相棒が好き過ぎて

ドラマ相棒が好き過ぎるが故の戯言と悪ふざけ

相棒20最終話『冠城亘最後の事件―特命係との別離』


最終話『冠城亘最後の事件―特命係との別離』

f:id:inudenchi:20220324012251j:plain

あらすじと感想

本日は、シーズン20最終話(第20話)についてです。

相棒season20最終話(第20話)のタイトルは『冠城亘最後の事件―特命係との別離』。放送日は2022年3月23日です。最終話の前後編SPの後篇で、10分拡大版での放送です。冠城くんでの最後の物語の後半ということになります。タイトルにも「冠城亘最後の事件」「特命係との別離」と、冠城亘の卒業を決定づけるワードが2つも入ってます。

それではいつものごとく、まずは最終話『冠城亘最後の事件―特命係との別離』のあらすじから紹介していきます。テレビ朝日の公式サイトより引用させて頂きます。

「ありもしない襲撃計画を疑われ、刑事につきまとわれている」 「国家公安委員長・鑓鞍兵衛(柄本明)が権力を使って一市民を潰そうとしている」──などと王隠堂家の書生・京匡平(本宮泰風)が訴えた動画は、瞬く間に拡散。京が王隠堂鷹春(勝野洋)とともに再び鑓鞍を襲撃するものとにらみ、目を光らせていた捜査一課刑事・伊丹憲一(川原和久)たちは上層部から大目玉を食らい、京たちを見張ることができなくなってしまった。
そこで、特命係の杉下右京(水谷豊)と冠城亘(反町隆史)は、ひとつの方法を思いつく。社美彌子(仲間由紀恵)がトップを務める内閣情報調査室の名を持ち出し、鷹春と京に内調から命を狙われていると吹き込み、2人には護衛が必要だと持ちかけたのだ。その上、特命係を連れ戻すという名目で伊丹たちも再び王隠堂家に舞い戻らせることに成功。右京はまた、鷹春の娘・美馬(酒井美紀)にトイレを借りるふりをして王隠堂家に潜入、“ある部屋”の様子に違和感を覚えるのだが…。
その矢先、ついに鷹春と京が、右京や美馬の目を欺いて行方をくらます事態が発生。2人の動きを追う特命係、捜査一課、そして神経をとがらせる津崎真茅(野波麻帆)らSPたち。はたして右京たちは、京の仇討を阻止することができるのか──!? そんな中、右京は亘の疑惑を書きたてた怪文書について調べ、密会相手の正体に気づくが…!?
(引用元:https://www.tv-asahi.co.jp/

今回も面白かったです!!

冠城くんの卒業にふさわしい、とっても見応えのある前後篇SPでした。前篇からだけでは思いもよらなかった展開へと突き進み、最後の結末までもう怒涛でしたね。一瞬たりとも目が離せなかったです。

そして…

ついに冠城くんが特命係を卒業してしまいました。わかっていたことではありますけれど、やっぱり寂しい。ありきたりな言葉で申し訳ありませんが、寂しいです。

亀山くん、神戸くん、カイトくんと、これまでも3人の相棒の卒業を経験しているわけですけど、やっぱり卒業回というのは寂しくてたまらん気持ちになりますね。

特に冠城くんはS14から7シーズン丸々という最長の相棒でしたので、その喪失感もまた大きい。

しかし、その喪失感や寂しさと同時に、その卒業の中身というのも、今後をついつい期待してしまうようなものでしたので…そういう意味ではちょっとワクワク感も残る最後だったかと思います。

まずは卒業へと繋がる最後の物語ですが、前篇にて提示されたポイントは、以下のような感じでしょうか。

・鑓鞍兵衛の襲撃計画
・マリアと冠城くんの関係
・怪文書の出どころ
・鑓鞍兵衛と片山雛子の選挙戦
・内閣情報調査室と公安調査庁

特に前篇のラストにて、パパ活疑惑の少女の正体が、社美彌子の娘であるマリアだと明かされましたので、「マリアと冠城くんの関係」というのは一番気になる謎だったのではないかと。全く推測できませんでしたし。

しかしそっちのマリアの方は、そこまで広がる展開があるわけではなく、やはり鑓鞍兵衛の襲撃計画が後篇でも主軸になってました。

どっちかっていうと、前篇の方が入り乱れ感ありましたね。

襲撃計画に関しては、「仇討ち」というものがやはりキーワードになっていたかとも思います。その結末に胸が詰まるような場面もありました。

だから言って全体的には重苦しい感じはなく、むしろ笑いどころも多めの回でもありました。

捜一トリオと特命が一緒にいるだけで、コントっぽくなってましたし。

前篇では出番のなかった益子さんや土師太も出てきまして、どちらもばっちり笑いもとってくれてました。

冠城くんの卒業の理由だけではなく、怪文書の真実だったり、青木の異動だったり、国替えした鑓鞍兵衛の真意だったり、びっくりすることも多々ありました。

そして最後の右京さんと冠城くんのシーン、僕は泣いてしまいましたよ。今までの相棒の卒業にはないパターンのラストでした。

寂しい気持ちも大きいですけれど、冠城亘の卒業回、存分に楽しませて頂きました。

最終話(第20話)『冠城亘最後の事件―特命係との別離』、面白かったです!!

 

ゲスト出演者

それでは次に、最終話『冠城亘最後の事件―特命係との別離』に出演された、主なゲストさんを紹介したいと思います。今回は第19話から続く後篇となりますので、ゲストさんも第19話と同じ6名です。

酒井美紀(さかいみき)

鑓鞍兵衛の襲撃計画を阻もうとする王隠堂家の娘、王隠堂美馬役で酒井美紀(さかいみき)さん。

f:id:inudenchi:20220324012943j:plain

王隠堂家の中で、唯一復讐を阻止しようとしている長女です。張り込みをする特命係や捜一トリオに食事の差し入れをしてくれる優しい女性です。警察にはかなり協力的ですが、その真意はわかりません。

 

柄本明(えもとあきら)

京匡平により命を狙われている衆議院議員、鑓鞍兵衛役で柄本明(えもとあきら)さん。

f:id:inudenchi:20220324013033j:plain

8年前にも京による襲撃を受けますが、そのときはSPにより守られ事なきを得ています。このたびは総選挙にも重なり周囲も警戒を強めています、選挙では片山雛子を潰すため、国替えをして自らが刺客となり出馬しますが、苦戦を強いられることに。

 

木村佳乃(きむらよしの)

国会議員への復帰を狙い総選挙に出馬した、片山雛子役で木村佳乃(きむらよしの)さん。

f:id:inudenchi:20220324013124j:plain

以前より政界への復帰を狙っていて、このたび満を持して立候補しますが、国替えをした鑓鞍兵衛が刺客として立ちはだかります。しかし京の投稿した動画の影響もあり、風向きが変わり有利な展開に。

 

野波麻帆(のなみまほ)

鑓鞍兵衛のSP、津崎真茅役で野波麻帆(のなみまほ)さん。

f:id:inudenchi:20220324013204j:plain

8年前には京の襲撃から身を挺して鑓鞍を守ったSPです。その際に重傷を負っています。その後、警視庁警備部警備課の第二警備係班長を務めていましたが、このたび再び鑓鞍のSPをすることに。

 

本宮泰風(もとみややすかぜ)

鑓鞍兵衛の襲撃を計画する男、京匡平役で本宮泰風(もとみややすかぜ)さん。

f:id:inudenchi:20220324013250j:plain

鑓鞍襲撃について警察が警戒を強める中、鑓鞍や警察、内閣情報調査室までをも告発する動画を投稿します。動画の内容は虚実が入り混じったものではありますが、鑓鞍の選挙や警察の捜査にも大きな影響を及ぼすことに。

 

勝野洋(かつのひろし)

京とともに鑓鞍兵衛襲撃を計画する王隠堂家の当主、王隠堂鷹春役で勝野洋(かつのひろし)さん。

f:id:inudenchi:20220324013318j:plain

京との襲撃計画の相談を娘の美馬に聞かれ、警察に相談されたため、彼女を杖で殴打し暴行と公務執行妨害の容疑で逮捕されます。国会議員だった長男の鷹児を追い詰めた鑓鞍に対し、恨みを抱いています。

 

以上、今回の主なゲストさんは、上記6名になります。

他には、社美彌子の娘、マリア役で土方エミリ(ひじかたエミリ)さん。週刊誌の記者、神長敏役で平塚真介(ひらつかしんすけ)さんなどが、ちょいゲストさんで出演されています。

平塚真介さんは別役で2度目(過去にはS13-13)の出演です。

 

冠城とマリア

冠城くんのパパ活疑惑という怪文書が出回り、冠城くんは衣笠副総監や大河内さんの聴取を受けます。で、女の子はいとこの娘だって言い逃れてました。

しかしそれは嘘です。

本当は、なんと社美彌子の娘である、マリアだったんです。

f:id:inudenchi:20220324013413j:plain

マリアの父親はアメリカに亡命した元ロシアのスパイ、ヤロポロク・アレンスキー。

ヤロポロクを巡っては、社美彌子との関係が問題視され、『悪魔の証明』や『いわんや悪人をや』でも取り上げられました。

マリアが最初に登場したのも、S15最終話『悪魔の証明』です。

f:id:inudenchi:20220324013426j:plain

『悪魔の証明』が2017年3月ですので、上の写真は今から5年前のマリアちゃんってことですね。ちっこいですね。

そしてこちらは、S16元日SP『サクラ』のときのマリア。今から4年前ですね。

f:id:inudenchi:20220324013441j:plain

現在のマリアは中学生のようです。大きくなりましたね。

しかしです。特命係とマリアにはこれまで、直接の接点というのはなかったはずです。それなのになぜマリアは、冠城くんと二人で会っているのか。

怪文書を見て少女がマリアだと気付いた社美彌子は、マリア本人に冠城くんとの関係を問いただしたところ、「姫と家来」という答え。

f:id:inudenchi:20220324013505j:plain

マリアが冠城くんと会っていることを知らなかった社美彌子はご立腹。冠城くんは「俺、消されるかもしれません」と右京さんに話したくらいです。

しかしもちろん、冠城くんはロリコンがゆえにマリアに近づいたわけではありません。それにどうやらマリアちゃんの方から、冠城くんに接触したとのこと。

冠城くんは『悪魔の証明』のときも、社美彌子を庇うような形で、右京さんと対立しています。『サクラ』でも社美彌子の秘密と、マリアを守ろうとしていました。

おそらく冠城くんも、マリアのことはずっと気に掛けていたんだと思います。

そして今回、またもやマリアの周辺には不審な動きが。

f:id:inudenchi:20220324013532j:plain

以前、日下部さんの支持を受けた公安調査庁の男が、社美彌子を探っていたこともありましたし、今回も日下部さんは何かしら関与している可能性もあります。

しかしマリアは、そんな身に降りかかる火の粉を、自ら振り払う強さも持ち合わせています。彼女のグッとくるかっこいいシーンもありました。

f:id:inudenchi:20220324013546j:plain

公調や内調、父親のヤロポロクなど、彼女の周りには穏やかではないことが多々あります。

しかし彼女自身の強さ、社美彌子という母親、さらには冠城亘という家来がいれば、きっと大丈夫。

 

仇討ちvs特命係

8年前に鑓鞍兵衛を襲撃し、SPに阻まれた男、京匡平。

彼は刑期を終え、王隠堂家の当主である鷹春と共謀し、再び鑓鞍を狙います。

その情報を得ている警察も当然警戒にあたりますが、京は「告発動画の投稿」という思ってもいない形で、鑓鞍兵衛を陥れようと動き出します。

f:id:inudenchi:20220324013618j:plain

動画は虚実が混ぜ込まれ、巧妙に作られています。

この動画により打撃を食らったのは、鑓鞍兵衛、内閣情報調査室、そして警察です。京の口からそれぞれへの批判が語られたことで、その波紋が広がる事態に。

鑓鞍兵衛は、選挙への影響が甚大です。自らが刺客となって片山雛子を潰すはずが、逆に雛子に敗れるという可能性も出てきています。

内閣情報調査室にいたっては、鶴田翁助の事件もあったばかりですし、さらに世間の風辺りが強くなることに。そうなると機関としての立場にも影響が出かねません。

そして警察は、王隠堂家に張り付いていた捜査一課の行動が問題となってしまい、王隠堂家に近づくことができなくなってしまいます。

つまり動画の投稿は、鑓鞍兵衛への政治家としてのダメージが大きいだけではなく、襲撃計画を阻止するために動いていた内調や警察の動きまでも牽制してしまうんです。

鑓鞍を襲撃する側にとっては、実に都合がいいわけです。巧妙に練られた計画ですね。

しかし動きを封じられた警察も、みすみす襲撃を成功させるわけにはいきません。右京さんは一計を案じ、再び捜査一課とともに王隠堂家に接近することに。

f:id:inudenchi:20220324013653j:plain

特命と捜一トリオが仲良く張り込みをするという、貴重なシーンまで見れちゃいました。

そしてちゃっかり家にも潜入した右京さんは、細かいことが気になる力を発揮し、襲撃計画の全容へと近づいていきます。

これは仇討ちを果たそうとする王隠堂家と、特命係の闘いです。

特命係を持ってすれば、仇討ちの阻止は容易にも思えますが、そうはいきません。相手もなかなか手ごわいんです。

で、気を抜くとみんな眠らされて、こんなことになっちゃいます。

f:id:inudenchi:20220324013719j:plain

しかし狙われている鑓鞍兵衛の方にも、ちゃんとSPがついていますし、京や鷹春の情報も共有されていますので、そう簡単に仇討ちができる状況ではありません。

f:id:inudenchi:20220324013731j:plain

ところがどっこい。

一連の鑓鞍兵衛襲撃計画には、とんでもない裏があったんです。

そこには、もう一つの仇討ちがありました。

 

冠城亘の卒業

鑓鞍兵衛の襲撃を阻止すべく動く特命係。

登場人物たちの思惑が入り乱れる中、右京さんと冠城くんも、いつの間にかその渦中へと飲み込まれていきます。

そして特命係が襲撃を阻止した先に待っていたのは、冠城くんの特命係からの卒業でした。

f:id:inudenchi:20220324013806j:plain

冠城くんは自らの意志で特命係を去る決断をします。そしてなんと、警視庁を辞めて公安調査庁へと移るんです。

公安調査庁は法務省の外局ですので、法務省法務事務次官である日下部さん直結です。鑓鞍兵衛や社美彌子とは、あまりいい関係ではないことも窺えます。

公調に移るという決断は、冠城くんなりに考えてのことだと思います。また、「そこに何があるかわかりませんが、俺ってまず動いてみてから考えるんです」とも右京さんに話しています。実に冠城くんらしいです。そうやって特命係にもなっちゃったわけですからね。

冠城くんが公調に移るというのは、純粋に面白い展開でもあります。

面白いですけど、一方で冠城くんが特命係を去ってしまうのは、本当に寂しい。

冠城くんが右京さんの相棒になったのはS14です。最初は法務省からの出向という形で右京さんと出会い、そこから7年。気付けば亀山くんを超える歴代で最長の相棒となりました。

7年間、本当に色んな事件がありました。色んなことがありました。

右京さんと冠城くん、二人がよく並んで歩いていたイチョウ並木で、最後に二人はお話をします。

f:id:inudenchi:20220324013955j:plain

「君が特命係を去る事をできれば拒みたい」そう話した右京さんに対し、冠城くんは「最高のはなむけの言葉です。長い間お世話になりました」と。

右京さんが去っていく相棒に対し、引き留める言葉を送ったのは初めてです。

右京さんの目も潤んでいるように見えました。

f:id:inudenchi:20220324014011j:plain

この場面、僕は涙せずにはいられませんでした。

f:id:inudenchi:20220324014020j:plain

そしてこの後、二人は別々の方向に歩き出します。

本当はまだまだ冠城くんと右京さんの相棒を見ていたかったです。相性もバッチリの、いい相棒でしたからね。

だってこの後一人でこてまりを訪れる右京さん、冠城くんのいなくなった特命係の部屋、どちらのシーンも本当に寂しくて…。

f:id:inudenchi:20220324014034j:plain

f:id:inudenchi:20220324014041j:plain

しかし右京さんと冠城くんが決別したわけではありません。

今後の再登場もじゅうぶんあり得る卒業ですので、そんな日が来ることを楽しみに待ちたいと思います。青木年男との絡みもまた見たいですし。

とても寂しいですけれど、冠城くんが新天地にて、さらなる活躍をしてくれることを期待しています。
冠城くん、そして反町隆史さん、7年間本当にお疲れ様でした。

ありがとうございました。

 

青木年男の卒業

特命係を去り、公安調査庁に移ることとなった冠城くんだけではなく、今シーズンはもう一人相棒から卒業する人物がいます。

青木年男です。

青木年男はなんと、サイバーセキュリティ対策本部から、内閣情報調査室に移ることになりました。

このたび青木は、ちょっとし不祥事をやらかしまして、衣笠副総監も庇いきれず立場が悪くなっていたところを、冠城くんが社美彌子に青木を推薦し、異動となりました。

「青木年男は性格はひねくれてるけど、手元に置けば役に立つ」と、推したみたいですね。

f:id:inudenchi:20220324013905j:plain

これまた驚きの事態です。青木が社美彌子の部下になるってことですからね。しかも内調と公調、対立する部分もあることが窺える機関に、冠城くんと青木年男のそれぞれが移るわけです。

今後の「内調の青木年男」にどうしても期待してしまいます。

しかしです。

この最終話SPの翌々日、3月25日に、青木年男役の浅利陽介さんが、相棒卒業を発表されました。

つまり、準レギュラーとしての青木年男の登場が、来シーズン以降なくなったということを意味します。

青木年男はS14第15話『警察嫌い』で区役所勤務の目撃者の役で登場し、その後S15からは、サイバーセキュリティ対策本部特別捜査官となり、再び登場。

右京さんと冠城くんに恨みを抱く一方で、優秀な捜査官でもあり、特命の捜査に協力しまくっているという、存在自体がかなりひねくれたキャラクターでした。

青木には何度も笑わせて頂きました。

ひねくれているけど憎めない、そんなキャラです。右京さんと冠城くんにも、雑に扱われながらも愛されていたのではないかと。

S16からS17にかけては、一時期特命係に左遷させられ、在籍もしています。

f:id:inudenchi:20220325201245j:plain

冠城くんの卒業だけではなく、青木までもう見られなくなってしまうというのは…痛いです。ダブルの寂しさです。

しかも青木の場合、まだ回収されていない問題もあります。

右京さんと冠城くんに対する恨みや、これまで特命係を潰そうと動いていた件に関しては、右京さんも冠城くんもそれを把握しつつ許容しているという、そういう解釈で終わりになったとも受け取れます。「青木は性格がひねくれている」という一点に全て帰結させた感じかもしれません。

しかし警察嫌いになった理由に関しては、まだ全く明らかになっていませんでしたので、その辺りはぜひとも回収して欲しい。

準レギュラーではなくなったとはいえ、今度はゲストとしての青木年男の出演を、心待ちにしようと思います。

内調の青木として、社美彌子の部下として、また青木年男に会える日を楽しみにしています。

 

その他の見どころ

では最後に、最終話(第20話)『冠城亘最後の事件―特命係との別離』のさらに細かい見どころを、いくつか挙げてみたいと思います。

青木の父親

冠城くんの卒業とともに、まさかの内調への異動で卒業となった青木年男ですが、なんと初めて父親の写真が出ました。

名前は青木綱一郎。息子にそっくりです。

f:id:inudenchi:20220324014159j:plain

この写真は衣笠副総監が持っていたものになります。

青木の「警察嫌い」の理由は、警察官である父親が関係していることは示唆されていましたが、いまだその一件は回収されていません。

それがこの最終話にて、まさかの父親写真登場。

衣笠副総監とは竹馬の友であったとのことで、その辺りのお話が、次のシーズンでは出てくることになるかもしれない、と思った矢先に青木年男の卒業も発表されましたので…この一件が無事回収されるのかどうか、気になるところです。

 

雛子の復帰と鑓鞍の真意

京の配信した動画の影響などもあり、鑓鞍兵衛は片山雛子に選挙で敗れることになります。しかも大差で。

f:id:inudenchi:20220324014242j:plain

これにより片山雛子は再び政界に復帰することとなります。

一方、片山雛子を潰すために国替えまでした鑓鞍は、惨敗。比例で当選は織り込み済みとはいえ、目的は達せませんでした。

しかしです。

鑓鞍が刺客になったことが、結果的に片山雛子に有利に働いたわけです。

もしかしたらそれが、鑓鞍兵衛の本当の狙いだったのかもしれません。その真意や如何に。

 

プロゴルファーの原江里菜

プロゴルファーの原江里菜(はらえりな)さんが、なんと女医役でちょこっとだけ出演されています。

薬を盛られた右京さんが目覚めたときにいた女医さん役ですね。

f:id:inudenchi:20220324184127j:plain

どうやら原さんは相棒の大ファンで、エキストラでいいので出演をとずっとテレ朝の関係者に売り込みを続けていたそうです。

そして今回の最終話にて、その念願が叶ったと。

原さんはこの出演のために、金髪だった髪も黒くしたそうです。

原江里菜さん、大好きな相棒出演おめでとうございます!

僕もいつかエキストラで出演したい。

 

S20からS21へ

ついに冠城亘が7年の時を経て、特命係を卒業してしまいましたので、次のS21はいったいどうなることやら。

S20最終話の放送終了時点では、まだ新しい相棒は発表されていません。リアルに決まっていない説も濃厚かと思われます。

f:id:inudenchi:20220324014331j:plain

まだ冠城くん卒業の喪失感が大きいですけれど、これが約半年後の10月には、新相棒での特命係がおそらくスタートするわけですからね。不思議なものです。もしくはS7のときのように、右京さん一人ってこともあり得なくはないですけど。

このS20で相棒自体が終了してしまうのでは?という話も以前はちらほら出たりしていましたが、今回の終わり方や、回収されていないあれこれ、さらには相棒コンサートの日程などなど、色々踏まえてもそれはないと思います。間違いなくS21が来年には放送されるのではないかと。

あとは、S20の終了後に劇場版が予定されているという噂もありますので、その辺りも気になります。

S21がどうなるのか、劇場版がどうなるのか、まだまだ不明なことばかりですけれど、冠城くん卒業の寂しさは、新シーズンの期待で紛らわすのが一番。

そうは言ってももうしばらくは、冠城くんの喪失感に浸っていようと思います。


以上、今日は相棒season20最終話(第20話)『冠城亘最後の事件―特命係との別離』についてでした。

 

こちらの相棒記事もおすすめ