相棒が好き過ぎて

ドラマ相棒が好き過ぎるが故の戯言と悪ふざけ

相棒19第17話『右京の眼鏡』かとうかず子とメガネ愛。


第17話『右京の眼鏡』

f:id:inudenchi:20210225005537j:plain

あらすじと感想

本日は、シーズン19第17話についてです。

相棒season19第17話のタイトルは『右京の眼鏡』。放送日は2021年2月24日です。かつては『右京のスーツ』『右京の腕時計』というのがありましたが、今回はそれらに通じるようなタイトルです。『右京の目』ってのもありましたけど。右京さんの眼鏡がいったいどうなるのか、楽しみでたまりません。

ではまずはじめに、第17話『右京の眼鏡』のあらすじから紹介していきます。テレビ朝日の公式サイトより引用させて頂きます。

オーダーメイド眼鏡で有名な田崎眼鏡で大きな事件が…。3カ月前に心臓発作で倒れた社長の田崎恭子(かとうかず子)に代わり、専務の三澤渚(岩橋道子)が社長代行として経営を仕切っていたが、それが気に入らない恭子の長男・明良(赤木悠真)が渚を殺害し、逃走。事件から5日が経った今も、その行方がつかめていないのだった。
その頃、サイバーセキュリティ対策本部の青木年男(浅利陽介)は、マンションの向かいの部屋を“観察”していたところ、怪しい男女が何者かを連れて入室。それっきりその人物が部屋から出てこないことから、監禁の疑いがあるのではと「特命係」に報告にやってくる。
田崎眼鏡の事件となんらかの関わりがあるのでは、と考えた杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)が調べると、次男と末娘が恭子をかくまっていることが判明。恭子に、明良の事件について知ってほしくなかった拓人と由衣は、テレビも新聞もない部屋へ恭子を移送していたのだ。
事情を知った右京は、警察官という身分を隠し、恭子に接近。眼鏡好きだったことも功を奏して、恭子の信頼を得ることに成功した右京は、会社の内情を入手する。さらに、田崎眼鏡の職人・松田(青山勝)にオーダーメイドの眼鏡を依頼し、詳しく話を聞いた右京は、このお家騒動には意外な事実があったことが分かる。そして殺害現場にいくつも不自然な点があることに気付き…!?
(引用元:https://www.tv-asahi.co.jp/

今回も面白かったです!

冒頭でも書きましたが、『右京のスーツ』『右京の腕時計』に続き、『右京の眼鏡』という、右京さんの服飾シリーズ第3弾。

タイトルの通り、眼鏡がピックアップされる物語でした。

今回取り上げられたのは、老舗眼鏡メーカーのお家騒動です。社長が倒れたことにより、後継者を巡る殺人事件が起きたと考えられまして、その真相に特命係が迫っていく物語です。

今回は、何本かの別の軸というのが明確にあったわけではなく、複雑に絡んだ一本の太い軸が、最初から最後まで通っていたような、そんな組み立て方の物語でした。

お家騒動ということで、中心となる登場人物もはっきりしています。

心臓発作で倒れた社長、その代行を務めていて殺害された専務、犯人であると思われ行方をくらませている長男、社長をかくまっている次男と末娘、そして右京さんの眼鏡を作る職人、以上です。

本題は殺人事件ですので、殺された専務を除き、この中の誰かが犯人なのでは?という流れですね。

で、青木という入口からこのお家騒動と接点を持つことになった特命係が、お家騒動の内幕と殺人事件をじょじょに繋ぎ合わせて行き、事件解決へと導きます。

途中でなんとなく、この人怪しいな~という真犯人には、おそらく皆さん辿り着いたのではないかと思うので、そういう意味でもわかりやすかったかもしれませんけれど。

解決への糸口は、まさに「眼鏡」でした。眼鏡そのものと、右京さんの「眼鏡愛」と言った方がいいかもしれません。

そして事件の背景にあったものも、それぞれの「眼鏡愛」だったかと思います。眼鏡を愛するが故の行き違い、そして悲劇だったかと。

事件の真相については、ただただ悲しいといいますか、やりきれない気持ちにはなりますが、全ては後の祭りです。

悲しい真相ではありましたが、今回は本題とは少し外れたところでも、楽しめるポイントがかなり多めの回だったかと思います。何よりも眼鏡大好きな右京さんが面白かったです。眼鏡に目がない右京さんですね。

また、覗き趣味の青木年男が、今回も大活躍でした。貴重な青木の部屋や私服姿も登場しましたし。

前回出てこなかったこてまりシーンも見れましたし、美味しそうな料理もチラッと見れました。

あと、益子さんの登場も、少々久しぶりでしたね。

右京さんのオーダーメイド眼鏡も、無事出来上がってよかったです。

相棒19第17話『右京の眼鏡』、面白かったです!

 

ゲスト出演者

続きましては、第17話『右京の眼鏡』に出演された、主なゲストさんを紹介します。今回は1名です。

かとうかず子(かとうかずこ)

老舗眼鏡メーカーである田崎眼鏡の社長、田崎恭子役でかとうかず子(かとうかずこ)さん。

f:id:inudenchi:20210225005957j:plain

心臓発作で倒れ意識不明の重体に陥りますが、奇跡的に回復を遂げます。殺人事件が起きたことを彼女の耳に入れまいとする次男と末娘により、情報が遮断されたマンションの一室にかくまわれています。

かとうかず子さんは今回が別役で2度目の相棒出演で、1度目はS6最終話『黙示録』に元法務大臣のシスターという役で出ています。前回が2008年ですので、13年振りの相棒出演ですね。ちなみにですが、かとうかず子さんさんは東国原英夫の元奥さんです。

 

以上、今回の主なゲストは、かとうかず子さん1名になります。

他には、田崎眼鏡の職人である、松田正一郎役で青山勝(あおやままさる)さん。社長の長男、田崎明良役で赤木悠真(あかぎゆうま)さん。社長の次男、田崎拓人役で田本清嵐(たもとそらん)さん。社長の末娘、田崎由衣役で天野はな(あまのはな)さん。殺害された田崎眼鏡の専務、三澤渚役で岩橋道子(いわはしみちこ)さんなどが、ゲストさんで出演されています。

青山勝さんは別役で4度目(過去にはS2-14、S10-4、S15-2)、赤木悠真さんは別役で2度目(過去にはS16-8)、田本清嵐さんは別役で2度目(過去にはS12-16で、そのときの芸名はタモト清嵐)、岩橋道子さんは別役で2度目(過去にはS5-9)の出演です。

 

錯綜するメガネ愛

この度の事件は、オーダーメイド眼鏡で知られる老舗眼鏡メーカー、田崎眼鏡を舞台として起こりました。

いわゆる「お家騒動」に関連しているのではないかと考えられる、殺人事件です。

田崎眼鏡の社長が心臓発作で倒れてしまい、社長を代行した専務が殺害され、その犯人が行方をくらませた長男ではないかと。

一方倒れた社長は、幸いにも命は取り留め、現在次男と末娘にかくまわれています。

で、そのかくまわれてた部屋がなんと、青木年男の向かいのマンションでして、覗きが趣味の青木により、監禁事件が起きているのではないかと怪しまれることに。

青木はもともと『警察嫌い』でも、向かいのマンションからの目撃者として初登場してますし、ついこの前も『忘れもの』で、こてまりを覗き見してましたし、重要なものをめっちゃ見てますね。歪んだ癖ではありますが、とっても役には立っています。

f:id:inudenchi:20210225010148j:plain

青木が特命にこの監禁疑惑を報告し、それがきっかけで、右京さんと冠城くんは田崎家と関わりを持つこととなります。

そして右京さん、眼鏡好きだったことから社長の恭子にも気に入られます。どうやら右京さんの眼鏡愛が、社長にも伝わった感じですね。

f:id:inudenchi:20210225010204j:plain

ちなみに右京さんの現在掛けている眼鏡は、ロンドンでオーダーメイドで作ったものだそうです。

そして右京さん、どうやらその眼鏡をうっかり落としてしまい、調子が悪いようでして、恭子との出会いは絶好のタイミングだったわけです。田崎眼鏡には、松田正一郎という名工がいまして、右京さんはその名工にオーダーメイドをお願いすることに。

f:id:inudenchi:20210225010241j:plain

S9第14話『右京のスーツ』では、捜査の過程で右京さん、オーダーメイドのスーツを作っちゃいましたけど、そのときの流れに通じるものがありますね。

オーダーメイド眼鏡は、お値段の方もそれなりにしますけれど、右京さんは「値段の問題ではありません。眼鏡こそ朝から晩まで一生付き合うものです」と。

こちら、眼鏡を作るため顔のサイズを計測される右京さんです。

f:id:inudenchi:20210225010305j:plain

そんなオーダーメイドならではの過程を経て、出来上がった眼鏡がこちらです。

f:id:inudenchi:20210225010320j:plain

右京さんも眼鏡の出来には大満足のようです。

僕は前のものとの違いが全然わかりませんが。笑

この眼鏡を作る前、右京さんは田崎眼鏡で別の眼鏡を試着していまして、そっちの右京さんももう少し見たかったですけどね。

f:id:inudenchi:20210225010346j:plain

眼鏡のタイプによって、印象ってだいぶ変わるものなんですね。

この右京さんを見た冠城くん、「なんか昭和の映画スターみたいですよ」と。確かに。笑

と、なんだか右京さんの眼鏡愛ばかりクローズアップしていますが、田崎眼鏡の経営陣や職人さんも、皆さんそれぞれが、それぞれに眼鏡を愛しています。

何よりもまず、全員メガネでしたし。

f:id:inudenchi:20210225010414j:plain

しかし今回の事件は、そんなメガネ愛の行き違いが原因で、悲しくも起きてしまったんです。

もし全員がちゃんと気持ちを伝え合うことができていれば、悲劇は防げたかもしれません。殺人という結果は、後悔してもしきれないものですからね。取り返しがつかないんです。

しかし眼鏡を作ることに愛情を注いできた家族は、殺人事件という大きな代償を支払いはしましたが、一度は失いかけた絆を、また取り戻すことができました。

右京さんの眼鏡愛も、それを助ける大きな役割を担っていたのではないかと。

右京さん、眼鏡作ってよかったですね。

『右京のスーツ』『右京の腕時計』『右京の眼鏡』ときましたので、次は『右京の靴』とか『右京のネクタイ』あたりがくるかもしれません。

個人的には『右京のパンツ』を期待したいです。

 

その他の見どころ

では続いて、第17話『右京の眼鏡』のその他細かい見どころを、少しだけ挙げて締めたいと思います。

青木の私服と部屋

青木年男の私服姿というのが、このたび初めて出てきました。

青木はいつもスーツですし、初登場のS14『警察嫌い』で特命係が青木の部屋にお邪魔したときも、Yシャツ姿でした。

それがこのたび、私服をお披露目です。

f:id:inudenchi:20210225010616j:plain

f:id:inudenchi:20210225010626j:plain

しかも右京さんと冠城くんが、青木年男の部屋を訪問までしていまして、お部屋シーンも出ています。

青木は部屋の中ではスウェット姿ですね。外出時はそれにダッフルコートを羽織ってました。

部屋は意外と片付いていて綺麗です。

青木の部屋にはかつて、画鋲を刺した右京さんと冠城くんの写真があったかと思うのですが、あれはもうないんでしょうかね。

ちなみにこの部屋は『警察嫌い』のときとは別の部屋になります。ですので以前青木が目撃者となった向かいのマンションも、今回とは別のマンションです。

休日の青木という、貴重なものを見れて嬉しいです。

S19第13話『死神はまだか』では、着物姿で噺家になって現れるという、コスプレも披露していますので、今後さらに色々な青木が楽しめますことを期待しています。

 

出雲のハイネック

出雲麗音は、いつもYシャツにスーツというスタイルですが、今回はハイネックのカットソー(もしくはセーターかも)の上に、ジャケットという姿で登場です。

f:id:inudenchi:20210225010746j:plain

一度YシャツではなくTシャツというのはあった気がするのですが、ハイネックというのは初ではないかと。

その辺のファッションにはとっても疎い僕ですが、今後も彼女の服装には、できるだけ注意を払って見てみようと思います。


以上、今日は相棒season19第17話『右京の眼鏡』についてでした。

 

こちらの相棒記事もおすすめ