどころもしっかりと押さえられていて、伊丹さん芹沢さんのシーンでは思わず声を出して笑ってしまいました。笑

捜一の二人、なかなか出て来ないな~と思っていたら、そこでか!と。笑

あとは、中野英雄さんが出演というだけで、アウトレイジな感じはかなりあったかと思います…笑。違法賭博に始まり、暴力団と警察との関係など、そういったものにも焦点が当てられていました。もしかしたら今回のストーリーが、内村さんとヤクザの癒着にも繋がっていくのかな?とかも思ってしまいました。

中野英雄さんの組対4課長をめぐり、右京さんvs角田課長という図式で物語は進み、それに大河内さんや生活安全部、さらには青木年男と衣笠副総監も絡んでくる形です。

冠城くんの、右京さんの性格を見越して先手を打つという、なかなかものすごい頭のキレも見ものでした。

刺激的な反面、重たい空気も流れる回ではありましたが、とっても相棒らしい、テーマのある回だったかと思います。

さらに、後半ではとんでもなく強烈なキャラクターも登場するというおまけ付きです。笑

第4話『バクハン』、面白かったです!!!

 

ゲスト出演者

それでは次に、第4話『バクハン』に登場した主なゲストさんを、順番に紹介していきたいと思います。今回は3名です。

中野英雄(なかのひでお)

まずは、組織犯罪対策第四課の課長で、賭博事件を扱う「バクハン」のリーダー、源馬寛役で中野英雄(なかのひでお)さん。

f:id:inudenchi:20181108011201j:plain

今回一番のゲストです。角田課長の後輩で若い頃からの盟友という設定です。中野英雄さん、やっぱり凄みがありますね。ヤクザのような刑事の役でして、僕はどうしてもアウトレイジを思い出してしまいました…笑。中野英雄さんは今回が別の役で二度目の相棒出演で、前回はS9第10話『聖戦』に、ちょこっと出演されています。

 

長谷川公彦(はせがわきみひこ)

続いて、生活安全部保安課の刑事、百田努役で長谷川公彦(はせがわきみひこ)さん。

f:id:inudenchi:20181108011251j:plain

源馬の癒着を疑い捜査をしている、正義感の強い刑事の役です。どんな俳優さんなんだろう?と思い「長谷川公彦」でググってみて初めて知ったのですが、島田紳助さんの本名って長谷川公彦なんですね…笑。こちらの長谷川公彦さんとは全く関係ありませんが。長谷川さんは今回が三度目の相棒出演で、過去に二回別の役で出ています。S4第17話『告発の行方』と、S13第12話『学び舎』です。過去2作はいずれも殺されてしまう役で出ていますので、今回殺されれば3回目ということになります。笑

 

崎本大海(さきもとひろみ)

続いて、百田努と同じ生活安全部保安課の刑事、久我雄作役で崎本大海(さきもとひろみ)さん。

f:id:inudenchi:20181108011355j:plain

保安課の刑事ではありますが、警察庁から出向しているキャリア刑事の役です。崎本大海さんは、失礼ながら僕は存じ上げていない俳優さんだったのですが、映画やドラマでも子役から活躍されている俳優さんとのことです。歌手デビューもされています。

 

以上、今回の主なゲストさんは上の3名になります。

他には、裏カジノのコンサルタントである和氣健也役で水石亜飛夢(みずいしあとむ)さん、ゲームセンターの支配人役で池原猛(いけはらたける)さん、シャブ中の女役で江藤あや(えとうあや)さんなどが、ちょいゲストで出演されています。水石亜飛夢さんは、登場シーンはけっこう多めです。江藤あやさんは登場は一瞬ですが、インパクト大だったので、載せてみました。笑

 

右京さんと角田課長が対立

角田課長といえば、いつも「暇か?」と声を掛けながら特命係の部屋を訪れ、コーヒーを飲む姿が定番です。のんびりした雰囲気の、人の良さそうな刑事さんです。

特命係のお隣、組織犯罪対策第5課の課長さんでして、いつも特命の部屋を覗いている大木さん小松さんの上司でもあります。

右京さんとの関係は良好で、右京さんの無茶な頼みもいつも聞いてくれて、特命係にはかなり協力的な人物です。右京さんの能力も高く買っています。

そんな角田課長が、今回は激しく右京さんと対立してしまうんです。

対立というよりは、もう完全な衝突でしたね。

右京さんに対し、声を荒げるシーンもありました。

f:id:inudenchi:20181108011517j:plain

「俺たちの捜査はきれいごとじゃ済まないんだ!」「俺のこともあげてみろ!」と、そんな激しい言葉を右京さんにぶつけてもいました。

また、右京さんのことを「人材の死神だな」と揶揄したり、いつもの角田課長からは想像もつかない言葉が飛び出しています。

さらに極めつけは、激昂して右京さんの胸ぐらをつかむ場面も。

f:id:inudenchi:20181108011532j:plain

このときは周囲にすぐに止められて事なきを得ましたが、なかなか衝撃的なシーンでした。

角田課長がこんなふうに怒ること自体、いつもはまずありませんので、これはよほどの事態です。犯人の取調べですらのんびりな感じの人ですからね。

この対立の引き金となったのは、中野英雄さん演じる、組対4課の源馬寛です。

角田課長と源馬は戦友、盟友のようなもので、同じ組織犯罪対策課の同志です。角田課長の方が先輩で、若い頃から親交が深かったようです。

組織犯罪対策課というのは、暴力団など反社会的勢力を相手にすることが多い部署ですので、角田課長も源馬も、体を張った捜査をしているんだと思います。そういった部分でも、二人には特別な絆もあるんです。

f:id:inudenchi:20181108011603j:plain

角田課長や大木さん小松さんも、普段は穏やかな雰囲気ですけれど、実は暴力団を取り締まることが多い「マル暴」なんですよね。あんまりそういうイメージはないですけれど。笑

今回の角田課長と右京さんの対立は、「正義の対立」です。これは相棒ではしばしば取り上げられる、とても大きなテーマです。

小野田官房長が生きていた頃は、右京さんと官房長の間で、この「正義の対立」が何度となく繰り広げられました。

また、亀山くん、神戸くん、カイトくんと、これまでの歴代相棒と右京さんの間でも、その衝突は何度か起こっているんです。冠城くんとも。

かつて小野田さんは、右京さんが自分の正義を押し通すことを「正義の暴走」と呼んでいました。

右京さんの正義というのは、絶対的な正義です。それはほんの少しの悪や、どんな妥協も許さないものなんです。例えその正義を貫き通すことにより大きな悲劇が生まれるとしても、右京さんは正義を優先させます。真実を明るみにすることを第一に考えているんです。

それに対し角田課長は「必要悪」の存在を唱えます。警察とネタ元との関係は必要悪なんだと。

今回の源馬の事例で言えば、大きな正義を行うためには、一部の悪を生かして利用したり、自らが悪になる必要性もあるということですね。

しかし、そこに犯罪となる要素が少しでもあるのなら、右京さんがそれを認めるわけはありません。

盟友である源馬をかばう角田課長も譲りませんし、一切の不正を許さない右京さんも譲りません。

そしてこの対立は、右京さんの相棒である冠城くんにも当然ならが波及してしまいます。

f:id:inudenchi:20181108011708j:plain

冠城くんは、「組織には組織の論理がある。僕は角田課長を裏切れません。」と右京さんに背を向けるんです。

右京さんと冠城くんは、これまでにも正義に関して対立したことがありますが、普段仲の良い二人が距離を置いてしまうのは、見ていて辛いですね。

しかしです。

角田課長にしても、冠城くんにしても、長年積み上げてきた右京さんとの信頼関係は、間違いなくあるはずです。

冠城くんにとって右京さんは大切な相棒です。

そして、角田課長にとって特命係は、大事な大事な休憩場所です。笑

最後のシーンで交わされた角田課長と右京さんの会話に、僕は胸が熱くなりました。

 

マル暴の中野英雄

今回、右京さんと角田課長が対立する原因となったのが、中野英雄さん演じる賭博担当の刑事、通称「バクハン」を指揮する源馬寛です。組対4課の課長でもあります。

中野英雄さん、強面ですので、マル暴の役がよく似合ってました。笑

f:id:inudenchi:20181108011805j:plain

 

f:id:inudenchi:20181108011815j:plain

中野英雄さんは、普段はヤクザの役なんかが多いイメージがあります。アウトレイジのイメージも個人的には強いです。

ですので今回、刑事の役がけっこう新鮮でした。完全にヤクザみたいな刑事でしたけれど。笑

よくマル暴の刑事って、どっちがヤクザでどっちが刑事なのかわからない、みたいに言われたりしてますよね。笑

それくらい皆さん、強面なんだと思います。僕は実際にマル暴の刑事さんと接したことはありませんが、きっとみんないかついんだろうな~と。笑

普段から暴力団といういかつい集団を相手に体を張って闘っていますので、自然と刑事の方も、それに対抗できる姿になっていくんだと思います。

青木年男も組対4課と5課を見て「ヤクザみたい」と言ってましたし、源馬は大河内さんにも「まるで暴力団だ」って言われてました。

実際、口調もかなりヤクザっぽかったですし、凄みがありました。

右京さんに対しても、完全にタメ口でした。右京さんのことは「杉下」とか「おまえ」って呼んでましたね。笑

さらには大河内さんにもおもいっきりタメ口でした。監察官にも全く怯みません。

こちらは、源馬の元へと向かう大河内さんです。

f:id:inudenchi:20181108011918j:plain

今回のストーリーの主軸は、右京さんと角田課長の「正義の対立」ですが、その中心にいるのがこの源馬寛です。

源馬の不正を許さず、真実を明るみにしようとする右京さん。

盟友である源馬を守ろうとする角田課長。

二人の対立の引き金となった源馬は、果たしてどう動くのか。

源馬は黒い交際の疑惑がある刑事ですが、熱い想いを持った刑事でもあるんです。

最後に右京さんと対峙した場面では、グッとくるものがありました。

中野英雄さんのマル暴刑事、とってもかっこよかったです!!

 

その他の見どころ

では続いて、第4話『バクハン』のその他細かい見どころを、いくつか挙げてみたいと思います。

大木さんの姿が見えない

ここまでにも少し触れさせて頂きましたが、今回は組対5課が映るシーンが多かったにも関わらず、志水正義さん演じる大木さんの姿は確認できませんでした。

小松さんはちょいちょい映るものの、大木さんはいません。

f:id:inudenchi:20181108012016j:plain

大木さん役の志水正義さんは、2018年9月に癌で亡くなられています。

しかしながら、相棒のクランクインはおそらく8月でしたので、短期間ではありますが、志水さんも相棒17の撮影に参加されているんです。

S17が10月17日に始まり、第1話、第2話の初回スペシャルには大木さんはバッチリ登場していました。第2話では台詞もありました。

この後、何話まで大木さんが登場するのか…。なんだか寂しい話題ではありますが、それが気になっていたのは事実です。

そして、第3話でも注意して観ていたのですが、組対5課の部屋には小松さんの姿しか見ることができず。

そしてこの第4話でも大木さんの姿は確認できませんでした。

ですので、現段階での判断にはなりますが、S17の第2話が志水正義さん出演の最後の回だったのではないかと。

やっぱり大木さん小松さんはいつもセットだったので、大木さんの姿が見えないのは寂しいですね。

 

伊丹&芹沢が変装

伊丹さんと芹沢さんの捜一コンビが、変装して裏カジノに潜入していました。

これには笑わせて頂きました。笑

f:id:inudenchi:20181108012107j:plain

二人ともいつものスーツではありませんし、伊丹さんのメガネと芹沢さんの髪型が凄かったです。笑

滑川(なめりかわ)という偽名も使ってました。

さらにはなんと、伊丹さんがビギナーズラックでカジノで勝ちまくってしまうという、おまけ付きです。笑

 

内村さんがラーメン

内村刑事部長がラーメンを食べているシーンが出てきました。

食べているのは内村さん一人で、中園さんは食べてません。

f:id:inudenchi:20181108012145j:plain

S15の第12話『臭い飯』のときに、カツ丼を食べているシーンが出てきて、おそらくそれが内村さんの食事シーン(お菓子とかを除く)としては初だったのではないかと思われます。

ですので今回は、二度目の食事シーンではないかと。

そして、僕は全く気付かずにコメント欄にてご指摘頂いたのですが、内村さん左手で箸を持ってます。過去のカツ丼シーンも確認したところ、やはり左手で箸を持ってました!内村さん、左利きだったんですね。

さらにこのラーメンのシーンでは、「冠城くんの在籍期間」を、内村さんと中園さんで賭けをしていたとも明かされています。

内村さんと中園さん、そんな賭けをしてたんですね。笑

 

冠城亘の格闘シーン

冠城くんがナイフを持った男と一対一で格闘をしました。

f:id:inudenchi:20181108012237j:plain

冠城くんで対ナイフと言いますと、S16の第9話『目撃しない女』のときに刺されてしまったことがありましたが、今回は無事でした。

冠城くんは圧倒的な強さで勝利しています。完勝でした。

おそらくその勝利を聞いた源馬は、冠城くんにマル暴に来ないか?って声掛けてました。笑

 

生活安全部が花の里

生活安全部保安課の百田と久我。

この二人の刑事が花の里に来店しています。

f:id:inudenchi:20181108012310j:plain

冠城くんは不在でしたので、右京さんと保安課の二人、計三人で飲んでいる形になっています。

生活安全部の刑事が花の里を訪れるというのは初かと思いますので、載せてみました。

 

賭博をする右京さん

今回生じた様々な対立や問題は、裏カジノの摘発から始まっています。

それに絡み、裏カジノのシーンも登場したのですが、右京さんが賭博をするというレアな場面がありました。

f:id:inudenchi:20181108012345j:plain

もちろんこれは捜査のためです。

カードゲームをしていて、さらにはイカサマまで見破ってました。笑

右京さん、本気でギャンブルとかしたらかなり強そうですよね。特にカードなんかには、ものすごい力を発揮しそうです。笑

 

シャブ山シャブ子

登場シーンはほんの少しでしたが、今回かなりのインパクトを残した女がいます。

その名もシャブ山シャブ子です。笑

f:id:inudenchi:20181108012411j:plain

公園でのワンシーンはかなりホラーでしたし、取調室での様子も凄かったです。

実際の役名は西田信子で、演じているのは江藤あやさんという女優さんです。

相当インパクトが強かったようで、放送後にはかなり話題にもなっています。Twitterのトレンドにはなんと1位にもなっちゃってます。笑

シャブ山シャブ子さん、もう一回くらい見たいです。笑

 

冠城くんの名言が炸裂

今回の冠城くんは、右京さんの性格を熟知して、かなり先を読んで行動するという、キレ者っぷりを発揮していました。

さらには名言も多かったです。

右京さんと二人きりのときに、以下の台詞を発していました。

「俺は人に踊らされるのが嫌なんです。自分で思うように踊りたい」

f:id:inudenchi:20181108012508j:plain

なかなか凄い台詞です。笑

びっくりしました。笑

さらにもう一つ、右京さんは誰の味方でもなく「正義の味方」だと。

とっても上手いこと言ってましたね。


以上、今日は相棒season17第4話『バクハン』についてでした。

 

こちらの相棒記事もおすすめ