相棒が好き過ぎて

ドラマ相棒が好き過ぎるが故の戯言と悪ふざけ

相棒18第12話。青木年男の受難と新米刑事の正義。


第12話『青木年男の受難』

f:id:inudenchi:20200116003654j:plain

あらすじと感想

本日はシーズン18第12話についてです。

相棒season18第12話のタイトルは『青木年男の受難』。放送日は2020年1月15日です。元日SP後の、通常版としては2020年初の相棒ということになります。タイトルから、青木年男が何かしらの事件に巻き込まれ、大変な目に遭うことが推測できます。

それでははじめに、ざっくりではありますが、第12話『青木年男の受難』のあらすじから紹介していきます。

サイバーセキュリティ対策本部で、青木年男の同僚である土師太が、一人で特命係の部屋を訪れます。彼は青木から頼まれたと言って、右京さんに本を返しに来ました。青木は「これから緊急手術をするためしばらく休む。デスクに置いてある本を今すぐ杉下さんに返して欲しい」と土師に電話してきたとのこと。しかし本など貸した覚えのない右京さんは、青木に何らかの事情があることを察します。青木は電話も繋がらないため、事件の可能性を感じた右京さんと冠城くんが捜査を開始したところ、青木の自宅近くの路上に、彼のカバンや警察手帳が落ちているのを発見します。そして青木が無断欠勤をしている上に、外部から警視庁のデータベースにアクセスしていることを突き止めます。青木がアクセスしていたのは、昨年に神田北署の管轄で起きた事件です。右京さんと冠城くんは、青木が何者かに拉致され、監禁されている可能性を内村刑事部長に報告します。そこから捜査一課の伊丹さんと芹沢さんも加わり、密かに青木の捜査が開始されます。右京さんと冠城くんはまず手掛かりを得るべく、青木が外部から調べていた神田北署を訪れ、昨年に管轄内で起きた事件について、資料を調べ始めます。しかし目的を告げずに資料を探す特命係を不審に思った、神田北署刑事課の後藤係長が、赴任したばかりの若手刑事である木村に、右京さんと冠城くんを見張るよう指示します。そんな中、青木が調べようとしているのが、暴力団幹部が刺傷を負った事件だということがわかります。果たして警察の情報を引き出そうとする犯人の目的は?拉致された青木を無事救うことができるのか?右京さんと冠城くんが、真相を究明し、青木の行方を追います。

おおまかではありますが、だいたいこんな感じの内容になります。

今回も面白かったです!

青木年男が拉致され監禁されるという、初めてのパターンです。

前話の元日SPでは、右京さんが内村さんらと共に地下駐車場に閉じ込められ、人質となってしまいました。ですので今回の青木年男と、様々な状況は違えど、二話続けて警察関係者が監禁されるという事態が起きたことになります。

監禁され、脅され、警察情報へのアクセスを強いられる青木年男というのも、見ものでした。普段の憎まれ口ばかり叩いている青木が、監禁されるという立場に陥ったときどんな態度を取るのか、興味深くもありました。笑

そんな青木を救うため、右京さんと冠城くんが奔走します。

特命係だけではなく、捜一コンビも青木の捜索に協力してくれます。特命係と捜一コンビ、そして内村&中園がみんな揃って今後を協議する場面なども、なかなか見られないシーンでした。

特命の捜査には、所轄の若手刑事である木村も加わりますので、三人で行動する時間がそれなりにあります。そういうのも久しぶりのパターンになりますね。

また、青木の同僚である土師太がけっこうがっつり出てくるのも、新鮮でした。特命係との絡みも多かったですし、青木と土師太の関係性というものを、今までで一番楽しむことができる回でもありました。

事件の解決には「誰が何のために青木を連れ去ったのか」というのが大きなポイントになります。青木を無事に救い出すには、その謎を解き明かす必要があります。

手掛かりは青木が外部からアクセスし、調べようとしていた、「昨年に神田北署の管轄で発生した何かの事件」です。最初はどんな事件かもわからないという状態で、右京さんと冠城くんは、その小さな糸口から、全貌を暴いて行く流れとなります。

ここに所轄の刑事課の係長とか、若手刑事とか、暴力団とか、重過失致死罪とか、色んなことが絡んできます。

かなり終盤まで、いったいどんな展開が待っているのか、僕は全くわかりませんでした。捜査している対象と、青木年男との関係というのも、なかなか見えてこなかったですね。意外と複雑でした。

そしていつものごとくですが、最後に辿り着く真相には、恒例のどんでん返しが待っています。

無事に救い出された後の青木も楽しめました。

ストーリーの核の部分としては、「正義のあり方」というのが一つのテーマになっていたかと思うのですが、個人的には「監禁された青木」と「土師太」というのが、強く印象に残ってしまった回でもありました。笑

青木年男というキャラの破壊力に、今さらながら気付かされた気がします。

第12話『青木年男の受難』、面白かったです!

 

ゲスト出演者

それでは続きまして、第12話『青木年男の受難』に出演された、主なゲストさんを紹介していきます。今回は2名です。

中村優一(なかむらゆういち)

神田北署の刑事、木村信士役で中村優一(なかむらゆういち)さん。

f:id:inudenchi:20200116004150j:plain

神田北署に赴任したばかりの若手刑事です。刑事課係長の後藤より、右京さんたちを見張るように指示を受けました。捜査を勉強させて欲しいという名目での同行で、結果的に特命係と一緒に捜査をするような形となります。

中村優一さんは、元ジャニーズJr.の俳優さんです。2010年に持病の腰痛の悪化により芸能活動を休止していますが、2014年に俳優業を再開されています。相棒には今回が初出演です。

 

津村知与支(つむらのりよし)

続いて、神田北署刑事課の係長、後藤嗣昌役で津村知与支(つむらのりよし)さん。

f:id:inudenchi:20200116004224j:plain

自身の管轄である神田北署内で起きた昨年の事件を、目的も告げずに調べる特命係に不信感を抱き、その動向を見張るように若手の木村刑事に指示を出した係長です。

津村知与支さんは今回が別役で二度目の相棒出演になります。前回はS13第4話『第三の女』に、週刊誌の記者役で出ています。

 

以上、今回の主なゲストさんは上記の2名になります。

他には、階段で過失により人を殺してしまった石井直久役で、神林茂典(かんばやししげのり)さん。石井直久の息子、石井琢也役で広田亮平(ひろたりょうへい)さん。人を刺したとして出頭した暴力団員、相良治夫役で荒谷清水(あらたにきよみ)さん。金狼会の広瀬役で小森敬仁(こもりのりひと)さん。銀龍会の黒川龍蔵役で鈴木隆仁(すずきたかひと)さん。神田北署の署長、梅本康平役で吉成浩一(よしなりこういち)さんなどが、ちょいゲストさんで出演されています。

鈴木隆仁さん、荒谷清水さん、小森敬仁さん、吉成浩一さんは、それぞれ今回が別役で二度目の相棒出演です。

 

拉致された青木年男

青木年男という男は、性格も歪んでいますし、人間性に難のある人物ではありますが、実はとっても優秀な一面があります。

「サイバーセキュリティ対策本部特別捜査官」という肩書きだけあって、サイバーに関する技術や知識には特化しているんです。

おそらく今回の犯人は、青木のそんな優秀な一面をよく知っていて、その技術や知識を利用するため、拉致したのではないかと思われます。

青木の自宅マンション近くの路上には、彼のカバンや警察手帳が落ちていました。

f:id:inudenchi:20200116004426j:plain

青木はゲーム雑誌を持ち歩いているんですね。笑

状況から察するに、犯人は出勤しようとして自宅から出てきた青木を待ち伏せていて、拉致したのではないかと考えられます。

そして拉致された青木は、ロープでぐるぐる巻きにされちゃっている可能性も。

f:id:inudenchi:20200116004455j:plain

青木がこのような状態になっても、見ている側としては、特に危機感を感じないのが不思議です。むしろ楽しんでしまうくらいです。笑

しかし、そんな呑気なことも言っていられません。

青木は刃物を突きつけられ、ある事件を調べるように強要されるんです。つまり、脅されてサイバー技術の悪用を強いられるってことですね。

f:id:inudenchi:20200116004513j:plain

青木年男といえば、憎まれ口が定番のキャラではありますが、今回は自身を拉致監禁した犯人に対しても、いつも通りの憎まれ口を叩いていました。ブレないです。笑

そうは言っても、馬乗りになられ、刃物で殺されそうになれば、こういう顔にはなってましたけれど。

f:id:inudenchi:20200116004531j:plain

まさにタイトルのとおり、「青木年男の受難」状態になっちゃってます。

これは青木が警察官になってからの、最大の危機ではないかと思われます。犯人にとっては、青木は役目さえきちんと果たしてもらえれば、もう後は用済みですからね。殺されてしまう可能性も大変高くなるわけです。

そんな青木を救うため、右京さん、冠城くん、伊丹さん、芹沢さんが、頑張ります。

青木は普段憎まれ口ばかり叩いている嫌な男ですけれど、なんだかんだ言って、みんなに愛されてるんだと思います。ひねくれてますけど、そこが可愛らしかったりしますからね。笑

青木自身も、拉致監禁されてしまった自分の身を救うための最善の方法は、特命係に頼むことだと、そう判断したからこそ、土師太を使って右京さんにSOSを出しました。憎まれ口を叩きつつも、その能力はじゅうぶんに認めていますし、信頼もしているからこそだと思います。

青木からのSOSを受けた右京さんや冠城くんが、青木年男を受難から救い出します。

 

新米刑事の正義

中村優一さん演じる神田北署の新米刑事、木村信士。

神田北署には赴任して半年とのことで、若手の刑事ならではの、初々しさが溢れ出しているような、そんな雰囲気もある好青年です。

刑事課の係長である後藤より、特命の二人を見張るように命じられた彼は、「二人の捜査を勉強したい」と申し出て、特命係と行動を共にすることに。

f:id:inudenchi:20200116004654j:plain

銀龍会と金狼会という、二つの暴力団事務所に乗り込む際にも、一緒に行動しています。

f:id:inudenchi:20200116004705j:plain

さらには彼は、特命係の部屋にまで来ちゃってます。

所轄の刑事が特命の部屋に来るというパターンは、かなり珍しいのではないかと。

f:id:inudenchi:20200116004716j:plain

彼は情にも厚く、正義感も持っている刑事です。

しかしその正義が、一度でも間違った方向に走り出してしまったとき、それは正義と呼べるものではなくなってしまうんです。

 

その他の見どころ

それでは最後に、第12話『青木年男の受難』の、その他細かい見どころを、いくつか挙げてみたいと思います。

土師太(はじふとし)

青木の拉致事件は、青木から土師太に連絡が行ったことがきっかけとなって、発覚しました。青木年男自身がそう仕向けたとはいえ、土師太は大きな役割を果たしたわけです。

土師太というのは、「はじ ふとし」と読みまして、青木と同じサイバーセキュリティ対策本部特別捜査官で、演じているのは松嶋亮太(まつしまりょうた)さんです。

これまでにもちょいちょい出てきて、青木とは憎まれ口を叩き合ったりしてます。仲良しとは言えないまでも、青木が唯一、同じ部署で絡んでいる同僚ではないかと。お互いに対抗心も抱いているようです。

そんな土師太が今回、特命係とがっつり絡んでます。

特命係の部屋を訪れるという、大変珍しいシーンも出てきます。

f:id:inudenchi:20200116004906j:plain

さらにはこの後、右京さんと冠城くんがサイバーセキュリティ対策本部まで出向き、土師太に協力を仰ぐんです。これまた貴重なシーンです。

f:id:inudenchi:20200116004918j:plain

右京さんとはこの後に電話やメールのやりとりもしていましたし、今回のことで特命との距離がグっと縮まったのではないかと。

かつて青木の同僚といえば、カルト教団に協力して逮捕された、谷崎莊司という男がいました。

土師太は今後、特命係にとって、青木にとって、どんな存在になっていくのでしょうか。

 

蟻地獄図鑑

青木年男が土師太に、右京さんに返すように頼んだ本がこちら。

『蟻地獄図鑑』です。

f:id:inudenchi:20200116004943j:plain

蟻地獄の写真集的な本ではないかと思われます。

これは青木が捜査資料として用意した本である可能性もありますが、おそらくそうではなく、彼の趣味ではないかと。

『蟻地獄図鑑』を一人で眺め、幸せそうに微笑む青木の顔が浮かびます。


以上、今日は相棒season18第12話『青木年男の受難』についてでした。

 

こちらの相棒記事もおすすめ